赤い夕陽の渡り鳥
(あかいゆうひのわたりどり)
小林旭の『渡り鳥』シリーズ第4弾。今回は会津磐梯山に流れ着いた風来坊・滝伸次が、牧場乗っ取りを企む一味を迎え撃つ。
監督
斎藤武市
キャスト
滝伸次=小林旭 二宮靖子=浅丘ルリ子/ハジキの政=宍戸錠 小平マキ=白木マリ 越谷大造=大坂志郎/小芝=近藤宏 匕首ジミイ=深江章喜 越谷信夫=島津雅彦 大井=河上信夫 原あけみ=楠侑子/山田=青木富夫 街の名士1=紀原耕 ウメ=黒田剛 川口=神山勝 テツ=瀬山孝司 街の名士2=阪井幸一朗 二宮浩=村瀬辰也/北川=光沢でんすけ 小芝の乾分5=荒井岩衛 小芝の乾分3=小林亘 牧童1=白井鋭 宮川敏彦 露木護 高田=須藤孝/小芝の乾分1=沢美鶴 小芝の乾分4=田畑善彦 牧童3=大庭喜儀 小芝の乾分2=岡村佶 牧童2=梅田晃宏 牧童4=押見史郎 サブ=倉田栄三 牧童5=久松成次郎/夏今日子 斉藤久美子 五十嵐久子 田村茂子 黒木理圭 時照明 井上ひろし(コロムビア) 技斗=高瀬将敏
脚本
山崎巌 大川久男
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=コロムビアレコード「赤い夕陽の渡り鳥」作詞 西沢爽 作曲 狛林正一 唄 小林旭 「アキラの会津磐梯山」作詞 西沢爽 作曲 浜口庫之助 唄 小林旭 挿入歌=「煙草が二箱消えちゃった」作詞 関沢新一 作曲 前田利克 編曲 柳田六合雄 唄 井上ひろし
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/米津次男 美術/中村公彦 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/林本博佳 スクリプター/桑原みどり スチール/坂東正男 色彩計測/幸田守雄 東洋現像所
会津磐梯山麓、五色沼のほとり。ギターを背に馬を駆ってきた滝伸次は、山道で怪我をした越谷信夫少年を助けようとして自らも足を踏み外してしまう。するとそこにハジキの政という流れ者が現れ、伸次の馬を盗んで消えて行った。高原ホテルにいる父のもとに信夫を送って行った伸次は、道中、ハジキの政が湯元の小屋に放火した疑いをかけられ、猟銃を突き付けられているところに出くわす。伸次は投げ縄で政を救い、アリバイを明らかにしてやった。その夜、伸次がキャバレー・オハラに流しに入ると、階下では賭場荒らしで大騒ぎになっていた。そこには政がいて、伸次に勝負を挑んできた。伸次は政のイカサマを見事に見破り、政の拳銃を叩き落とすが、拳銃はあけみに向けられていた。政は東京で親分を裏切ったあけみを消すためにもう一人の殺し屋・ジミイとこの土地に来ていたのだった。ある日、会津若松駅に二宮牧場主・二宮靖子が降り立った。22歳の若さで弟・浩と左前の牧場を経営する靖子は、今も東京での金策に失敗して帰ってきたのだった。牧場はキャバレー・オハラの支配人・小芝がホテル建設のために買収しようとしていた。だが伸次は湧き出る温泉を見て、小芝のねらいが牧場ではなく温泉の元湯権にあると気付く。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/7/1
上映時間ほか:カラー/80分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2171m
© 日活

ロケ地

【福島県】福島市(福島駅、飯坂温泉、磐梯吾妻道路~不動沢、乙女沢、浄土平)/北塩原町(五色沼、松原湖)/猪苗代町(猪苗代湖)

ピックアップサイト Pickup site