密航0ライン
みっこうぜろらいん

非情に生きる社会部記者とその好敵手が、強大な麻薬ルートに特ダネを求めて潜入するスリルとスピードに富んだアクション篇。

港に張り巡らされた国際密輸組織の網。これが戦後最大の組織と言われた織“香港-東京0ライン”だ。その謎のルートをつかもうと、捜査当局は躍起になっている。それを追う極東新聞の記者・香取耕一のあくどいまでの取材手段には、彼の親友であり、競争紙である日東新聞の記者・仁科達男も密かに眉をひそめていた。ある夜、麻薬密売ルートに警視庁の手入れが行われた。駆けつけた仁科は、そこに香取の姿を見つけるが、逮捕された密売人の中に香取と同じ学友の佐伯を見つけハッとした。「香取、おぼえていろ!」憎悪に燃えた眼で香取を罵った佐伯は、次の瞬間舌をかみ切って自殺した。香取は佐伯の妹・玲子に近づき密輸ルートを探り出すと二人を裏切り、警察にバラしてまんまとスクープしたのだ。「あまりに酷いやり方だ・・・」仁科ばかりでなく、香取の妹・寿美子も兄のやり方に憤慨していた-。

日本
製作:日活 配給:日活
1960
1960/6/25
モノクロ/83分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2273m
日活
【東京都】文京区(後楽園)/葛飾区(東京拘置所)/▲(隅田川)/中央区(浜離宮)/千代田区(東京駅八重洲口)
【神奈川県】鎌倉市 
【兵庫県】神戸市(神戸南京町)