密航0ライン
(みっこうぜろらいん)
非情に生きる社会部記者とその好敵手が、強大な麻薬ルートに特ダネを求めて潜入するスリルとスピードに富んだアクション篇。
監督
鈴木清順
キャスト
香取耕一=長門裕之 仁科達男=小高雄二 香取寿美子=清水まゆみ 佐伯玲子=中原早苗 李鮮信=小沢昭一 島村健介=木浦佑三 千葉伸次=高品格 杉江晶子=東恵美子 今泉道夫=永井智雄 楊金東=嵯峨善兵 税関吏A=杉幸彦 税関吏B=相原巨典 日東新聞支局員=雪丘恵介 佐伯=河合健二 雪子=初井言栄 洗濯屋の主人=小泉郁之助 張随昌=石崎克巳 王=野呂圭介 玉村駿太郎 劉宗明=久松晃 河野弘 柳瀬志郎 検問所監視員=宮原徳平 柴田新 津田光雄=島村謙二 原稿課員=林茂朗 朝鮮人荷役夫=榎木兵衛 警官=二木草之助 渡辺愛子=千代侑子 横田陽子 福田文子 佐久間玲子 日東新聞支局員=小坂翠 高山千草 黒木理圭 高田栄子 古田祥 刑事A=小柴隆 石丘伸吾 河瀬正敏 孫=川村昌之 松丘清司 宮元三 速水脩二 東郷秀美 大須賀更生 高緒弘志 刑事B=山中大成 藤井昭雄 日下部徹也 小野武雄 技斗=峰三平
脚本
横山保朗
音楽
小杉太一郎 
その他スタッフ
原作/原案=曽我部道太(「亡命の街」より) 構成/棚田吾郎、伊賀逸兵 撮影/峰重義 照明/三尾三郎 録音/福島信雅 美術/千葉一彦 編集/鈴木晄 助監督/武田一成 製作主任/森山幸晴 スクリプター/新関良子   
港に張り巡らされた国際密輸組織の網。これが戦後最大の組織と言われた織“香港-東京0ライン”だ。その謎のルートをつかもうと、捜査当局は躍起になっている。それを追う極東新聞の記者・香取耕一のあくどいまでの取材手段には、彼の親友であり、競争紙である日東新聞の記者・仁科達男も密かに眉をひそめていた。ある夜、麻薬密売ルートに警視庁の手入れが行われた。駆けつけた仁科は、そこに香取の姿を見つけるが、逮捕された密売人の中に香取と同じ学友の佐伯を見つけハッとした。「香取、おぼえていろ!」憎悪に燃えた眼で香取を罵った佐伯は、次の瞬間舌をかみ切って自殺した。香取は佐伯の妹・玲子に近づき密輸ルートを探り出すと二人を裏切り、警察にバラしてまんまとスクープしたのだ。「あまりに酷いやり方だ・・・」仁科ばかりでなく、香取の妹・寿美子も兄のやり方に憤慨していた-。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/6/25
上映時間ほか:モノクロ/83分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2273m
© 日活

ロケ地

【東京都】文京区(後楽園)/葛飾区(東京拘置所)/▲(隅田川)/中央区(浜離宮)/千代田区(東京駅八重洲口)
【神奈川県】鎌倉市 
【兵庫県】神戸市(神戸南京町)   

ピックアップサイト Pickup site