海を渡る波止場の風
(うみをわたるはとばのかぜ)
現金輸送機遭難事件の謎を追って、鹿児島は桜島に現れたマイトガイ旭が陰謀を粉砕する、お馴染み流れ者シリーズ第二弾。
監督
山崎徳次郎
キャスト
野村浩次=小林旭 塚越尚子=浅丘ルリ子/奥山五郎=宍戸錠 野村光彦=青山恭二 みどり=白木マリ 塚越大作=山内明/峰岸=高品格 ラン子=南風夕子 山田利夫=武藤章生 庄司=深江章喜 丸山松三=深見泰三/石倉=野呂圭介 漁夫=山之辺潤一 松川=河野弘 執達吏=八代康二 ビワ畠の主人=鈴木三右衛門/丸松回漕店事務員1=英原穣二 サブ=高田保 丸松回漕店事務員3=露木護 乾分1=荒井岩衛 乾分3=倉田栄三 テツ=柴田新/ホテルのボーイ1=石丘伸吾 管制員=川村昌之 ロク=渡井嘉久夫 ホテルのボーイ2=浜口竜哉 乾分2=高緒弘志 丸松回漕店事務員2=東郷秀美/スリーキャッツ(コロムビア) 水上早苗(コロムビア) 振付=竹部薫 技斗=高瀬将敏
脚本
山崎巌 大川久男
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=コロムビアレコード「鹿児島おはら節」「ズンドコ節」作詞 西沢爽 補作曲 遠藤実 編曲 狛林正一 「南の空の渡り鳥」作詞 西沢爽 作曲 大森盛太郎 唄 小林旭 挿入歌=「ピンクのささやき」作詞 星野哲郎 作曲 遠藤実 唄 水上早苗 「バナナ」作詞 星野哲郎 作曲 浜口庫之助 唄 スリーキャッツ 
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/沼倉範夫 美術/木村威夫 編集/鈴木晄 助監督/河辺和夫 製作主任/武藤良夫 スクリプター/大和屋叡子 スチール/坂東正男 色彩計測/安藤庄平 東洋現像所
奄美大島への復興資金五千万円を積んだセスナ機が、鹿児島上空で隊落した。しかし不思議なことに、飛行機の残骸からは五千万円も操縦士・野村光彦の死体も発見されなかった。当局は何ら手がかりを掴めず、世間は野村光彦の計画的犯行ではないかと噂した。光彦の潔白を信じる許婚者の塚越尚子は、商用で鹿児島に向う貿易会社社長の父・大作に頼み、一緒に鹿児島へやってきた。尚子は桜島の溶岩地帯で、やくざ者の奥山五郎に襲われた。金庫破りの名人である五郎は、刑務所時代に「鹿児島のキャバレー“エメラルド”に行けば一儲け出来る」と聞き、シャバに出るや鹿児島へやって来たのだった。このとき尚子は、野村浩次という流れ者に助けられたが、彼は光彦の兄で、弟の事件に疑惑を持ち鹿児島にやってきたのだった。 二人の疑惑は、墜落事件直後から急に羽ぶりがよくなったキャバレー「エメラルド」に向けられた。欲にからんだ五郎も五千万円の行方を探し始めたが、尚子は光彦の生死だけが知りたかった。その頃、「エメラルド」の地下の無線室には一人の麻薬患者が監禁されていた。蒼ざめた顔、どんより曇った眼…それは、変わり果てた光彦の姿だった-。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/5/28
上映時間ほか:カラー/78分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2148m
© 1960 日活株式会社

ロケ地

【鹿児島県】桜島溶岩地帯、岸壁、鹿児島湾、連絡船/鹿児島市(鹿児島港、鹿児島駅)/指宿市(指宿温泉、指宿観光ホテル(現在は指宿いわさきホテル?))

ピックアップサイト Pickup site