渡り鳥いつまた帰る
(わたりどりいつまたかえる)
佐渡にやって来た流れ者・滝伸次が、戦時中の埋蔵貴金属と鉱山の譲渡書類をめぐって土地の悪玉と対決する。小林旭の『おけさ数え唄』をバックに描く『渡り鳥』シリーズ第3弾。
監督
斎藤武市
キャスト
滝伸次=小林旭 高見則子=浅丘ルリ子/日下部哲=宍戸錠 片倉ユリ=中原早苗 奥山庄造=川地民夫/殺し屋ジョウ=内田良平 松戸=高品格 伊東=弘松三郎 かおる=楠侑子/味噌屋の主人=小泉郁之助 ノブ=玉村駿太郎 立川=青木富夫 高見利夫=島津雅彦 こまどり姉妹=こまどり姉妹(コロムビア)/安西=島村謙二 ゲン=瀬山孝司 岡村佶 ボーイ=時照明 光沢でんすけ 技斗=高瀬将敏/高見静江=南田洋子 榊原=金子信雄 
脚本
山崎巌 大川久男
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=コロムビア・レコード「おけさ数え唄」作詩 西沢爽 作曲 遠藤実 編曲 狛林正一 唄 小林旭、こまどり姉妹 挿入歌=「浅草姉妹」作詩 石本美由起 作曲 遠藤実 編曲 藤原秀行 唄 こまどり姉妹
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/八木多木之助 美術/坂口武玄 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/亀井欽一 スクリプター/白鳥あかね スチール/坂東正男  色彩計測/幸田守雄 東洋現像所
あてもない旅を続ける流れ者・滝伸次がギター片手に佐渡にやって来た。この伸次を追うようにして二人の流れ者も佐渡に渡る。伸次を弟の仇と狙う通称・ハジキの哲と伸次に惚れている踊り子・ユリだ。その夜、キャバレーおけさで島の若い者を殴り倒した伸次は、高見鉱山の支配人・榊原がこの島のボスであることを知る。さらに、鉱山の女主人・静江の義妹・則子から、榊原が鉱山を乗っ取ろうとしていることを聞く。榊原が廃坑となっている穴を掘り始めたことを不思議に思った伸次は、榊原の秘密を探ろうと榊原一家の乾分になる。続いてハジキの哲も、伸次が弟を殺した証拠を探ろうと榊原一家の客分となる。ユリも伸次の側にいたいとキャバレーおけさの踊り子になった。ある日、伸次は思いもよらぬ話を聞いた。それは、戦時中に国民から集めた貴金属が廃坑の中に埋められているというものだった。翌日から伸次は廃坑の周りにバリケードを張り巡らし、榊原一家を邪魔し始めた。それを知った榊原は伸次を殺すよう、哲に命令するが…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/4/23
上映時間ほか:カラー/79分/シネマスコープ・サイズ/7巻/2154m
© 日活

ロケ地

【新潟県】佐渡市(佐渡の街)/▲(連絡船、海沿いの道、鉱山、廃鉱、吊り橋)

ピックアップサイト Pickup site