海から来た流れ者
(うみからきたながれもの)
小林旭が放浪のヒーローに扮した『流れ者』シリーズ第1弾。『渡り鳥』シリーズと同時期に平行して作られ、キャスト(ヒロイン=浅丘ルリ子、ライバル役=宍戸錠)やストーリー・パターンも同じという作品。
監督
山崎徳次郎
キャスト
野村浩次=小林旭 藤田礼子=浅丘ルリ子 前岡達也=葉山良二/佐伯ルミ=筑波久子 三浦修=川地民夫 神戸昭三=宍戸錠/津久田恭平=二本柳寛 テツ=弘松三郎 藤田五郎=木浦佑三 中山=杉幸彦 藤田徳太郎=深見泰三/警察署長=小泉郁之助 ヤス=木島一郎 藤徳の乾分A=榎木兵衛 神山勝 バーテン=須藤孝 漁船の船主=村田寿男 町田=岩下浩 麻薬取締官主任=河野弘/天路圭子 須田喜久代 木城ゆかり 佐久間玲子 和田怜子 水谷郷子 土産屋のおかみ=鈴村益代 婆や・おしげ=福田トヨ/ロク=近江大介 新聞記者A=二木草之助 神戸の乾分2=荒井岩衛 神戸の乾分3=小林亘 藤徳の乾分B=寺尾克彦 サブ=渡井嘉久夫 神戸の乾分1=白井鋭 技斗=高瀬将敏
脚本
山崎巌 大川久男
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=コロムビア・レコード「ダンチョネ節」西沢爽作詩 遠藤実作曲 狛林正一編曲 小林旭唄 挿入歌=キング・レコード「ピンクレディー」薩摩竜作詩 大森盛太郎作曲 西田佐智子唄
その他スタッフ
原作/原健三郎 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/沼倉範夫 美術/中村公彦 編集/鈴木晄 助監督/中島義次 製作主任/林本博佳 スクリプター/小林圭子 スチール/斎藤勘一 色彩計測/佐藤重明 東洋現像所
伊豆大島にフラリとやってきた野村浩次と名乗る流れ者。彼は連絡船の中で三浦修という青年と出会う。修はこの島で温泉を掘っている藤徳組の若手社員で、東京に機械を買い付けに行った帰りだった。ところがその工事場は神戸一味の手によって破壊されていた。数年前に東京からやってきた神戸は島のゴロツキどもを集めて勢力を得、次第に藤徳を圧迫し、島から追い出そうと企んでいるのだった。そんな折、藤徳の娘・礼子が神戸の乾分たちに襲われるという事件が起きる。玲子はどこからか現れた浩次に助けられるが、その一部始終を聞いた修は憤激のあまり神戸の経営するキャバレー・赤い炎に単身殴り込んでいった。しかし逆に半殺しの目にあうところをまたもや浩次に救われるのだった。礼子は東京の実業家・津久田に工場資金の融資を懇請した。融資を承諾した津久田からまもなく金が送られてきたが、神戸の用心棒・前岡に「神戸から借金していたな。もらっていくぜ」とその金を強奪されてしまう。その夜、浩次は赤い炎に乗り込み「返してもらおうぜ、利子をつけてな」と言って前岡と勝負する。前岡が屈しかけた時、それを見ていた神戸は前岡をお払い箱にし、浩次に「ここの用心棒にならねえか」と誘い、不思議なことに浩次もそれを承諾するのだった。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1960
公開年月日:1960/2/28
上映時間ほか:カラー/84分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2291m
© 日活

ロケ地

【東京都】大島町(伊豆大島、三原山) 
【神奈川県】横浜市(横浜港、東海汽船、横浜埠頭) 

ピックアップサイト Pickup site