南國土佐を後にして(南国土佐を後にして)
(なんごくとさをあとにして)
恋人を救うため、二度と振らないと誓ったダイスを振って、決然、悪に挑戦する黄金の腕の男!ペギー葉山のヒット曲完璧の映画化。
監督
斎藤武市
キャスト
原田譲司、譲司の兄・義之=小林旭(二役) 春江=浅丘ルリ子 ペギー葉山=ペギー葉山 麻子=中原早苗 譲司の母・のぶ=高野由美 ベレーの寛=西村晃 会津=二本柳寛 北村定男=内田良平 中村=河上信夫 仙吉=武藤章生 商事会社社員=小泉郁之助 コールマン髭の男=弘松三郎 関西汽船の主任=天草四郎 北村の乾分A=峰三平 鴨田喜由 北村の乾分C=瀬山孝司 二階堂郁夫 北村の乾分B=黒田剛 建築会社の受付=河合健二 谷川玲子 福田文子 仲居の由子=清水千代子 小林亘 戸波四郎 岩井雅 大川=金子信雄 はま子=南田洋子
脚本
川内康範 斎藤武市
音楽
音楽/小杉太一郎 主題歌=キングレコード「南国土佐を後にして」作詩作曲 武政英策 編曲 川上義彦 唄 ペギー葉山 
その他スタッフ
原作/川内康範 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/米津次男 美術/佐谷晃能 編集/近藤光雄 助監督/神代辰巳 製作主任/林本博佳 スクリプター/白鳥あかね スチール/坂東正男 色彩計測/幸田守雄 現像/東洋現像所
賭博の名手である原田謙司(小林旭)は、かつてダイスの目と呼ばれ、暗黒街の賭博を左右していた。そんな原田も警察につかまり、今は無事に刑期を終えて、母親と恋人の待つ故郷・高知に向っていた。原田はペギー葉山の『南国土佐を後にして』を刑務所内で聞き、特攻隊で死んだ兄に思いを馳せるようになってから、すっかり心を改めたのだった。だが、そんな原田が帰郷してみると、恋人の春江(浅丘ルリ子)は重ねてしまった借金のために、ヤクザの北村(内田良平)との結婚を迫られていて…。

ペギー葉山のヒット曲を背景にマイトガイ・旭のアクションが唸る傑作!
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1959
公開年月日:1959/8/2
上映時間ほか:カラー/78分/シネマスコープ・サイズ/9巻/2120m
© 日活

ロケ地

【東京】中央区(銀座)
【高知県】高知市(高知港、港通り、高知城下町、はりまや橋、高知公共職業安定所、高知大丸、海岸道路、関西汽船、吸江湾・関西汽船桟橋、天神橋、桂浜)/室戸市(室戸岬)/宇野~高松の連絡船上
※撮影中の宿舎は高知市の三翠園。

ピックアップサイト Pickup site