女を忘れろ
(おんなをわすれろ)
二人の女に恋を残し、異国に去りゆくマイトガイ・アキラの哀愁を甘い雰囲気とせつない慕情で描く超娯楽篇。
監督
舛田利雄
キャスト
田所修=小林旭 三木尚子=浅丘ルリ子 雪枝=南田洋子/吉野=金子信雄 関口=牧真介 尚子の母=高野由美 大沢=安部徹/吉川=弘松三郎 バンドマン=柳瀬志郎 郵便配達夫=青木富夫 医者=神山勝 吉野の乾分C=衣笠一夫 周旋屋=河上信夫/婆や=田中筆子 女子学生B=葵真木子 三田容子 看護婦=渡のり子 若い娘=久木登紀子 村井志摩子 アパートの管理人=福田トヨ/澄川透 大沢の部下A=黒田剛 吉野の乾分A=木島一郎 楽団員A=須藤孝 久遠利三 ボーイA=林茂朗 大沢の部下B=八代康二/愚連隊B=柴田新 愚連隊C=川村昌之 楽団員B=本目雅昭 大沢の部下D=高田保 ボーイB=朝広亮 大沢の部下C=水木京一 楽団員C=小柴隆/谷川玲子 若い娘=角田真喜子 女子学生A=森島富美子 中尾千江子 アパートの子供=藤田安男 ジェームス・グリーン ポール・コンデ/愚連隊A=川辺健三 大須賀更生 水田島良治 松岡京志 技斗=阿部幸四郎 レスリング指導=東富士
脚本
山崎巌 舛田利雄
音楽
音楽/真鍋理一郎 主題歌=コロムビアレコード「女を忘れろ」作詞 野村俊夫 作曲 船村徹 唄 小林旭
その他スタッフ
原作/藤原審爾(小説新潮所載) 撮影/姫田真佐久 照明/藤林甲 録音/橋本文雄 美術/坂口武玄 編集/辻井正則 助監督/河辺和夫 製作主任/栗橋正敏 スクリプター/君塚みね子 スチール/井本俊康
プロボクサーの田所修は相手選手を失明させてしまったことでボクシングの世界から追われ、キャバレーのドラマーとして生計を立てていた。バーに勤める年上の女・雪枝と同棲している修は、ある時、女子大生の尚子と出会う。尚子は修の勤めるキャバレーに出入りしている大沢という土建屋にアパートを建設してもらう予定になっているが、思うように進んでいないと言う。大沢はアパート建設と引き換えに尚子の身体を密かに狙っていたのだ。修は尚子の苦しい胸中を察し相談に乗っているうちに彼女に魅かれ、アパートの建設計画に協力することを決める。一方、雪枝は修と尚子が親密に会っているのを知るが、反発する以上に尚子の方が修に似つかわしいと感じ始めていた。そして腕っぷしに自信のある修はとうとう大沢の事務所に単身乗り込むことになり…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1959
公開年月日:1959/1/28
上映時間ほか:モノクロ/97分/シネマスコープ・サイズ/10巻/2667m
© 日活

ロケ地

【東京都】新宿区(西武線新宿駅、新宿のバス停留所)/世田谷区(昭和女子大学)/中央区(銀座)/東京全景(東京タワー)/大田区(六郷の鉄橋、羽田空港)

ピックアップサイト Pickup site