絶唱
(ぜっしょう)
香り高く、豊かな抒情性とヒューマニティをおりまぜて、美しくも哀しい悲恋物語を描く芸術祭参加の文芸珠玉篇。
監督
滝沢英輔
キャスト
小雪=浅丘ルリ子 園田順吉=小林旭 大谷=安井昌二 牧真介 橋本美保子=香月美奈子 マサ=高友子 源助=松本克平 為吉=横山運平 吉原=木下雅弘 土方弘 伊藤寿章 佐野=河合健二 セキ=田中筆子 ハマ=辻伊万里 下宿のお内儀=相馬幸子 鈴村益代 木島一郎 笹本=小柴隆 田中=木崎順 森本=須藤孝 高野誠二郎 正造=小杉勇 園田惣兵衛=清水将夫 橋本平吉郎=三津田健 サト=山根寿子
脚本
八住利雄
音楽
牧野由多可 
その他スタッフ
原作/大江賢次(講談社版) 撮影/横山実 照明/河野愛三 録音/神谷正和 美術/松山崇 編集/辻井正則 助監督/鍛冶昇 製作主任/中井景 スクリプター/堀北昌子 スチール/石川久宜
山陰地方の大地主である園田家の一人息子・順吉は、以前から素朴で可憐な山番の娘・小雪を愛していた。順吉から結婚の申し込みを受けた小雪は自分には勿体ない人だと自分を卑下するが、そんないじらしく慎ましい様子に順吉は益々惹かれ、小雪のためなら全ての富を捨ててでも構わないとさえ思った。というのも順吉の父である惣兵衛は、町の実業家の令嬢との結婚を強引に進めようとしていたのだ。そしてとうとう惣兵衛はその権力と金を使って小雪を遠ざけようと画策した時、順吉と小雪は逃げるように山を離れて湖の畔に住むことにした。家を出て慣れない重労働に汗を流す順吉は、それでも幸せだった。仲間は応援してくれ、何より愛する小雪との生活に心が満たされていた。しかし二人の幸せな日々は長くは続かなかった。戦局の苛烈さにつれ、やがて順吉の元にも召集令状が届いたのだ。そして出征の日、順吉と小雪は二人だけのある約束を誓うのだった…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1958
公開年月日:1958/10/15
上映時間ほか:モノクロ/109分/シネマスコープ・サイズ/11巻/2975m
© 日活

ロケ地

【京都府】(調査中)
【島根県】松江市、出雲市(宍道湖)/松江市(松江城、濠端)

ピックアップサイト Pickup site