明日は明日の風が吹く
(あしたはあしたのかぜがふく)
雑誌「平凡」連載、「嵐を呼ぶ男」の才匠井上梅次、石原裕次郎主演の恋あり唄ありアクションありの総天然色娯楽大作。
監督
井上梅次
キャスト
松山健次=石原裕次郎 江島啓子=北原三枝/平戸寅次郎=大坂志郎 松山三郎=青山恭二 松山良太(松文字)=金子信雄 吉野千鳥=浅丘ルリ子/浜口エミ=浜村美智子(ビクター) 松山大三=小林重四郎 吉良源作=植村謙二郎 源作の息子・由造=田端義夫 難波田清五(吉野)=二本柳寛/大三の妻・みつ=高野由美 江島専務=雪丘恵介 難波田の乾分・山の井=河合健二 益井課長=神山勝 難波田の乾分・丸林=弘松三郎 難波田の乾分・木村=高品格/主任=河上信夫 医者=伊丹慶治 トレーナー川口=三島謙 友人・高井=須藤孝 愚連隊・安=柳瀬志郎 中川課長=村田寿男 山岸部長=小泉郁之助/ポーカーの札切り=峰三平 難波田の乾分A=深江章喜 喫茶店の主人=阪井幸一朗 飲み屋の主人=紀原耕 難波田の乾分C=木島一郎 難波田の乾分・古川=八代康二 難波田の乾分B=古田祥 刑事=二木草之助 ホテルのマネージャー=高野誠二郎/バレー団員・秋月香代=渡のり子 婆や=早川十志子 女子事務員B=谷和子 バレー団員・桃代=南部美乃 愚連隊・竹=林茂朗 ル・ボウのバーテン=柴田新 愚連隊B=二階堂郁夫 愚連隊A=堀江勇 ル・ボウのボーイ長=小柴隆/女子事務員A=東桂子 看護婦=横田陽子 バレー団員・敏子=木城ゆかり ル・ボウのクロークの女=森田美子 バレー団員・初江=角田真喜子 バレー団員・君代=坂巻祥子 女子事務員C=山本恵美子 難波田の乾分D=松原光一 書生=山口弘之 技斗=峰三平
脚本
松浦健郎 池田一朗 井上梅次(平凡連載)
音楽
音楽/大森盛太郎 主題歌=テイチクレコード「明日は明日の風が吹く」「決闘の河」作詩 井上梅次 作曲 大森盛太郎 唄 石原裕次郎 挿入歌=ビクターレコード「素肌の女」作詩 井上梅次 作曲 吉田正 唄 浜村美智子
その他スタッフ
撮影/岩佐一泉 照明/藤林甲 録音/福島信雅 美術/中村公彦 編集/辻井正則 助監督/前田満州夫 製作主任/亀井欽一 スクリプター/服部佳子   
関東松文字組の組長・松山大三を刺殺した罪で18年の刑期を終えた巴組親分・平戸寅次郎は、仁義を切る為に松文字組を訪れた。しかし、そこにかつての松文字組の姿はなく、大三の長男・良多がもとの巴組の舎弟で現在、難波田組を襲名している吉野の乾分になり、次男・健次はサラリーマンに、三男・三郎は音楽学校に通っていることを知り、世の移りかわりの激しさに驚くのだった・・・。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1958
公開年月日:1958/4/29
上映時間ほか:カラー/115分/シネマスコープ・サイズ/13巻/3161m
© 日活

ロケ地

【東京都】江東区(木場、深川)/中央区(銀座)/台東区(上野駅)

ピックアップサイト Pickup site