陽のあたる坂道
(ひのあたるさかみち)
現代の若者たちのダイナミックな恋愛の機微を浮き彫りし、世紀の大ロマンを展開した石坂洋次郎の読売新聞連載小説の映画化。
監督
田坂具隆
キャスト
田代信次=石原裕次郎 倉本たか子=北原三枝/田代くみ子=芦川いづみ 高木民夫=川地民夫(新人) 田代雄吉=小高雄二(新人)/高木トミ子=山根寿子 田代玉吉=千田是也 塩沢博士=小杉勇 田代みどり=轟夕起子/川上ゆり子=渡辺美佐子 清吉=森川信 上島健伍=小沢昭一 弥五郎=天草四郎 花子=田中筆子/よね子=紅沢葉子 竹子=新井麗子 田代家の女中A=鏑木はるな 婦長=志賀夏江 一杯のみ屋の与太者=土方弘 一杯のみ屋の親爺=鈴木三右衛門/高野誠二郎 木崎順 上島の仲間B=柳瀬志郎 上島の仲間A=木島一郎 上島の仲間C=柴田新 「みゝづく」の酔払い=阪井幸一朗 若い女=須田喜久代/K病院の看護婦=堀川京子 民夫の仲間=林茂朗 弘前の看護婦=樋口かほる 「みゝづく」のバーテン=成田裕 田代家の女中B=福田文子 雄吉(幼年時代)=大滝重興 信次(幼年時代)=松本薫 くみ子(幼年時代)=須藤和美
脚本
田坂具隆 池田一朗
音楽
佐藤勝 
その他スタッフ
原作/石坂洋次郎(讀賣新聞連載 講談社版) 撮影/伊佐山三郎 照明/岩木保夫 録音/米津次男 美術/木村威夫 編集/辻井正則 助監督/牛原陽一 山崎徳次郎 製作主任/林本博佳 スクリプター/飯村知子 作詞/三木勘太 作曲/佐藤勝 演奏/平野快次とドン・ファイブ
名作「エデンの東」を彷彿とさせる石坂洋次郎原作を、石原裕次郎主演で映画化した青春ドラマ。自分が妾の子だと知る伸次(裕次郎)は、斜に構えた青年だった。だが、女子大生のたか子(北原三枝)が妹の家庭教師として現れたのを契機に、次第に本当の自分を取り戻していくが…。
【動画配信】
>>hulu
>>Amazon
>>ビデオマーケット
>>GyaO!ストア
>>DMM
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1958
公開年月日:1958/4/15
上映時間ほか:モノクロ/209分/スタンダード・サイズ/21巻/5225m
© 日活

ロケ地

【東京都】大田区(田園調布(田代家)、同・駅付近の道、同・駅前、多摩川台公園)/文京区(小石川(あやめ荘)、お茶の水付近の道)/中央区(銀座)/新宿区(信濃町駅、外苑の銀杏並木、絵画館前)西多摩郡羽村町

ピックアップサイト Pickup site