街燈
(がいとう)
わざと落とした定期券から生まれた二組の男女の恋の駆け引きを、軽快なテンポで綴ったソフィスティケイテッド・コメディ。劇中で流れる中平監督作詞によるシャンソンも印象的。
監督
中平康
キャスト
大谷吟子=月丘夢路 早川千鶴子=南田洋子 能瀬精一郎=葉山良二 小出英夫=岡田眞澄 九里目鳥子=中原早苗 千代=渡辺美佐子 三宅慎悟=草薙幸二郎 川口夫人=細川ちか子 永田夫人=山岡久乃 小出の母=北林谷栄 九里目所長=芦田伸介 学生・木村=小沢昭一 靴磨きの少女=刈屋ヒデ子 学生・太田=武藤章生 能瀬雄生=林茂朗 井出忠彦 GINの女の子=渡のり子 沢さん=服部千代子 待合の女中=竹内洋子 原恵子 小泉郁之介 高野誠二郎 紀原耕 山之辺閃 青木富夫 花村信輝 高瀬将敏 ヘレン・ヒギンズ 原田良子 真鍋賀子 
脚本
八木保太郎
音楽
音楽/佐藤勝 主題歌=「街燈」作詩 中平康 作曲 佐藤勝 唄 旗輝夫
その他スタッフ
原作/永井龍男(サン写真新聞連載、角川文庫版) 撮影/間宮義雄 照明/高橋勇 録音/福島信雅 美術/松山崇 編集/辻井正則 助監督/松尾昭典 製作主任/山下昭 スクリプター/君塚みね子  衣裳デザイン/森英恵 衣裳提供/ひよしや 毛皮提供/山岡毛皮店 婦人靴提供/ダイアナ 
洋裁店ナルシスを経営する千鶴子はある日突然、能瀬という見知らぬ青年の訪問を受ける。彼は千鶴子が定期券を拾って、送り届けた学生の兄だった。能瀬によると定期券は弟が故意に落としたもので、拾った人が取りに来いと言えばそれを縁に交際を始めるという遊びをしていたと言う。能瀬の訪問の要件は、弟が失礼な手紙など出したのではないかという兄らしい配慮からであった。能瀬が弟の失敗談や成功談を話し、千鶴子は腹を抱えて笑い転げた。しかもその定期遊びで成功した小出という青年を千鶴子は知っていた。千鶴子の友人で銀座の洋装店ギンのオーナー・吟子の店で働いていたのだ。美男子の小出は吟子の若いツバメだった。しかし彼は吟子に隠れて久里目財閥の一人娘・鳥子と交際しており、それを知った三宅という男にゆすられていた。一方、吟子には大久保という好々爺のパトロンがいたが、小出と鳥子の関係を店の常連の川口夫人から聞かされ、内心穏やかならぬものを感じるのだった。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1957
公開年月日:1957/2/13
上映時間ほか:モノクロ/91分/スタンダード・サイズ/10巻/2488m
© 日活

ロケ地

【東京都】中央区(銀座俯瞰、並木通り、銀座通り、デパート(ホール、靴下売場)、浜町の料亭・表、築地附近の道、土橋附近)/港区(新橋駅・ホーム、青山あたりの道)/世田谷区(池ノ上附近) 
【神奈川県】▲(走る湘南電車)

ピックアップサイト Pickup site