洲崎パラダイス 赤信号
(すざきぱらだいすあかしんごう)
東京洲崎遊郭の飲み屋を中心に、歓楽街に出入りする、明日知らぬ人生を生きる儚い男女の生態を描いた風俗映画の異色篇。
監督
川島雄三
キャスト
蔦枝=新珠三千代 お徳=轟夕起子 落合=河津清三郎 義治=三橋達也 玉子=芦川いづみ 信夫=牧真介 女中志願の女=桂典子 廓の女=田中筆子 傳七=植村謙二郎 そばやの主人=冬木京三 三吉=小沢昭一 大工風の男=山田禅二 廓の女=菊野明子 傳七の女=隅田恵子 初江=津田朝子 すしやの主人=小泉郁之助 警官A=阪井一郎 警官B=里実 ラヂオ店の店員=加藤義朗 ボートの男=紀原耕 氷屋=青木富夫 弁天座の歌手=谷和子 すし屋の小女=宮地正美 隣りのお内儀=芝あをみ 娼婦A=鈴木俊子 娼婦B=久場礼子 娼婦C=森みどり バスの車掌=加藤温子 日雇労務者=村田寿男 日雇労務者=吉田勇男 日雇労務者=椿とみ 刺青の男=宇部信吉 連れの女=鈴川節子 和男=平沼徹 俊男=松本薫(劇団N.B.K)
脚本
井手俊郎 寺田信義
音楽
真鍋理一郎 
その他スタッフ
原作/芝木好子(講談社「州崎パラダイス」より) 撮影/高村倉太郎 照明/大西美津男 録音/橋本文雄 美術/中村公彦 編集/中村正 助監督/今村昌平 製作主任/林本博佳 スクリプター/飯村知子
初夏の浅草、義治と蔦枝はただあてもなく歩いていた。親に結婚を反対されて家出し上京したが、職もなく財布の金も尽きかけて途方に暮れていた。蔦枝は「赤のついている方へ行ってみたいの」と交差点を思いつきで幾度も渡り、そして二人が辿り着いたのは洲崎にある遊郭街「洲崎パラダイス」だった。近くにあった飲み屋に入ると、蔦枝はそこの女将であるお徳に二人の職を頼んだ。お徳は面食らったが、常連客に慣れた様子で楽し気にお酌する蔦枝の振る舞いを見て、しばらく家に置いてやろうと決めた。蔦枝はその飲み屋の女中として、義治はお徳が紹介してくれた蕎麦屋の出前として、二人はやっと地に足をつけて生活していくことができたが、ある日、蔦枝が常連客と出掛けたまま帰ってこなくなり、義治は慌てて探し始める…。
【動画配信】
>>ミレール
>>iTunes
>>GooglePlay
>>YouTube
>>Amazon
>>TSUTAYA TV
>>ビデオマーケット
>>DMM
>>アクトビラ
>>GyaO!ストア
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1956
公開年月日:1956/7/31
上映時間ほか:モノクロ/81分/スタンダード・サイズ/9巻/2223m
© 日活

ロケ地

【東京都】江東区(洲崎特飲街、木場附近、洲崎遊郭の橋、洲崎橋、沢海橋、洲崎神社境内、弁天橋、掘割の船着場、秋木橋)/中央区(勝鬨橋)/千代田区(神田附近)/墨田区(吾妻橋)

ピックアップサイト Pickup site