続 警察日記
(ぞくけいさつにっき)
絶賛好評を博した「警察日記」の続篇。東北の田舎町の警察署を舞台に、数々の挿話で現代の世相を描き出す久松静児監督の文芸野心大作。
監督
久松静児
キャスト
神成係長=伊藤雄之助 田代刑事=大坂志郎 若山巡査=三島耕 柴田キサ=新珠三千代 桃子=芦川いづみ 花村浩二=三國連太郎(特別出演)/岩熊署長=三島雅夫 赤松消防団長=殿山泰司 斎藤巡査=河野秋武 蛭川町会議員=市村俊幸 川越巡査=安部徹 駒田老人=左ト全 早船新聞記者=金子信雄/巫女=日高澄子 お金婆さん=飯田蝶子 千代=小田切みき ヨネ=高田敏江 リキ=新井麗子 お芳=藤代鮎子 上田八重子=北林谷栄/柿崎次席=深見泰三 柴田弥六=鶴丸睦彦 議長=林幹 石山町会議員=冬木京三 伊藤寿章 倉平=織田政雄 運吉=清水一郎/長吉=加藤春哉 老医者=大友純 坂本=杉幸彦 金子巡査=片桐常雄 町会議員A=加原武門 石蔵=高品格 爺さん=山田禅二/町会議員=久松晃 町長=伊丹慶治 山田金次=河上信夫 松戸甚六=三島謙 村人A=澄川透 車中の百姓A=村田寿男 受付係巡査=深江章喜 消防署員=衣笠一夫/カメ=月野道代 カメの母親=潮けい子 周旋屋の女=山本かほる 売られて行く娘=加藤温子 村の娘B=大森暁美 妊婦=石塚雅子 バスの車掌=竹内洋子 村の娘A=福田トヨ/三吉=光沢でんすけ 平太=瀬山孝司 車中の百姓B=紀原耕 蒸気機関車の運転士=坂井一郎 村人B=小柴隆 二階堂郁夫 牛方町警察署の刑事=二木草之助 売られて行く娘=清水千代子/柴田フヨ=二木てるみ(劇団若草) サヨ=飛田静和(劇団若草) 中村正紀(劇団若草) 柴田雪男=佐藤準二(劇団若草) 金一=香川良久(劇団若草) (以下、主なクレジットなしの出演者)牛方町警察署の巡査(石蔵を署に連れて来る男性)=井東柳晴 町会議員=小泉郁之助 町議会の出席者=上原一二 川桁駅から列車に乗り込む男性(金属製の箱を肩からかけている男性)=里実
脚本
井手俊郎
音楽
伊福部昭 
その他スタッフ
製作/坂上静翁 原作/伊藤永之介 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/中村敏夫 美術/木村威夫 編集/近藤光雄 助監督/宮野高 製作主任/笹井英男 スクリプター/堀北昌子 特殊撮影/日活特殊撮影部
秋空に雄姿を見せる磐梯山の麓、牛方町の郊外。明治時代に建てたような古臭い木造の牛方町警察署の中では、警察官が大童わ。鉄道自殺未遂の百姓娘ヨネを詰問していた神成係長は、彼女が明日婚礼を控える身と知り恋人と父親を呼んだが、自殺の原因が分からないと言う。それもそのはず、ヨネは姉婿の子を宿していたのだ。調室では斎藤巡査が、米泥棒の容疑で逮捕された紫田弥六を自白させようと懸命。貧しい彼の家には幼子がいるため、やむを得ず身に覚えのない犯行を自認した。町では豊年祭を控え、夕方5時ころ風速50メートルの台風が来るというのでテンヤワンヤ。町役場では台風対策の泥縄式会議を行っていると、ストリッパー上がりの巫女のお告げで大火事が起きると脅かされ大慌て。その頃、警察署では無銭飲食で留置中の色男の面会に立会った若山巡査が女とのイチャつきにあてられ、犬に噛みつかれた男が駆け込み、署長は柿崎次席の夫婦喧嘩を仲裁。借金の代わりに酌婦に出した女房が戻ってこないと幼子を背負って泣きつく男、封筒を売りにきた警察署の大先輩・駒田老人、バス会社の抜き打ち身体検査は人権擁護委員として黙認出来ないと憤慨する女車掌…次から次へとやってくる人たちで大騒ぎ。さらに近くの消防署の屋上では、消防団長はじめ全員が、鐘と太鼓に合わせ巫女を真ん中に踊り狂っている。巫女のお告げで火事が予期出来れば、消防署も大助りというところだが…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/11/16
上映時間ほか:モノクロ/119分/スタンダード・サイズ/13巻/3266m
© 日活

ロケ地

【福島県】郡山市/猪苗代町(川桁駅前)
【茨城県】つくば市(旧・筑波警察署~牛方警察署の設定)
【埼玉県】毛呂山町(八高線・毛呂駅~東北の一駅の設定)
【神奈川県】川崎市(豊年祭り再現)

ピックアップサイト Pickup site