人生とんぼ返り
(じんせいとんぼがえり)
創生期の新国劇の舞台裏に生きた一代の殺陣師“段平”を描く、巨匠・マキノ雅弘監督の野心作。
監督
マキノ雅弘
キャスト
市川段平=森繁久彌 倉橋仙太郎=水島道太郎 沢田正二郎=河津清三郎/お春=山田五十鈴 おきく=左幸子/医者=澤村國太郎 太田=本郷秀雄 兵庫市=森健二 金井勤之助=小林重四郎/芸者A=廣岡三栄子 新蝶々の女=藤代鮎子 長谷川照容 小女=雨宮節子 氷屋の婆さん=加藤智子 舞妓=堀恭子/辻=高品格 徳次郎=山田禅二 興行師A=河上信夫 新国劇の役者=伊丹慶治 関東煮「蛸安」の亭主=村田寿男 南座の従業員=峰三平 フーさん=井東柳晴 新国劇の役者=雪岡純 高島幸郎=美川洋一郎/新国劇の役者=八代康二 興行師=青木富夫 辻の仲間=深江章喜 辻の仲間=瀬山孝司 梳髪の女=福田トヨ 料亭の女将=志賀夏江 芸者=須田喜久代 芸者B=川合玉枝 舞妓=中山愛子 (以下、主なクレジットなしの出演者)辻の仲間=柳瀬志郎 関東煮“蛸安”の小女、新国劇の座員の一人(二役)=重盛輝江 森繁久彌の吹替え(着物と羽織姿で関東煮“蛸安”そばの宗右衛門橋の欄干から川へバク転で飛び込む)=小林旭 新国劇の役者(御用提灯を持って舞台に立つ男性)=水木京一 新国劇の役者=宮原徳平 弁天座の帳場にいる法被の男性=二木草之助 弁天座の帳場にいる法被の男性=三笠謙 おきくを誉める髪結いの客=若原初子 バイオリンを持つ壮士風の青年(酔った段平に絡まれる)=古田祥 新国劇の役者(『国定忠次』の終わりに沢田正二郎について歩く長身の男性)、南座の客(舞台の袖に近い席にいる白っぽい和服の男性)(二役)=露木護 新国劇の役者(『国定忠次』の終わりに沢田正二郎に附いて着いて歩く男性)=澄川透 南座の沢田正二郎の楽屋にいる新国劇の役者=加藤義朗 南座の前にいる客=小柴隆 南座の舞台に御用の捕り方の役で出ている新国劇の役者=吉田勇男 南座の舞台に御用提灯を持った捕り方の役で出ている新国劇の役者=里実 南座の舞台にいる新国劇の法被を着た裏方=伊豆見雄
脚本
マキノ雅弘
音楽
大久保徳次郎 
その他スタッフ
製作/高木雅行 原作/長谷川幸延 撮影/高村倉太郎 照明/藤林甲 吉田協佐 録音/橋本文雄 美術/小池一美 編集/近藤光雄 助監督/松尾昭典 製作主任/林本博佳 スクリプター/秋山みよ スチール/斎藤耕一 邦楽/望月太明吉 舞台指導/濱田右二郎(新国劇) 特殊撮影/日活特殊撮影部
役者達に煽られ、酒に酔ったあげく小橋の欄干の上で傘をさしたままトンボを切り、二度目には勢い余って河に落ちた市川段平は、字は読めないが、男の意気と恋女房・お春の支えで殺陣に生きる男だ。大正末、沢正こと沢田正二郎は、新国劇に画期的な立ち廻りを導入しようと考えていたが、思うようにいかない。同じく新しい殺陣の創造に頭を悩ませていた役者頭取の段平に、沢正は立廻りのリヤリズムと言うが、段平に英語など分かるはずがない。しかし負けん気の段平、ヤケ酒のあげく「リヤリヤなんとかをみせたるわ」と、土地の不良共にからみつくも、血を流して倒れてしまう。そこへ入ってきた沢正が不良共を投げ倒したのを見た段平は「先生!出来ましたぜ。いま不良をやったあれが...」この一瞬、殺陣開眼の曙光が輝いたのだった。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/11/1
上映時間ほか:モノクロ/117分/スタンダード・サイズ/14巻/3196m
© 日活

ロケ地

【京都府】京都市(四条京阪前)

ピックアップサイト Pickup site