月夜の傘
(つきよのかさ)
「二十四の瞳」の壺井栄の名作を得て「警察日記」の名匠・久松静児が、善意な人々の家庭生活の機微と夫婦の愛情の美しさ、若き人々の清純さを描写する文芸大作。
監督
久松静児
キャスト
小谷律子=田中絹代 村井かね子=轟夕起子 小野妙子=坪内美詠子 倉田美枝=新珠三千代 小谷耕平=宇野重吉 倉田信男=三島耕 村井隆吉=三島雅夫 宮島弥生=飯田蝶子 鈴木吾郎=伊藤雄之助 川崎豊=宍戸錠 坂本卓二=杉幸彦 小谷高志=渡辺鉄彌 小野雪子=二木てるみ 江藤とみ=東山千栄子 仲人夫=加原武門 八百屋=光沢でんすけ 小泉なつ子=新井麗子 健一の友達女B=高田敏江 女事務員A=丘志摩子 女事務員B=竹内洋子 仲人妻=若原初子 健一の友達女A=大森暁美 女給=須田喜久代 小谷弘志=真塩洋一 村井健一=茂崎幸雄 鈴木一郎=桜井真 健一の友達男A=高橋律 健一の友達男B=村越敏晃 小谷和子=加藤順子 (以下、主なクレジットなしの出演者)喫茶店のウェイトレス=泉桂子 江藤とみの亡き息子=神山勝 大丸デパートのレストランの客=深江章喜 大丸デパートのレストランの客=黒田剛 小泉なつ子のバーのバーテン=野口豊
脚本
井手俊郎
音楽
斎藤一郎 
その他スタッフ
製作/坂上静翁 原作/壺井栄 撮影/姫田真佐久 照明/大西美津男 録音/中村敏夫 美術/木村威夫 編集/近藤光雄 助監督/宮野高 製作主任/笹井英男 スクリプター/秋山みよ
東京の郊外の住宅地、赤い屋根や新緑の庭木が続く晴れた空ののどかなひととき。かね子の家にある古い井戸端には近所四世帯の主婦がふらりと集まってくる。終戦前後の時代、私たちほど青春を謳歌できなかった者はいないと不平不満をこぼし合ったのが始まりで、若い青年男女たちのダンスパーティーや読書会の催しには指をくわえて見ていたが、井戸端に二人寄れば着物を売る話になり、三人寄れば食料買い出しの相談になり、四人集まるといつの間にか笑い声が起こっている。親たちには内緒で鶏を飼おうとする子供たち、未亡人の元にきた見合い話、まだ若い奥さんにときめいてしまう大学生…。井戸端に集まる四人の主婦を中心に、それぞれの家庭での日々を描く。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/8/21
上映時間ほか:モノクロ/128分/スタンダード・サイズ/14巻/3492m
© 日活

ロケ地

【東京都】世田谷区(小田急線 梅ヶ丘駅 羽根木公園)

ピックアップサイト Pickup site