女中ッ子
(じょちゅうっこ)
巨匠・田坂具隆が日活に帰って三年ぶりにメガホンを取り、笑いと涙で重厚なホームドラマを描いた香り高き文芸大作。
監督
田坂具隆
キャスト
織本初=左幸子 加治木勝美=伊庭輝夫/加治木恭平=佐野周二 加治木梅子=轟夕起子/初の母=東山千栄子 野村ひろ子=高田敏江 野呂夫人=細川ちか子 雑貨屋の老婆=北林谷榮 若月=宍戸錠/仁村先生=宮崎準 生はげの青鬼=山田禅二 生はげの赤鬼=高品格 馬方の八小父=天草四郎 洗濯屋=土方弘 河合健二/東京の女=明美京子 初の嫂=瀧川まゆみ(滝川まゆみ) 初の友達=大倉節美 菊野明子 バスの車掌=加藤温子 初の妹=茅島静江/初の父=伊丹慶治 井東柳晴 助役川村=阪井一郎 山田=光澤でん助(光沢でんすけ) 押売=千代京二 バスの運転手=古田祥 電車の乗客=村田壽男(村田寿男)/加治木雪夫=田邊靖雄(田辺靖雄)(劇団こまどり) 野呂新吾=九谷常行(劇団こまどり) 悪童A=長谷川一男(劇団こまどり) 悪童B=長濱洋二(劇団こまどり) 悪童C=山本輝雄(劇団こまどり) 初の弟=小林一郎(劇団こまどり) 勝美の友良一=渋澤準(劇団こまどり) (以下、主なクレジットなしの出演者)運転手=紀原耕 小学校の父兄=小泉郁之助 小学校の父兄=雪岡純 列車の乗客=宮原徳平
脚本
須崎勝彌 田坂具隆
音楽
伊福部昭 
その他スタッフ
製作/芦田正蔵 原作/由起しげ子(新潮社版) 撮影/伊佐山三郎 照明/河野愛三 録音/中村敏夫 美術/木村威夫 編集/辻井正則 助監督/中平康 牛原陽一 製作主任/加東義 スクリプター/飯村知子 スチール/坂東正男 特殊撮影/日活特殊撮影部 
東北の雪の深い寒村から希望を胸に上京してきた織本初は、日東時計の総務部長・加治木恭平の家を訪問した。中学の修学旅行で東京に来たとき、財布を失くし困っている初を助けてくれたのが、加治木夫人の梅子だった。それだけの縁で訪問してきた初に梅子は呆れたが、両親の承諾を得て上京して来た初を追い返すこともできず、女中として迎えることにした。加治木家は、長男の雪夫、次男の勝美、梅子の姪・野村ひろ子が生活する典型的な都会の中流家庭。最初は言葉遣いから仕事まで田舎流のため、笑われたり注意されたりした初だったが、東京の女中になれた嬉しさで一生懸命に働いた。初の存在は、家中から嫌われている腕白小僧・勝美を変えた。拾ってきた仔犬を母親に内緒で飼う勝美の手助けをした初は、彼の信頼を受けはじめた。加治木家の幼い異端者として母親にさえ素気なくされていた勝美は、子供心に寂しく、仔犬と初を唯一の友とするようになった。初も、温かく健康的な愛情をもって、良いことは良い、悪いことは悪いと遠慮なく勝美に教えた。初がこの家にやって来た日、夫人の合オーバーが紛失したのだが、これは勝美が仔犬の寝具に使ったためだった。やがて仔犬の一件が犬嫌いの母に知れたが、初の口添えで飼育を許され、汚れた合オーバーを密かに自分の箪笥の奥に隠したのも初だった。初に肉親以上の信頼を寄せる勝美は、学校で“女中ッ子”と冷かされるようになった。その頃、子供同士の喧嘩でそれぞれの母が学校に呼び出されたが、梅子夫人の代わりに初が出向き…。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/6/28
上映時間ほか:モノクロ/142分/スタンダード・サイズ/14巻/3904m
© 日活

ロケ地

【秋田県】湯沢市(院内駅、稲住温泉付近(当時:雄勝郡秋の宮村))
【東京都】台東区(上野駅)/世田谷区(桜上水の小学校)/大田区(田園調布の住宅街、雪ヶ谷、上池上)/渋谷区(初台の丘、代々木)/三鷹市(国際基督教大学の裏手)/杉並区(善福寺)
※ロケハン時の田坂監督と伊佐山カメラマンらの宿泊先は、秋田市の小林旅館。

ピックアップサイト Pickup site