木曾の風来坊(木曽の風来坊)
(きそのふうらいぼう)
恋も仁義も賽の目に賭けて、賭場から賭場への渡り鳥!胸のすく啖呵とやるせない女のため息が描く股旅映画の決定版
監督
小林桂三郎
キャスト
佐久の佐太郎=坂東好太郎 柳の弥之助=坂東鶴之助(入社第一回) おたね=月丘夢路(特別出演)/仁兵衛=小堀誠 花熊の半九郎=清水一郎 黒駒の勝蔵=沢村國太郎/塩尻の新右衛門=清水元 岩山大五郎=加原武門 勝蔵の乾分=玉村俊太郎 半太郎=河野弘 山源の乾分A=大浪東吾 壷振りの玉吉=小林重四郎/お新=藤代鮎子 さのやの女中=若原初子 峠の女=山村くに子 勝蔵の妻=菊野明子 さのやの酌婦=志賀夏江 のだやの婆さん=田中筆子/代貸・小岩=伊丹慶治 用心棒甲=雪岡純 峠の男=村田寿男 半九郎の乾分・源八=弘松巌 半九郎の乾分金太=深江章喜 壷振り=峰三平/半九郎の乾分・五郎次=青木富夫 勝蔵の子分=花村信輝 勝蔵の子分=山之辺閃 若い者三次=高瀬乗二 用心棒乙=野口豊 山源の乾分B=黒田剛 殺陣=市川常次郎 (以下、主なクレジットなしの出演者)勝蔵の賭場の客=坂井美紀子 勝蔵の賭場の客=三笠謙 勝蔵の賭場の客=三船明子 勝蔵の賭場の客=宮原徳平 勝蔵の子分=本目雅昭 新右衛門の賭場の客=植村進 新右衛門の賭場の客=伊豆見雄 半九郎の子分=速水脩二 新右衛門の子分=千代田弘
脚本
八尋不二
音楽
松井八郎 主題歌/ビクターレコード「木曾の風来坊」作詞・佐伯孝夫 作曲・佐々木俊一 唄・曾根史郎 「木曾の祭唄」作詞・佐伯孝夫 作曲・佐々木俊一 唄・野崎整子
その他スタッフ
製作/柳川武夫 原作/長谷川伸(「雪の渡り鳥」) 撮影/中尾利太郎 照明/高橋勇 録音/酒井栄三 美術/小池一美 編集/鈴木晄 助監督/関喜誉仁 製作主任/櫻井宏信 スチール/斎藤耕一 
製作国:日本 製作/日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/6/19
上映時間ほか:モノクロ/103分/スタンダード・サイズ/10巻/2519m
© 日活

ロケ地

【長野県】岡谷市(塩尻峠、鳥居峠、大原高原)/大鹿村(地蔵峠)/木曽町(旧・開田村、新開村)

ピックアップサイト Pickup site