青春怪談
(せいしゅんかいだん)
6大スター競演で描く現代の恋と欲望!獅子文六の評判小説を才匠・市川崑が描く、青春波乱のメロドラマ。
監督
市川崑
キャスト
奥村鉄也=山村聰 奥村千春=北原三枝/宇都宮蝶子=轟夕起子 宇都宮慎一=三橋達也/船越トミ=山根寿子 芸者・筆駒=瑳峨三智子 シンデ(藤谷新子)=芦川いづみ/阿久沢=滝沢修 小鎌田=宇野重吉 奥村家・婆や=北林谷栄 芦野良子=三戸部スエ 奥村敬也=千田是也/刑事=高品格 刑事=山田禅二 パチンコ屋の職人=三島謙 バーテン=宮原徳平 衣笠一夫 パチプロの男=光沢でんすけ/記念館受付=小田切みき 品川ミエ子=渡規子 茶店の女性=鈴木俊子 踊り子=明石淳子 パチンコ屋の女の子=石塚雅子/踊り子=三島保子 芸者=滝川まゆみ 芸者=芳川千鶴 芸者=須田喜久代 パチンコ屋の女の子=加藤温子 (以下、主なクレジットなしの出演者)新橋食堂の客=坂井美紀子 新橋食堂の客=宍戸錠 パチンコ店の客、お汁粉屋の客(二役)=小柴隆 お汁粉屋の客=鈴村益代 お汁粉屋の客=露木護 パチプロ=三笠謙 刑事=植村進 刑事=神山勝 結婚式の出席者=井東柳晴 結婚式の出席者=早川十志子 結婚式の出席者=峰三平 結婚式の出席者=谷川玲子 結婚式の出席者=原恵子
脚本
和田夏十
音楽
黛敏郎 
その他スタッフ
製作/山本武 高木雅行 原作/獅子文六(読売新聞連載・新潮社版) 撮影/峰重義 照明/藤林甲 録音/神谷正和 美術/中村公彦 編集/辻井正則 助監督/山崎徳次郎 製作主任/中井景 スクリプター/土屋テル子 スチール/斎藤耕一 協力=服部、島田バレエ団   
男勝りなバレリーナの千春と、徹底的な合理主義者で金融業を営む幼馴染の慎一との関係は、恋愛というよりも男同士の友情に近いものだった。行く行くは結婚するつもりの二人の前に、船越トミという女が現われた。色と欲をかけたトミが慎一と共同で銀座裏にバーを開いたことを知ると、無頓着な千春でも心中穏やかではなかった。バレエ団の春の公演で大役を与えられた千春は猛稽古を続けていたが、ふと考える慎一のことが踊りに現われ、思う様に表現できない。そんな千春の心の動揺を知ってか知らずか、バレエ団の主宰・芦野女史は、千春の踊りを手厳しく批判した。自分の才能に疑問を持つほど参ってしまった千春は、彼女をお姉さまと呼び、異常なほどの愛情を傾ける後輩のシンデこと藤谷新子から慎一とトミの近況を聞かされ、恋愛と芸の悩みは深くなるばかりだった。そのうえ千春は、親一人子一人の父・鉄也と、慎一の母で未亡人の蝶子を結び付けようと計画していたが、父にその気がなく、千春の心は曇るのだった。そこへ事件が起きた。慎一の元へ、千春が女性ではないという怪文書が舞いこんだのだ…。

市川崑の小気味よい演出が光る、恋愛コメディ作品。
【動画配信】
>>GooglePlay
>>YouTube
>>iTunes
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1955
公開年月日:1955/4/19
上映時間ほか:モノクロ/115分/スタンダード・サイズ/12巻/3141m
© 日活

ロケ地

【東京都】港区(新橋駅前、烏森附近の夜景、明治記念館、明治記念館の結婚式場、信濃町へ向かう電車通り、神宮外苑)/千代田区(日比谷公会堂)/渋谷区(街の夜景、花街(円山町辺り))/中央区(西銀座)/台東区(浅草、向島百科園)/府中市または小金井市(多摩墓地)/▲パチンコ屋、▲××公会堂
【神奈川県】藤沢市(鵠沼海岸)


    

ピックアップサイト Pickup site