警察日記
(けいさつにっき)
東北の田舎町の警察に、日々転がり込む笑いと涙の人生模様!伊藤永之介の名作を得て俊鋭久松静児が放つ文芸巨篇。宍戸錠が若い警察官役でスクリーン・デビューを果たした。
監督
久松静児
キャスト
吉井巡査=森繁久彌 山本岩太=伊藤雄之助 花川巡査=三國連太郎/村田老人=東野英治郎 薮田巡査=宍戸錠(新人) 労働基準監督署員・紅林=多々良純 倉持巡査=殿山泰司 石割署長=三島雅夫 杉田モヨ=杉村春子/掬水亭の内儀・ヒデ=澤村貞子 仁田アヤ=岩崎加根子 桃代=小田切みき 重四郎の妻・セイ=千石規子 ユキコの母・シズ=坪内美子 アヤの母・タツ=飯田蝶子/赤沼主任=十朱久雄 緑川大三郎=富田仲次郎 林幹 町長=三木のり平(※クレジットはされているが出演場面なし) 金子主任=織田政雄 丸尾通産大臣=稲葉義男 金次=三島謙 猪岡熊太郎=左ト全/孤児収容所主事=加原武門 労働基準監督署員・黒川=高品格 助役、仲人=山田禅二(二役) 町の名士=久松晃 ハナエの花婿・桂太郎=光沢でんすけ 陳情に来る水利組合の農民=村田寿男 町役場の男=河上信夫 岩太の父・千代松=片桐常雄 運転手=紀原耕 駅長=伊丹慶治/児童相談所員=中村俊一 高谷重四郎=天野創次郎 労働基準署員・松本=福原秀雄 津路清子 芸者=三鈴恵以子 近所の細君=若原初子 掬水亭の女中=福田とよ 車掌=竹内洋子 掬水亭の女中・マツ=三好久子 八千代チヨ=田中筆子/受付の伊藤巡査=深江和久 消防署員、巡査=小柴隆(二役) スタンドバー“八千代”に10円貰いに来る男=瀬山孝司 中原啓七 陳情に来る水利組合の農民=阪井一郎 保健婦=辰野美夜 ハナエ=重盛輝江 北玲子 ハナエと桂太郎の婚礼を手伝う女性=石塚雅子 アヤやタツを横宮駅で見送る初老の女性=山本かほる/ユキコ=二木てるみ(劇団若草) 山崎まさる(劇団若草) 高谷竹雄=香川良久(劇団若草) 加藤順子(劇団若草) 中村正紀(劇団若草) 伊藤久子(劇団若草) 深沢かつ子(劇団若草) 内田あけみ(劇団若草) シゲル=二木まこと(劇団若草) (以下、主なクレジットなしの出演者)ハナエの婚礼の出席者=伊達満 ハナエと桂太郎の婚礼を取り仕切っている男性=衣笠一夫 横宮警察署の巡査=柳瀬志郎 横宮警察署の私服刑事=美川洋一郎 横宮警察署の巡査=花村信輝 玄米パン売り=青木富夫 陳情に来る水利組合の農民=河瀬正敏 陳情に来る水利組合の農民=三浜元 丸尾通産大臣の歓迎会の出席者=雪岡純 星野晶子
脚本
井手俊郎
音楽
団伊玖磨 
その他スタッフ
製作/坂上静翁 原作/伊藤永之介(角川書店版) 撮影/姫田真佐久 照明/岩木保夫 録音/中村敏夫 美術/木村威夫 編集/近藤光雄 助監督/宮野高 製作主任/加東義 スクリプター/君塚みね子
中年のお人好しの吉井巡査が捨て子の姉妹の世話をしたり、若い花川巡査がもぐり周旋屋にひっかけられた娘を出発寸前に押さえ、その娘に淡い恋心を抱いたり、またこの周旋屋の女をめぐって所長が職安の連中とやり合ったり。その他、万引きと無銭飲食の女の哀しい話、あるいは気のいい馬車屋の話、捨て子が料理屋の女将に引き取られたあと実の母が現れるといったエピソードが盛り込まれた人情喜劇の佳編。
製作国:日本 製作/日活
配給:日活
製作年:1954
公開年月日:1955/2/3
上映時間ほか:モノクロ/111分/スタンダード・サイズ/12巻/3040m
© 日活

ロケ地

【福島県】本宮市(阿武隈川・昭台橋)/二本松市(二本松駅前)/郡山市(磐梯熱海駅)/熱海町(岩代熱海温泉)/猪苗代町(猪苗代警察署前、長瀬川船場橋附近)/北塩原町(小野川湖)/磐越西線

ピックアップサイト Pickup site