黒い潮
(くろいうしお)
世相の濁流に抗して愛情の真実と正義を求める人間の美しさ、限りない悩みを描く。文壇の寵児・井上靖の原作を、『蟹工船』の山村聰が監督・主演する異色作。
監督
山村聰
キャスト
毎朝新聞記者・速水卓夫=山村聰 佐竹景子=津島恵子 事務員・伊庭節子=左幸子/山名部長=滝沢修(民芸) 佐竹雨山=東野英治郎(俳優座) 筧記者=河野秋武 東野村(トノムラ)記者=信欣三 石井副部長=安部徹/中橋写真部員=柳谷寛 鬼川整理部長=清水元 整理部副部長=伊沢一郎 学芸部長=石黒達也 目撃者・栗原=小笠原章二郎 斎藤記者=田島義文/白井記者=下元勉(民芸) 三井記者=芦田伸介(民芸) 政治部記者=下條正巳(民芸) 小使佐野=武田正憲 守衛=山田晴生 夕刊新聞記者=浜村純 秋山総裁=高島敏郎 他部記者C=外野村晋/運動部記者A=山田禅二 学芸部記者=河上信夫 宮本記者=雪岡純 運動部記者B=三島謙 三上刑事=久松晃 欧米部記者=神山勝 他部記者D=小柴隆 整理部員=花村信輝/経済部記者=宮原徳平 運動部記者=三浜元 写真部員=植村進 民報記者・タコ=弘松巌 綾瀬駅改札係=勝田完 綾瀬駅駅員A=紀原耕 綾瀬駅駅員B=深江和久 東大生B=高野真 東大生A=内藤武敏/院外団の男・小磯=進藤英太郎 今井記者=四方正夫 青木見習記者=中原啓七 ナレーター=近藤宏 景子の母=夏川静江 みやこの女中=沢村貞子/大木田刑事=石山健二郎(新国劇) 浜崎編成局長=千田是也(俳優座) 水谷主幹=青山杉作(俳優座) 山田老巡査=小川虎之助 寿しやの親父=御橋公 清川助教授=中村伸郎 (以下、主なクレジットなしの出演者)毎朝新聞社会部の記者=名和宏 毎朝新聞の記者=河瀬正敏 毎朝新聞社会部の記者=美川洋一郎 毎朝新聞社会部の記者、回想場面での速水卓夫の家の隣人(二役)=村田寿男 毎朝新聞写真部員=黒田剛 大阪の浪花夕刊新聞の記者=英原穣二 大阪の浪花夕刊新聞の記者=坂井一郎 回想場面での速水卓夫の家の隣人=若原初子 毎朝新聞の幹部=加原武門 毎朝新聞写真部員=八代康二 毎朝新聞のエレベーターに乗り込もうとする帽子をかぶった男性=瀬山孝司 毎朝新聞の従業員=宍戸錠
脚本
菊島隆三
音楽
塚原晢夫 
その他スタッフ
製作/高木雅行 原作/井上靖(文藝春秋所載) 撮影/横山実 照明/藤林甲 録音/神谷正和 美術/木村威夫 編集/近藤光雄 助監督/鈴木清太郎 製作主任/林本博佳 協賛/毎日新聞社
戦後社会の不安は相次ぐ大事件-帝銀事件、平事件、国鉄整理-に絡む組合の不穏な動きなどて頂点に達していた。毎朝新聞社の宿直室で寝ていた社会部記者・速水卓夫は、警視庁詰めの記者・筧から行方不明の秋山国鉄総裁が轢死体で発見されたとの急報を受けた。複雑な政治的問題を孕む社会情勢から事件の真相は容易に判断出来ず、捜査当局の発表も状況報告という慎重ぶりだった。この事件を担当する速水は観測や憶測を避け、正確な記事を客観的にという信念のもと、自・他殺の何れとも推定せず、見透しさえもしない記事を書いたが、他社の新聞は他殺説を大きく主張した。速水のかたくなな態度に山名部長は当惑しつつも、彼を力強く激励した。速水の脳裏には、十六年前の出来事が去来していた。結婚三年目の当時、妻が流行歌手の男と心中した。この時の新聞記事は無責任な興味本位な内容で、真実とは全くかけ離れたものだった。人間の死に対し世間の眼は余りにも冷酷で、それ以来彼は世間の眼を烈しく怒り、憎むようになった。真実とは関係のない、そして真実を押し流し押し包もうとする世間の眼を、彼は再び十六年前と同じ心で憎もうとするのだった…。
製作国:日本 製作:日活
配給:日活
製作年:1954
公開年月日:1954/8/31
上映時間ほか:モノクロ/113分/スタンダード・サイズ/11巻/3098m
© 日活

ロケ地

【東京都】千代田区(毎日新聞東京本社、桜田門電停付近)/渋谷区/足立区(五反野・下山事件現場)/三鷹市(三鷹駅構内)

ピックアップサイト Pickup site