かくて夢あり
(かくてゆめあり)
戦後、製作を再開した日活の記念すべき現代劇一作目。当時、全国の女性を感涙させたNHK連続ラジオドラマの映画化で、青年弁護士と人妻の悲恋物語を小林桂樹と宮城野由美子の共演で綴る。
監督
千葉泰樹
キャスト
赤間裕子=宮城野由美子 マダム美代子=花柳小菊 延岡夏子=島崎雪子/高見沢義文=小林桂樹 高見沢利光=伊豆肇 小河内隆=山村聰 桜谷宏=若原雅夫(特別出演・松竹)/延岡加津代=利根はる恵 春田文子=山本和子 磯奴=竹内洋子 高見沢りつ=北林谷栄 チェリー梅原=梅原道子(新人)/赤間蔵六=清水将夫 赤間喜一郎=伊沢一郎 那須仙介=千秋実 春田一郎=金子信雄 金造爺さん=小堀誠/堤弁護士=三島雅夫 谷村(バンドマスター)=清水一郎 隅田公平=石黒達也 延岡憲治=山田好一 黒岩(ブローカー)=多々良純/木樵の竹三=山田禅二 木樵A=久松晃 木樵B=黒田剛 塩沢柴造(村会議員)=伊丹慶治 袋谷校長=村田寿男 消防組頭=外野村晋 深井(楽団員)=弘松巌 バンドボーイ=光沢でんすけ/砂村安子=山本かほる 看護婦=松島凌子 下宿のおばさん=五月藤江 女給=三島保子 下女=辰野美夜 下女=鈴村俊子 下男=八代康二 ホテルの番頭=坂井一郎 (以下、クレジットなしの主な出演者)松江の旅館“大橋館”の従業員=瀬山孝司
脚本
猪俣勝人 小森静男
音楽
音楽/古関裕而 主題歌=コロムビアレコード「かくて夢あり」作詞・西條八十 作曲・古賀政男 唄・青木光一 「裕子の歌」作詞・大林清 作曲・中田喜直 唄・奈良光枝
その他スタッフ
製作/初田敬 佐野博 原作/大林清(NHK連続放送劇) 撮影/峰重義 照明/藤林甲 録音/神谷正和 美術/松山崇 編集/笠間秀敏 助監督/堀池清 製作主任/林本博佳
高見沢義文は銀座の酒場でピアノ弾きをしながら弁護士の勉強を続ける純情な青年。兄・利光の結婚式の日、義文は久しぶりに郷里に帰ったが、兄嫁となる女性・裕子は幼馴染の頃から彼が人知れず恋をしていた人だった。一年後、義文は楽団イエロー・スターズの一員となって働きながら弁護士試験の勉強に打ち込んでいた。一方、利光と結婚した裕子の生活は幸せではなかった。高見沢家の当主として製材所を経営する大地主でありながら、利光は仕事を顧みず酒を飲んでは芸者遊びをし、事業も生活も荒んでいくばかりだった。そうした折、弁護士試験に合格した義文が久々に東京から帰ってきた。義文は裕子の不幸な結婚を知り、変わり果てた兄の生活を見て利光に激しく詰め寄るが、裕子にはかえってそれが切なかった。二人の心は千々に乱れて、今にして知る立ちがたき愛情に胸が避ける思いであった。
【動画配信】
>>Amazon
製作国:日本 製作/日活
配給:日活
製作年:1954
公開年月日:1954/6/29
上映時間ほか:モノクロ/106分/スタンダード・サイズ/11巻/2897m
© 日活

ロケ地

【福島県】塙町(山林)/矢祭町(矢祭山、旧・高城村の旧家)
【東京都】中央区(銀座)/千代田区(丸ノ内日活、有楽町駅付近、日比谷公園野外音楽堂)/文京区(▲「本郷の下宿・北辰館」)
【茨城県】常磐線/水戸市(水戸駅、市内、停車中の水郡線列車)/大洗町(大洗海岸、大洗ホテル、燈台付近)/大子町(旧・黒沢村の製材所)
【栃木県】日光市(日光東照宮(陽明門、境内))
【滋賀県】瀬田の鉄橋
【兵庫県】神戸市(朝日会館前、神戸駅ホーム)
【和歌山県】新宮市(お城山=新宮城址、二の丸ホテル前、本丸)
【島根県】松江市(城山、松江大橋、宍道湖畔、小泉八雲(ヘルン)旧居付近)
▲【山口県】山陽線、関門トンネル
▲【熊本県】熊本市(熊本駅)
▲【鹿児島県】鹿児島市(鹿児島駅)

ピックアップサイト Pickup site