江戸最後の日
(えどさいごのひ)
吉田絃二郎の同名戯曲を元に、稲垣浩が潤色・監督。悩める主人公を演じるのは、剣戟スター・阪東妻三郎。
監督
稲垣浩
キャスト
勝安房守=阪東妻三郎 大久保越中守=香川良介 榎本和泉守=志村喬 大鳥圭介=大沢健司 山岡鉄太郎=戸上城太郎 益満休之助=上田吉二郎 高橋伊勢守=水野浩 向山隼人=河部五郎 川路聖謨=遠山満 魚河岸の元締喜兵衛=藤川三之祐 新三郎=尾上華丈 石田俊吉=団徳麿 甲州屋文太郎=仁礼功太郎 新門辰五郎=小川隆(特別出演) 英国公使バークス=高田弘 英艦長キップル=泉静治 藤沢志摩守=葉山富之輔 川勝備後守=大東専太郎 浅野美作守=多岐征二 官軍兵士・白石兵右衛門=大川原左雁次 官軍兵士・森休蔵=志茂山剛 河岸の若者・長吉=石川秀道 河岸の若者・太助=楠栄三郎 河岸の若者・虎松=富士咲実 河岸の若者・市蔵=阪東実 純忠隊士・守川慎之助=春日清 純忠隊士・松村譲=毛利美津夫 純忠隊士・会田孫之丞=中根正治 純忠隊士・大畠弥六=並木伸介 旗本・河野友三郎=岬弦太郎 旗本・谷川亘=潮井川常吉 旗本・内村弥之助=対馬和雄 町人・松助=市川猿昇 海軍士官・小牧康成=瀬戸一司 海軍士官・伊藤進=薮内龍三郎 海軍士官・西権兵衛=近松龍太郎 海軍士官・今田新吉=市川左正 歩兵・茂木多吉=堀北幸夫 佐伯陣兵衛=前田静男 津川精之進=小川重四郎 白柳弁之進=浮田勝三郎 勝夫人・静代=環歌子(多摩川特別出演) 姉娘・八重=柳恵美子 妹娘・浪照=沢村敏子(多摩川特別出演) 料亭女将・おせき=常盤操子 徳川慶喜=尾上菊太郎 塚本虎太郎=原健作
*藤沢志摩守=若松文男説あり
脚本
脚色=和田勝一 潤色=稲垣浩
音楽
西梧郎
その他スタッフ
原作/吉田絃二郎 撮影/石本秀雄 照明/西村計雄 美術/角井平吉 上羽慶太郎 録音/佐々木稔郎 編集/西田重雄 助監督/安田公義 菅英雄 天野信 製作担当/高橋幹雄 進行/橋本梅夫 時代考証/江馬務 装飾/松本春造 背景/武内基男 衣裳/原田梅夫 美粧/湯本秀夫 剣導/川原利一 合唱/新大阪合唱団 撮影助手/柴田達矢 録音助手/堀田富造 
明治元年正月。鳥羽伏見の戦いに敗れた徳川慶喜は江戸に帰り、恭順謹慎の意向を示して部下の鎮撫に当たっていた。しかし旧幕府の士の中には、官軍との一戦を試みて大勢の挽回を志す過激主戦論者、慶喜の意向を受けて恭順を主とする者、平和交渉によって徳川家を救おうとする者たちが対立し、江戸市民は不安に追い込まれていた。何れも目的を達し得ないなか、同年二月、官軍が薩摩長州以下二十一藩の大兵で、三月十五日に江戸城を総攻撃すると報じられた。穏健派の勝安房守は、主君・慶喜の苦衷を知らずに決戦すべきと狂奔する主戦論者をおさえることに苦心するが、徳川家再興を夢みる主戦論者から悪罵され、身辺は常に危険に曝されていた。三月十三日、遂に征東軍が江戸に到着。勝は国家のため、江戸百万の民のため、死を覚悟して大総督府参謀・西郷隆盛をたずねた-。
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:京都撮影所
配給:日活
製作年:1941
公開年月日:1941/11/28
上映時間ほか:モノクロ/95分/スタンダード・サイズ/10巻/2593m/時代劇
© 日活

ピックアップサイト Pickup site