宮本武蔵 第一部・草分の人々 第二部・栄達の門
(みやもとむさしだいいちぶくさわけのひとびとだいにぶえいたつのもん)
「尊王村塾」に次ぐ稲垣浩監督作品。原作は吉川英治の大衆小説。宝塚少女歌劇の宮城千賀子が入社第1回出演。
監督
稲垣浩
キャスト
宮本武蔵=片岡千恵蔵 北条安房守=河部五郎 小林太郎左衛門=市川小文治 菰の十郎=瀬川路三郎 長岡佐渡=香川良介 岩間角兵衛=志村喬 北条新蔵=市川正二郎 酒井忠勝=遠山満 麻屋万兵衛=尾上華丈 佐助=団徳麿 秩父の熊五郎=上田吉二郎 念仏太左衛門=磯川勝彦 半瓦弥次兵衛=藤川三之祐 武芸者・甲=仁礼功太郎 愚堂禅師=東明二郎 三沢伊織=宗春太郎 お通=宮城千賀子 お光=大倉千代子 朱実=月宮乙女 お杉=常盤操子 佐々木小次郎=月形龍之介(特別出演) 夢想権之助=尾上菊太郎(特別出演) 細川忠利=澤村國太郎(特別出演) 本位田又八=原健作(特別出演) 奈良井屋大蔵=小川隆(特別出演) 柳生但馬守=薄田研二(特別出演) 柳生兵庫=片岡市女蔵 牢人甲=春日清 牢人乙=尾上桃華 法典原土民乙=久米譲 徳願寺和尚了道及び牢人丙=葉山富之輔 番僧実秀=大国一公 土工武助=大河原左雁次 溝呂木藤太=岡田喜久平 宴采屋亀吉=大倉多一郎 法典原土民甲=石川秀道 木戸役人=若松文男 小倉の宿番頭乙=加藤弘郎 土工太作=志茂山剛 巖流の門弟=福井松之助 辰之助=島田照夫 榊原縫之助=前田静男 武芸者丙=市川吉之介 鞍馬野憲舟=瀬戸一司 武芸者乙=薮内龍三郎 松木源内=武林大八郎 博労乙=瀬川礼之助 宿の亭主金五郎=小池柳星 武芸者甲=河瀬昇二郎 木村助九郎=近松龍太郎 祇園藤次=大東専太郎 加藤庄兵衛=浅野象二郎 小倉の馬方甲=大角恵摩 浅野宗馬=岬弦太郎 博労丁=藤崎成 武芸者丙=谷譲二 愚堂の弟子絶海=竹内良介 細川家臣甲=潮井川常吉 細川家臣乙=阪東薪太郎 小倉の宿番頭甲=尾上蝶幸 博労甲=井上秀一 博労丙=生島日三郎 小倉の馬方乙=松浪錦之助 小幡の門下甲=酒井進 武芸者乙=相沢五郎 武芸者丁=堀北幸夫 小幡の門下乙=久利富健二 小幡の門下丙=新島龍二 小幡の門下丁=高盛朝太郎 但馬守の門番=石丸三平 お鶴=比良多恵子 お高=清水照子 角兵衛の妻=小松みどり お勢=滝沢静子 漁師の女房=小林叶江 雉子の小六=村田宏寿 半田半兵衛=大虎福太郎 岩国の伯母=吉田一子
脚本
稲垣浩 槇本宏
音楽
西梧郎
その他スタッフ
原作/吉川英蘭 撮影/宮川一夫 録音/石原貞光
※戦後映倫審査時13巻。現存プリント(110分)は2部・3部の総集編となっている。
<ご注意>
戦前の製作作品(1942年以前)は、資料の不足などの事情により、当HPのデータの内容が必ずしも正確なものとは限りません。
製作国:日本 製作:京都撮影所
配給:日活
製作年:1940
公開年月日:1940/3/31
上映時間ほか:モノクロ/142分/スタンダード・サイズ/15巻/3899m
© 日活

ピックアップサイト Pickup site