映画『デイアンドナイト』完成報告会見に豪華キャスト・スタッフ勢揃い!山田孝之プロデューサーが映画製作の熱い思いを語る!
2018年10月10日(水曜日)

  

俳優として数々の映画・ドラマに出演し、名実ともにトップを走り続ける山田孝之さんが裏方に徹し、初の全面プロデュースに挑戦した作品で、山田さんと旧知の仲である俳優・阿部進之介さんが主演を務める映画『デイアンドナイト』の完成報告会見が、10/5(金)東京国際フォーラムで行われました。

181005_day-and-night00.jpg


完全オリジナル作品である本作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出します。

山田プロデューサーは、ロケ地の交渉やロケハン、オーディション審査、スポンサーとの交渉、また映画・ドラマ・CM撮影の合間を縫って、脚本開発会議を定期的に主催。脚本やキャスティングに関して積極的にスタッフと意見を交わしながら、本作製作に挑みました。

監督を務めるのは、ドラマ「100万円の女たち」や映画『7s/セブンス』『光と血』など映画・ドラマ・MV・CMなど様々な分野で映像表現の幅を広げ活躍する、若手監督の最注目株との呼び声も高い藤井道人氏。山田さん、阿部さんと共に同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら2017/11/3にクランクインした本作は、秋田県の秋田市、鹿角市、三種町で同年11月末まで撮影。そして遂に、こころ揺さぶる人間ドラマが完成しました。

完成披報告会見には企画・主演の阿部進之介さん、共演の安藤政信さん、清原果耶さん、藤井道人監督、山田孝之プロデューサーが登壇し、企画の経緯や撮影中の秘話など、それぞれ本作に懸けた思いを語りました。

プロデューサーとして初めて映画を制作した山田さんは、ロケ地交渉、脚本開発、キャスティングなど映画制作実務に深く関わっているにも拘わらず「最近変な仕事ばかりしていて、俳優として危機的状況に陥り、自ら映画を作れば俳優として存続できるのではないかと思い、阿部ちゃんと藤井君が企画を練っていたところに『ここしかない』と入り、脚本を作り込み、しかしキャスティングされず、プロデューサーというところにしがみついてここにいます」と。

企画・主演の阿部さんは「藤井監督と2人で話し合いながら企画を練り、ふとしたキッカケで映画を作っていることを(山田に)話したら、興味を持ってくれました」と成り立ちを明かしました。

181005_day-and-night1.JPG


山田プロデューサーは「才能のある方々が集まってくれて、それぞれの役割をやってくれていたので、最終的に僕は『どうですか?』『はい、いいです』というのをやっていました」と謙遜するも、プロデューサーを買って出た理由については「俳優としてこれまでやってきた中で、不満や疑問を感じることがあり、それを自分が改善できたら後輩に同じような思いをさせないで済むのではないかと。自分も作り手として何かできないかと思ったのがキッカケです」と、胸の内を告白。

30代の今になって実現したことについては「若い頃は説得力もないし、人脈もなく、できる状態ではなかった。30代になって色々なことを教えてもらっていく中で、『第一歩を踏み出してもいいのではないか』と始めました」と、機は熟したと述べました。

181005_day-and-night2.jpg


本作への出演に関して安藤さんは「尊敬し、愛している孝之からオファーをもらって、その気持ちに応えたいという純粋な気持ちでした」と男気を見せるも、山田プロデューサーからは「どれだけこちらの熱を伝えても、『やりたい』と言うだけで『やる』とはなかなか言ってくれませんでした。それで時間がかかりました」というエピソードが。これに安藤さんは「言った、言ったよ、『やる』って!でもその日は初めて二人で飲んでいて、次の朝、脚本を読んで『こういう話なんだぁ』と思った」とマイペースぶりを見せ、笑わせる一幕も。

181005_day-and-night3.jpg


児童養護施設で生活する少女・奈々役の清原さんは、500人超のオーディションの中から射止められた逸材。オーディションに立ち会った山田プロデューサーは「ワンシーンを演じただけなのに、圧倒的に奈々だった。その時に『見つけた!』という喜びと、たったワンシーンだけなのにキャラクターをくみ取ってくれた喜びがありました」と絶賛。

そんな清原さんは秋田ロケを振り返り「秋田は寒くて、いつ窓を見ても雪が降っていました。でも何よりも、地元の炊き出し隊の方々が作ってくれる温かいご飯が思い出深いです。毎日が感情の体当たりの連続のような撮影でしたが、それが心の癒しと支えになりました」と感謝の気持ちを伝えました。

181005_day-and-night4.jpg


2013年ころから企画を温めていたという藤井監督は「誰かからお願いされて始まった企画ではなく、納得のいくものを作ろうというのが3人(阿部、藤井、山田)の思いでした。もっと良いものになるのではないかと書いていったら、月日が経って行き、そろそろ映画を作らなければと思ったのが、昨年。阿部さんと山田さんが実際に演じていく形で、良い脚本ができました」と出来栄えに胸を張りました。

最後に山田プロデューサーは「若いチームで粗削りな部分もあるけれど、素晴らしいキャスト・スタッフによって強く心に残る映画になりました。一人でも多くの人に届けて、胸に刺さる様な映画になれば」と思いを込めました。

阿部さんは「『善と悪はどこからやってくるのか』というテーマを投げかけた作品で、観てもらった皆さんはどう思われたのか気になるし、難しいテーマだとも思います。そういったテーマを多くの人に考えてもらって、感じてもらって、映画を観た後に語り合ってもらえたら」と期待を込めました。


映画『デイアンドナイト』 2019/1/26(土)全国、1/19(土)秋田県先行公開!


愛する家族のいのちが奪われたとしたら、あなたなら、どうするだろうかー。

企画・主演:阿部進之介 × 監督:藤井道人 × プロデューサー:山田孝之-同世代のメンバーが熱い思いをぶつけ合いながら完成させた本作に、ご期待ください。


善と悪はどこからやってくるのか。
父が自殺し、実家へ帰った明石幸次(阿部進之介)。父は大手企業の不正を内部告発したことで死に追いやられ、家族もまた、崩壊寸前であった。そんな明石に児童養護施設のオーナーを務める男、北村(安藤政信)が手を差し伸べる。孤児を父親同然に養う傍ら、「子供たちを生かすためなら犯罪をも厭わない。」という道徳観を持ち、正義と犯罪を共存させる北村に魅せられていく明石と、そんな明石を案じる児童養護施設で生活する少女・奈々(清原果耶)。しかし明石は次第に復讐心に駆られ、善悪の境を見失っていく----。

DAYANDNIGHT_TP.jpg
©2019「デイアンドナイト」製作委員会


映画『デイアンドナイト』関連ニュース

公開日決定


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

『デイアンドナイト』

★2019年1月26日(土)全国公開、19日(土)秋田先行★

善と悪はどこからやってくるのか。

企画・原案:阿部進之介

脚本:藤井道人 小寺和久 山田孝之

監督:藤井道人

プロデューサー:山田孝之 伊藤主税 岩崎雅公

出演:阿部進之介 安藤政信 清原果耶

©2019「デイアンドナイト」製作委員会



DAYANDNIGHT_logo2.jpg



★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★