衝撃の問題作『ヒメアノ~ル』初日、海外からの相次ぐ招待に森田剛さん感無量!
2016年05月30日(月曜日)

  

衝撃の問題作『ヒメアノ~ル』が5/28(土)ついに公開初日を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズで初日舞台挨拶が行われました。

160528_himeanole00.JPG

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実氏によるベストセラーコミックを、『銀の匙 Silver Spoon』の吉田恵輔監督が、森田剛さん主演で完全映画化した『ヒメアノ~ル』。

イタリアで行われた【第18回ウディネ・ファーイースト映画祭】で、4/25(※現地時間)に1,200人の観衆とワールドプレミアを迎え、5/9(月)にはジャパンプレミアを実施。そして名古屋・大阪・福岡での先行上映を終え、高い作品評価と鬼気迫るキャスト陣の表現力が話題沸騰中の本作が、ついに公開初日を迎えました。

黄色い歓声と盛大な拍手の中、鬼気迫る表現力が話題の森田剛さんはじめ、濱田岳さん、佐津川愛美さん、ムロツヨシさん、吉田恵輔監督が登壇し、初日舞台挨拶が行われました。

上映終了後の余韻に浸るお客様の前に、キャスト・監督が登場すると場内からは大歓声が沸き起こります。本作でメガホンを取った吉田監督が「我ながら素晴らしい作品を作っちゃいました。褒められる気満々で来ました」と作品への自信をみなぎらせると、森田さんはじめ共演者がみな「やっと皆さんに観ていただけて嬉しいです」と初日を迎えた喜びを素直に語りました。

本作はキャスト・監督含め、"初づくし"の多い作品。本作で映画単独初主演となった森田さんは、濱田さんや吉田監督らとキャンペーンで様々な場所を回った思い出を挙げ、「いいな、映画!」と初めての経験にすっかりはまった様子。

主演のプレッシャーについて質問されると、「緊張の連続でした。"森田"という役が怖い人だから」と言い、撮影の合間にペットショップに通っていたエピソードを告白。重い空気となった自身を和らげるために犬や猫を見て、猫背になった体がスッと復活していく様子を再現し、会場の笑いを誘いました。

吉田監督は「普段はほのぼのハートフルな作品が多い中で、ハードでピリピリとした作品を作っていましたが、最後はやさしさが出ちゃった」と茶目っ気たっぷりに語りました。

本格的なラブシーンに挑戦した濱田さんは「恥ずかしかった」と照れながら「緊張したけどいい経験だった」と感想を述べ、相手役をつとめた佐津川さんについて吉田監督は「ちょっとセクシーに撮れたのが良かった。濱田くんより堂々としていた」と佐津川さんの男前エピソードを暴露しました。

himeanole_0553.jpg
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


さらに、6月に中国で開催する「上海(シャンハイ)国際映画祭」、7月に韓国で開催する「富川(プチョン)ファンタスティック国際映画祭」からの招待が決定したことも発表されると、場内は拍手と歓声に包まれました。

4月に行われたイタリアのウディネ・ファーイースト映画祭で行われたワールドプレミア以降、世界各国での上映が続々と決定していることについて、森田さんはじめキャストの皆さんは「海外に広がっていくのは嬉しい」と喜びの気持ちを表現。森田さんは「愛着もあるし、埋もれてほしくない」と作品への想いを語り、吉田監督は「それを夢見て本編のクレジットをGo Moritaにしているので、海外のたくさんの方にも観てもらいたい」と製作意図を明らかにしました。ムロツヨシさんは「海外映画祭に参加したことがないので連れてってほしいな」と関係者に甘えた姿を見せ、会場から笑いが漏れました。

最後に森田さんは「今日はありがとうございました!やっとみなさんに観ていただけて本当にうれしく思います。帰って噛みしめて、友達に感想を言ってみてください。『ヒメアノ~ル』よろしくお願いします!」と公開初日に舞台挨拶に駆け付けてくださったお客様に向かって深々とお辞儀をし、大歓声に包まれながら初日舞台挨拶は終了しました。


映画 『ヒメアノ~ル』 2016/5/28(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開!


海外からも注目度の高い『ヒメアノ~ル』を、ぜひ劇場でご覧ください!

---------------------------------
めんどくさいから殺していい?
日常と狂気が交錯する、緊迫の99分にあなたの心は耐えられるか?

平凡な毎日に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている青年・岡田。ある日、同僚の先輩である安藤から、密かに思いを寄せるカフェ店員・ユカとの恋のキューピッド役を頼まれた彼は、ユカのカフェで高校時代の同級生・森田と再会することになる。その後、岡田はユカの口から、彼女が森田らしき人物からストーキングをされていることを知らされ、不穏な気持ちを抱き始める。かつて過酷ないじめを受けていた森田は、ある事件をきっかけに、欲望のままに無抵抗な相手を殺害していく快楽殺人者になっていたのだ......。
---------------------------------

映画『ヒメアノ~ル』その他のイベントレポート

ジャパンプレミアの模様
*2016/4/25 ウディネ・ファーイースト映画祭ワールド・プレミア


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

ヒメアノ~ル

★2016/5/28(土)全国公開★

『ヒメアノ~ル』

めんどくさいから殺していい?

監督・脚本:吉田恵輔

出演:森田剛 佐津川愛美 ムロツヨシ 濱田岳

©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会



himeanole_kari3.jpg

★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★