島崎遥香さん主演・中田秀夫監督最新作、映画『劇場霊』ついに公開!
2015年11月21日(土曜日)

  

AKB48の島崎遥香さん主演・中田秀夫監督最新作、映画『劇場霊』が11/21(土)ついに公開初日を迎え、キャスト・監督による舞台挨拶が行われました。

151121_gekijourei00.jpg

ジャパニーズホラーの巨匠・中田秀夫監督作品で、今もなお語り継がれる伝説のホラー映画『女優霊』。その『女優霊』から約20年の年月を経て、中田監督がついに到達した新境地ともいえる、新感覚のジェットコースター・ホラー『劇場霊』が誕生しました。本作は、嫉妬・憎しみ・怨念がうずまく劇場という閉ざされた空間で、突如巻き起こる惨劇と恐怖に襲われ、逃げ惑う女優たちの戦慄を描きます。

主演は、AKB48グループ全メンバーを対象としたオーディションを勝ち抜いた、島崎遥香さん。巨匠・中田監督も絶賛の演技力を映画初主演の本作で発揮しています。

この日、島崎さんは高熱のため、予定されていたMOVIXさいたまとMOVIX亀有の舞台挨拶はやむなく欠席という苦渋の決断がくだされたのですが、新宿ピカデリーでは何とかお客さまの前に立つことが出来、足立梨花さん、高田里穂さん、町田啓太さん、小市慢太郎さん、中田秀夫監督とともに撮影中のエピソードを披露してくださいました。

― まずは初日を迎えた今のお気持ちとともに、一言ずつご挨拶をお願いいたします。

中田監督 この映画がスタートしたのは、前作『クロユリ団地』が公開されてすぐのことです。そこから2年半、島崎さんをオーディションで選んでから1年半。皆さまにお届けするまで時間をかけ、仕上げにも時間をかけて、丹精込めて作りました。Jホラーを20年やってきましたが、これまでと違う新境地で、イタリアのゴシックホラーも意識しながら作りました。今日は、楽しんでいただければ幸いです。皆さんにお越しいただきまして、ありがとうございました。

MC 続いては、劇場に起こる数々の恐怖の真相を探る若手女優・主人公の水樹沙羅役を演じられました、島崎遥香さんお願いします。

島崎 水樹沙羅役を演じました、島崎遥香です。初日ということで、こんなにもたくさんの方にお越しいただき、嬉しく思います。ありがとうございます。私の初主演ということで、とても気合が入っております。皆さん、楽しんでください。

151121_gekijourei1.JPG


MC 続いては、沙羅の親友でありライバルでもある若手女優・野村香織役を演じられた、足立梨花さんお願いします。

足立 香織役を演じました、足立梨花です。やっと皆さんに観ていただけるということで、皆さまの反応が楽しみで仕方がないです。作品は怖いですが、この時間だけは少しでも楽しんで帰っていただけたら嬉しいなと思います。今日は、よろしくお願いします。

MC 続いては、同じく沙羅のライバルで売れっ子人気女優・篠原葵役を演じられた、高田里穂さんお願いします。

高田 皆さん、今日はお集まりいただきまして、ありがとうございます。葵役をやらせていただきました、高田里穂です。撮影から1年経ちまして、自分の中でも心境がすごく変化してきているのですが、やっと皆さんに観ていただけるということで、今すごく気持ちが高ぶっています。最後まで楽しんでいってください。よろしくお願いします。

MC 続いては、沙羅とともに恐怖の真相を追う美術スタッフ和泉役を演じられた、町田啓太さんお願いします。

町田 和泉役を演じさせていただきました、町田啓太です。本日は、皆さん足を運んでいただきまして、ありがとうございます。僕も今日をすごく楽しみにしていたので、色々とお話させていただけたらなと思っております。皆さん、今日はよろしくお願いいたします。

MC 続いては、癖のある気鋭の演出家・錦野豪太役を演じられた、小市慢太郎さんお願いします。

小市 皆さん、こんにちは。今日は良い天気で良かったです。今回作品に参加させていただいて、すごく良いチームワークだったなと感じています。楽しんでいただけたら嬉しいです。ありがとうございます。

― 撮影から1年経ち、いよいよ公開初日を迎えましたが、撮影現場をあらためて振り返ってみて、今だから話せる撮影中の裏話や印象的なエピソードなどをお聞かせください。

中田監督 今、小市さんが「すごく良いチームワーク」と仰ってくださいましたが、本作は、ご存じのとおり人形が怖い対象です。ある人形のカットを撮っていた時のことなのですが、人形のある部分を動かすのに手動でやらなくてはいけなかったんです。人形のカットは舞台で撮っていて、20テイクほど延々と撮影していたと思います。演出家役の小市さんの次の出番は、間が空いていてまだずっと先だったのですが、演出家が実際に座る時のように観客席にいて、ずっとみていてくださったんです。たぶんワンカットゆうに2時間くらいはかかっていたと思うのですが、小市さんがずーっとみてくださってるな・・と感じながら僕も必死に撮っていて、そういうワンカットワンカットに賭ける思いみたいなものが、スタッフだけではなくてキャストの皆さんにも伝わった、そんな思いが詰まった撮影だったなと思って嬉しかったです。

151121_gekijourei2.JPG


MC 良い空気の中で撮影をなさったんですね。島崎さんは、いかがですか?

島崎 監督は、いつも頭にタオルを巻いていたじゃないですか?あのタオルの色と靴の色がいつも一緒だったような気がするんです。

他の登壇者の皆さん え~?!!

島崎 あれは、合わせていたんですか?

151121_gekijourei3.JPG


中田監督 そう・・ですね、ちょっと色気を出してみました(笑)。一応「今日の撮影は結構盛りだくさんだよ」という時は注意信号で黄色とか・・

登壇者の皆さん え~?!!

中田監督 「今日はちょっとヤバいぞ」という時は、本当は赤でいきたかったのですが、赤じゃドギツイのでピンクにしたりとか・・

登壇者の皆さん そうだったんだぁ!

中田監督 あまりないですが「今日はラクだぞ」という時は、青とか緑とかね。色で表現してました。靴もグリーンやイエローのものを買いました。

MC さすが島崎さん、するどい視点でしたね!他の方は気づいていらっしゃらなかった感じですね?

高田 監督はスニーカーをたくさん持っていらっしゃるなとは思っていましたが、まさかタオルと合わせているとは気づきませんでした(笑)。

MC 足立さんは、何か印象的なエピソードはありますか?

足立 皆さんが撮影の話をしている中で申し訳ないのですが・・。ホラー作品ですが裏ではみんな仲良しで、意外と普通にお話してたんです。その時に胸が育つブラジャーが話題になってて(笑)。

151121_gekijourei4.JPG


登壇者の皆さん !!!(苦笑)

足立 あれ?知らない??(本作は)女優さんの争いが描かれているため女性キャストが多かったので、その女優役の子たちと「そういうのがあるから買いにこう!」という話をしていました。ごめんなさい、こんな話で(お客さま笑い)。

MC 女子トークが凄いですね!それで・・・買いに行かれたんですか(笑)?

足立 そう!女子トークが凄かったんですよ!一番買いに行かなきゃいけないのは私なのですが行ってなくて(苦笑)、でもいつの間にかメイクさんとスタイリストさんが買いに行ってたらしくて、「いいよ♪」って聞いたので、早く行かなきゃなって思ってます!本当に関係ない話で・・すみません。申し訳ないです(汗)。

MC でも口コミは気になりますもんね!高田さんはいかがですか?

高田 この映画の主軸になる物語が劇場を舞台にしていて、舞台の稽古中にどんどん追いつめられていくのですが、その舞台の衣裳が着るのに2、30分かかるくらいとにかく豪華なのです。それから剣さばきもコツが必要で、撮影の前に中田監督とは別の方に剣さばきを指導していただいたので、そういうところも皆さんにみていただけたらなと思います。

151121_gekijourei5.JPG


足立 私たちは3人ともエリザベートの衣裳を着るのですが、その衣裳もそれぞれ違っていたり、髪につける飾りも違うものをつけているので、そのあたりも楽しんでいただけるよね?

高田 はい、ぜひそのあたりにも注目していただきたいです。

MC 細かいところまでこだわり抜いているんですね。町田さんはいかがでしょうか?

町田 僕はスタッフの役だったので、スタッフサイドから見るとこう見えるんだとか、色々な角度からみることが出来て楽しかったです。ただ、島崎さんとはご一緒のシーンがあったものの、出演者の方々は女性キャストの方が主だったので、結構ひとりでいることが多くてさみしかったです。でも、そこに監督はスッと入って女子トークされていたりして、スゴイな!と感じました(笑)。

151121_gekijourei6.JPG


中田監督 根がオバはんと言いますか(笑)、女子だけの中に入っても全然平気ですね。

高田 監督は、同じノリでお話されます。

足立 もはや女子トークまでしてます。

MC 乙女なんですね!

高田 乙女ちっくです(笑)。

MC 意外な一面があるのですね。小市さんはいかがですか?

小市 印象的なことはたくさんあるのですが、一番印象に残ってるのは監督のカットの掛け声です。ふつうは「よーい、スタート!カット!」とか「よーい、ハイッ!ハイッ!」という方が多いのですが、監督の場合は「よーい、スタート!オイーッ!」とか、たまに「よーい、スタート!ヨウッ!」って仰って、あのテイストが大好きで、とても印象深かったです。

151121_gekijourei7.JPG


MC その時によって少しずつ違うんですか?

小市 そうなんです。あれは、監督の中でも何かあるんですか?

中田監督 そうですね。ふつうに「よーい、スタート!ハイッ!」ってかける時は、ちょっとダメだったなって時なんです。

登壇者の皆さん え~?!

中田監督 で、「ヨッ」とか「オッ」とかいい声を出す時は、良かった時ですね。先輩監督で東映出身の澤井信一郎さんがちょっと歌舞伎調な声の出し方だったので、いいなぁと思っていただいてます(笑)。

小市 そうでしたか。「オウッ!」というのが出ると、嬉しかったですねぇ。

MC ありがとうございました。さてここで、嬉しいお知らせがあります。本作は海外の映画祭にも数多く出品され非常に注目度が高かったのですが、ロシア、ブルネイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、台湾、韓国、タイ、ベトナム、中国、香港という合計11か国での上映が決定しました!このお知らせを受けたお気持ちは、監督いかがですか?

中田監督 こうして聞くと、アジア圏が強いですね。僕はアジア学科出身で、しかも東南アジア系の方面を勉強していたものですから、すごく嬉しいです。

― では最後に、これから映画をご覧になる皆様に、代表して監督からメッセージをお願いします。

中田監督 僕の『女優霊』にしても『リング』にしてもそうなのですが、「いるはずのないものが、自分の後ろにフッといて怖い」というのがJホラーの基本だったのですが、今回は新たな試みで「霊感があろうがなかろうが、そこにいるものが祟られていて、ちょっと動いたように見える。つまり実体のあるものが怖い」という話で、Jホラーの地平を広げると言うか、拡大させていく努力をしたつもりです。イタリアのゴシックホラーや昔の東宝の怪奇映画も勉強しながら新しい試みをしていますので、そのへんを味わっていただければ幸いです。

最後は中田監督の「大ヒット~!」のかけ声に対し、みーんなで「ちょうだ~い!」と締めくくって、新宿ピカデリーでの初日舞台挨拶は終了しました。

151121_gekijourei8.JPG


舞台挨拶に立てなかった劇場もあり、主演の島崎さんも心を痛めていらっしゃることと思います。一日も早い回復を祈りつつ、初主演映画『劇場霊』を応援していただけたら幸いです。

『劇場霊』2015/11/21(土) 全国ロードショー!

伝説のJホラー『女優霊』から20年。新たなる恐怖の幕が開く・・・

---------------------------------
ストーリー
芸能事務所に入って5年、いまだ役に恵まれない若手女優・水樹沙羅(島崎遥香)は、気鋭の演出家・錦野豪太(小市慢太郎)の新作舞台に端役で出演することに。演目は、若さを保つため少女の生き血を浴びていた実在の女貴族エリザベートの生涯を描く「鮮血の呼び声」。舞台にはエリザベートの内面を映し出す分身の人形が置かれ、その前で沙羅や主演の篠原葵(高田里穂)、野村香織(足立梨花)らは火花を散らしながら連日稽古に打ち込んでいた。そんなある日、劇場でスタッフの女性が変死体で発見される。その直後、今度は葵が転落事故で意識不明の重体に。
 葵の降板を受け、沙羅は急きょ主演に抜擢される。ところが稽古中に、沙羅は舞台に置かれた人形が動き出すのを目撃。果たして目の錯覚か、それとも...。劇場にただならぬ気配を感じとった沙羅と美術スタッフの和泉(町田啓太)は、人形を制作した作家・児島(中村育二)を訪ねる。ところがその頃、劇場ではこの世のものとは思えない「ちょうだい...ちょうだい...」という声が響き渡り、新たな惨劇が巻き起こっていた――。
---------------------------------

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

劇場霊

★2015/11/21(土)全国公開★

『劇場霊』

伝説のJホラー『女優霊』から20年。新たなる恐怖の幕が開く・・・。

監督:中田秀夫

脚本:加藤淳也 三宅隆太

出演:島崎遥香 足立梨花 高田里穂 町田啓太 中村育二 小市慢太郎

©2015『劇場霊』製作委員会



gekijourei_main.jpg

★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★