『Dear Girl ~Stories~ THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 の大ヒット御礼舞台挨拶に、神谷浩史さんと小野大輔さんが登壇されました!
2014年02月22日(土曜日)

  

待望の "劇場版ラジオ" 第2弾 『Dear Girl ~Stories~ THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 の大ヒット御礼舞台挨拶が、2/22(土)ユナイテッド・シネマ豊洲で行われました。

140222DGS2_00.jpg

2007年4月より文化放送で放送中の人気ラジオ番組 「神谷浩史・小野大輔のDear Girl ~Stories~」。その番組が業界初の試みとして手がけた、ロケの模様を全国の映画館で楽しむ "劇場版ラジオ" 「Dear Girl ~Stories~ THE MOVIE」 が大ヒットを記録してから早3年――。待望の第2弾がスクリーンに帰ってきました!

公開初日の2/15(土)は、全国各地で大雪の被害に見舞われた悪天候の中、公開初日2日間の動員が前作対比270%という大ヒットスタートを記録。これをうけ、主演の神谷浩史さんと小野大輔さん、脚本の諏訪勝さん、そして内田浩之監督の4人による大ヒット御礼舞台挨拶が行われました。

MC さっそく主演キャストの皆様にご登場いただきましょう。皆様、大きな拍手でお迎えください!

入り口に神谷さん、小野さんの姿が見えると、お客様の興奮は最高潮。大きな歓声と拍手の中、会場入り口で客席に深々とお辞儀をした上で舞台にあがるおふたり。会場いっぱいのお客様は、神谷浩史さんと小野大輔さんのキャラクターを知りつくしたファンの皆さん。だからこその笑いのツボがたくさんある、クスクス笑いから大爆笑まで、終始笑いの絶えない楽しい舞台挨拶となりました。

MC 『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 主演の神谷浩史さんです!

神谷 (キリッとした雰囲気で)みなさん、こんばんは。今ご紹介にあずかりました 『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 主演の・・・(一拍おいて客席を見渡すと、お客様爆笑)神谷浩史です。今日は短い時間ですが、最後まで楽しんでください。よろしくお願いします。

MC 同じく、ダブル主演の小野大輔さんです!

小野 (渋い雰囲気で)ご紹介にあずかりました 『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 主演俳優の・・・(お客様爆笑)小野大輔です。今日は日本のカンヌと言える、ここ豊洲に来て、こうして舞台挨拶が出来ることをとても光栄に思っています。今日はよろしくお願いいたします。

MC 内田社長こと、内田浩之監督です!

内田監督 『Dear Girl~Stories ~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 監督の内田です。今日は最後までお付き合いください。よろしくお願いします。

(ここまで全員が、長いタイトルを一所懸命正式に言うので、お客様のクスクス笑いが止まりません)

MC 脚本の諏訪勝さんです!

諏訪 『Dear Girl ~Stories~THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 脚本の諏訪勝です。今日は最後まで、よろしくお願いいたします。

― まだ映画をご覧になる前のお客様のお顔をご覧いただいたところで、まずは一言ずつお願いします。

神谷 (神妙な表情で)主演ということで、やはり皆さんにこの映画に対しての期待みたいなことを喋るべきなのかなと思うのですが、まずは観ていただいてから・・と思いますので、いまは今日来てくれたことに対しての感謝の言葉しかないですね。(お客様爆笑)

小野 (同じく神妙な表情で)第2弾ということで、前作以上にスケールを大きく、そして膨大な時間をかけて撮影して参りました。その集大成をここで皆さんにみせられるということで、胸がいっぱいです。今日は、瞬きせずに楽しんでいっていただければと思っております。ありがとうございます。(お客様クスクス笑い)

内田監督 私にとって2作目の作品で、1作目で私が勉強した映画の制作技術を大幅に超えましたので、最後までお楽しみください。

諏訪 脚本的には、5分に1回驚きがある作品になっているかなと思っております。

MC あの・・・上映前から会場のお客様の笑いが止まらない状況になっておりますが(笑)。

DGS2_sub1.jpg
© 2014文化放送エクステンド

― では、主演のおふたりに今回の役どころをお尋ねしたいのですが?

神谷 我々は 「Dear Girl~Stories~」 という番組をやっているのですが、そこから発生した "MASOCHISTIC ONO BAND" というバンドがありまして、そのメインボーカルのHIRO-C(ヒロシー)という役を今回やらせていただいております。バンドものということで、やはり仲間たちとの友情だったり葛藤だったりなどが描かれていくものと思いまして、そういう作品を数多く観て勉強したり、自分が好きだったバンドの曲をもう一回聴いてみたり、ライブだったりをみてみたりして勉強しました。(お客様大爆笑)

小野 "MASOCHISTIC ONO BAND" のボーカルであり、"MASOCHISTIC ONO BAND" というその名称の元になった人物である、ONO-D(オノディー)を演じました。最初に諏訪さんの脚本を読ませていただいた時に、「あぁ、この作品だったら、どんな役でもやってみたいな。どんな小さな役でも良い!通行人の役でもいい!!やってみたい」 と思っていたら・・・まさかONO-D(オノディー)になれるなんて!(お客様大爆笑)感動しました!!

― では、演じる上で大変だったことや皆さんに注目してほしいシーンはどういったところですか?

神谷 内田監督から 「なるべく自然体で」 という演技指導を受けまして、「自然体って何だろう・・・?」 と、ずっと悩みながらの撮影だったのですが、試写会で拝見しまして、「そうか!内田監督が言っていた意味って、こういうことだったんだ!」 ということが、完成を観て初めて分かりました。僕の自然体を引き出してくれた内田監督に、本当に感謝しています。ありがとうございます。(お客様大爆笑&大拍手)

小野 準備しなくてはいけないことも多かったのですが、香港ということで、やはり言葉を勉強していかなくてはならないなということで・・・広東語をマスターしていきました!

MC マスターされたと・・断言を?!

小野 はい。やはりマスターしないとコミュニケーションが取れないので(お客様クスクス笑い)、"旅の指さし会話帳" というアプリケーションをダウンロードして、一所懸命勉強しました。押すと声がするんですよね。

MC はぁ・・・もしよろしければ、一番好きな言葉を今言っていただけると・・・。(お客様拍手)

小野 やはり・・・「ンゴイ(唔該)」(お客様大爆笑&拍手) (←映画を観ると、笑いの意味に合点がいきます)

MC あ、ありがとうございます。あの・・・

諏訪 「すみません」 という意味です。

MC ありがとうございます!

DGS2_sub2.jpg
© 2014文化放送エクステンド

― 内田監督は前回をはるかに上回る規模での撮影ということで大きなチャレンジだったと思いますが、いかがでしたか?

内田監督 前回は牛久だったのですが今回は初の海外ということもあり、制作チームもかなり増強して万全の体制で臨みました。

MC 1回目と全然違うところなどございますか?

内田監督 皆さんまだご覧になっていないのでどこまでお話すべきか悩むところなのですが、先ほど脚本の話にありましたが 「5分に1回の驚きがある」 ということで、正確に5分刻みで編集していきましたので、それが前回との大きな違いかなと思っております。

― いま 「5分に1回の驚き」 というお話がありましたが、脚本をどのように書かれたのか教えていただけますか?

諏訪 僕は普段ラジオの台本を書いておりまして、そのラジオの台本の延長上で書ける映画って何だろう?というのを考えたのですが、実際にあがった脚本をふたりが演じている姿を見て、「あぁ、これで良かったんだな」 と手ごたえを感じました。

― 初めての海外撮影ということでハプニングもあったのではないかと思いますが、印象に残っていることはありますか?

神谷 印象に残っている出来事ばかりなのですが、でもこの内田監督率いる内田組は、そのハプニングさえもチャンスに変える。そういう力を持っているんだなということを、改めて実感しました。皆さんご存知か分かりませんが、我々がパーソナリティをつとめさせていただいてもう7年になる 「Dear Girl~Stories~」 というラジオ番組がありまして(お客様爆笑)、そちらの番組でも 「ハプニングが起こったとしても、それを新たな力に変える」 ということを常々思っています。そういう力を持った番組、そして内田組。今回の映画でもそれがいかんなく発揮されたのではないかなと、僕は思っています。

MC 内田組の一員の小野さんはいかがですか?

小野 内田組に参加して、もう7年になりますか。最初の頃は衝突もしました。殴り合いの喧嘩もしたな・・うん(お客様爆笑)。でも、やはり雨が降った後は必ず晴れるんです!止まない雨は、ない。うん・・・この映画のことだな、なんてちょっと思っちゃったりなんかしまして・・・。あっ、まだ観てないんですよね?!すみません。この答えは、このスクリーンにあります。ぜひこの後、ご期待ください!

― 今回 "MASOCHISTIC ONO BAND" として 「ACE OF ASIA」 という曲を作るに至った経緯と言いますか、最初のキッカケをどなたか教えていただけますか?

登壇者全員 ・・・・・。(全員が、「オマエいけよ」 という感じでキョロキョロする様子に、お客様大爆笑)

神谷 そもそもですね・・・(お客様から大きな拍手)、「Dear Girl~Stories~」 というラジオ番組のイベントを去年の2月に武道館でさせていただきまして、そちらでデビューしたのが "MASOCHISTIC ONO BAND" なのですが、彼らの新しい活躍の場として何かふさわしいものがないかという話をしていたところ、「実は映画の話があるのだけれど・・」 「じゃ、それを内田組で撮ったらどう?」 と、話がとんとん拍子に進み、そんな中で 「やはり俺たちにも新曲が必要なんじゃないのか?」 と。そこに色々なドラマがあったのですが・・・

小野 (感傷に浸った雰囲気で)殴りあったね。(この言葉に反応を示さない神谷さんに、お客様大爆笑)

神谷 いつも僕らに曲を提供してくれている岡ナオキさんと古屋真さんと言う、ふたりの才能によってこの曲が生まれました。やはりその曲ありき。その曲がなかったら、こんな映画にはならなかったんじゃないかと僕は今でも思うのですが、その曲が流れてきた瞬間に、「おっ、コレだ!」 とみんなで意見が一致しまして、結果としてこれからご覧いただく映画につながった。そういう流れですね。

MC ありがとうございます。残念ながら今日この場にはいらっしゃらないのですが、撮影中のYAGI84(ヤギハシ)さんやCHANKO(チャンコ)さんについて何かコメントがあれば・・

諏訪 特にないです!(即答にお客様爆笑)

MC では、それはご覧いただいてということで(笑)。

DGS2_sub3.jpg
© 2014文化放送エクステンド

― この映画で一番伝えたいこと、皆さんにどのように観てほしいかを監督からお願いします。

内田監督 主演の神谷浩史さん、小野大輔さん、脚本の諏訪勝さんからお話がありましたように、内田組の総力を結集して完成した作品です。過剰な期待を持つことなく観て、楽しんでいただければなと思っております。

― では、最後にもう一言ずつ皆さんからお願いいたします。

諏訪 この映画は皆さんと一緒に観ると言いますか、映画館でこんなに声出して良いんだ?と感じるような映画だと思っています。できるだけ多くの人と観ていただくことで、より楽しめる映画になっているのではないかなと思っておりますので、ご期待ください!

内田監督 監督の私が言うのも何ですが、この映画は未完成な形で皆さんにお届けします。これから皆さんに観ていただいて、会場の笑い声やざわめき、そういうものをミックスして自分の心の中に見える映像が、本当の 「ACE OF ASIA」 です。ご期待ください!

小野 朝、母親からメールが来ました。タイトルは、アジアから世界へ。「今頃は舞台挨拶に立っている頃かしら?頑張るんだよ。私はまだ観てないけど」 という・・・。観てないのか?!と思いましたが、お友達が観に行ってくれて、その噂を聞いたそうです。やはり劇場内は笑いで包まれていたと。そんな話を聞くたびに、本当に思います。やはり皆さんの笑顔、それが僕たちにとっての 「ACE OF ASIA」 です。たくさんたくさん笑って、そしてみんなで映画を共有していただきたい。そう思っております。この後すぐ。ご期待ください!

神谷 主演の神谷浩史です。本日はお越しくださいまして、誠にありがとうございます。先ほどから何回も言うようですが、元々は「Dear Girl~Stories~」 というラジオ番組でした。始まってから7年くらい経ちますが、こういう作品を生み出すことになるとは、7年前にはまったく思いもよらないことでした。前作を受けての今回は続編ということで、皆さんにお届け出来ることを本当に嬉しく思っております。それも全て、ここに来てくださっている皆さんのお陰だと思っております。本当にありがとうございます。前作の 『THE MOVIE1』 に比べると、撮影期間も3倍以上掛かっています。前回は内田組が始まってすぐということもあり、自分でカメラを持ってまわしていましたが、今回はそれを全て撮影監督に任せ、自分は監督業に専念したということで、ここから本当に内田組のスタートだと思っております。皆さんのお力で続編ということになったら、我々はまたスクリーンに帰って来られるかなと思っておりますので、何卒皆さんのご支持を得られたらなと思っております。このあと上映が始まりますが、最後までゆっくりとご鑑賞いただければと思います。ご期待ください!

140222DGS2_1.jpg

★『Dear Girl ~Stories~ THE MOVIE2 ACE OF ASIA』 大ヒット上映中!★

香港を舞台に贈る、待望の第2弾を、ぜひ劇場でご覧ください!




★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg

Dear Girl~Stories~ THE MOVIE2 ACE OF ASIA

★2014年2月15日(土) 全国公開!大ヒット上映中★

『Dear Girl~Stories~ THE MOVIE2 ACE OF ASIA』

番組初の海外進出。その舞台は香港――。
待望の"劇場版ラジオ"第2弾!!

監督:内田浩之

出演:神谷浩史 小野大輔
MASOCHISTIC ONO BAND

© 2014文化放送エクステンド



DGS2_main.jpg


★現在公開中の日活ラインナップもご期待下さい★