「芦川いづみデビュー65周年」記念シリーズ
青春怪談 (DVD)
(せいしゅんかいだん)
SELL

青春とは怪談である!芦川いづみの記念すべき「日活入社第一回作品」。獅子文六の評判小説を、才匠・市川崑が描く青春波乱のメロドラマ。

発売日
2019年05月10日
価格
¥3,200(税抜)
品番
HPBN-136 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
16:9LBスコープサイズ 片面1層 モノクロ 1枚組
音声
日本語 ドルビーデジタル モノラル
時間
約115分
監督
市川崑
キャスト

北原三枝 山村聡 三橋達也 轟夕起子 芦川いづみ 山根寿子 嵯峨美智子 三戸部スエ 千田是也 滝沢修 宇野重吉

脚本
和田夏十
音楽
黛敏郎
その他スタッフ
製作:山本武 高木雅行 原作:獅子文六 撮影:峰重義 美術:中村公彦 録音:神谷正和 照明:藤林甲

【映像特典】(予定)
・オリジナル劇場予告篇(予告篇原版の無い作品は収録されません)
・フォトギャラリー収録
・「日活映画」(貴重な公開当時の冊子)より芦川いづみ関連ページのデータ収録
・芦川いづみ特別インタビュー収録
(2018年リリースタイトルについて語った特別インタビューを音声収録。聞き手:娯楽映画研究家/佐藤利明)
【特典仕様】
・ジャケット裏面は、劇場公開時のポスターデザインを入れこんだ「特別両面刷り」仕様!
(劇場ポスターが現存しないタイトルは、両面刷りではありません)
・ピクチャーディスク仕様

徹底的した合理主義者の宇都宮慎一は、渋谷でパチンコ屋を経営している好男子だ。幼馴染の婚約者であるバレリーナ・奥村千春は見事な肢体とさっぱりとした気性の持主だった。二人は恋人というよりも親友に近かった。船越トミが色と欲との二股目論見で慎一と共同で銀座にバーを開いているのを知って、無頓着な千春であっても穏やかならぬ心情だった。バレー団では春の公演に向け猛稽古を続けていた。千春を“お姉さま”と呼び、憧れだけではおさまらないような異常ともいえる愛情を傾けているのは後輩の「シンデ」こと藤谷新子だ。慎一の母・蝶子は年よりも若々しい無邪気な性質の未亡人だった。千春の父・親鉄也も早くから妻に死に別れていた。千春は鉄也と蝶子を一緒に結び付けようという企みを抱く。蝶子は鉄也を大いに気に入り、まるで純情可憐な少女の様に恋するようになったが、鉄也の方は少しもそれを感じない…。

*原版フィルムに起因するお見苦しい部分、お聞き苦しい部分がありますことをご了承ください。
*表現において今日では不適切と思われる部分がございますが、製作者の意図を尊重し、当時上映された内容のままで収録して
おります。
*デザイン・特典および仕様はすべて予定です。

© 1955 日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link