「川島雄三生誕100周年」&「芦川いづみデビュー65周年」記念シリーズ
わが町 (DVD)
(わがまち)
SELL

「夫婦善哉」の作者・織田作之助の不朽の名編を『幕末太陽傳』の川島雄三が完璧の映画化!!「川島雄三生誕100周年」を記念する特別廉価版!

発売日
2019年03月02日
価格
¥1,800(税抜)
品番
HPBN-129 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
4:3 スタンダード・サイズ 片面1層 モノクロ
音声
ドルビーデジタル・モノラル
時間
98分
監督
川島雄三
キャスト

辰巳柳太郎 南田洋子 高友子 三橋達也 大坂志郎 殿山泰司 北林谷栄

脚本
八住利雄
その他スタッフ
原作:織田作之助 助監督:松尾昭典 今村昌平 撮影:高村倉太郎 美術:中村公彦

【映像特典】 予告篇
*原版のないタイトルは収録されません。

明治の末、フィリピンのベンゲット道路開拓現場で働いていた、血気盛んな一本気の若者“ベンゲットのたぁやん”こと佐度島他吉(辰巳柳太郎)が、生れ故郷の大阪天王寺の裏長屋に、人力車と風呂敷包み一つで戻って来た。出航前夜、情を交したお鶴(南田洋子)が、四つになる初枝を抱え苦労していると聞いた他吉は、お鶴に代って夜店を手伝うことに。やがてお鶴は急病で倒れ息を引取る。二十年後、梶捧一筋に他吉の丹精の甲斐あり、初枝も立派に成長し若者新太郎と結婚。だが、新婚早々新居が出火し焼け出され、他吉の許に転り込んでから腰抜け同然の新太郎をフィリピンへ出稼ぎに行かせる。身重な初枝を庇い稼ぎまくる他吉の処に、ある日新太郎客死の報。初枝、はそのショックで父を恨みつつ死ぬ。遺児君枝を片手に他吉は、梶棒を握り続ける。めぐる因果に当惑するものの、君枝(南田洋子一人二役)を育てる喜びに気持ちを直した他吉の働きは近所の人を驚かすほどだったが…。

© 1956日活株式会社
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link