【日活100周年邦画クラシックス】幕末太陽傳 デジタル修復版 DVD プレミアム・エディション (DVD)
(にっかつひゃくしゅうねんほうがくらしっくすばくまつたいようでんでじたるしゅうふくばんでぃぶいでぃぷれみあむえでぃしょん)
SELL
発売日
2012年06月02日
価格
¥5,800(税抜)
品番
BBBN-4041 発売元:日活 販売元:ハピネット
仕様
4:3スタンダードサイズ 片面2層 モノクロ
音声
オリジナル<日本語>リニアPCM2.0chモノラル
時間
110分
監督
川島雄三
キャスト
フランキー堺 南田洋子 左幸子 石原裕次郎 芦川いづみ
脚本
川島雄三 田中啓一 今村昌平
音楽
黛敏郎
その他スタッフ
撮影:高村倉太郎
日本最古の映画会社・日活は2012年9月に創立100周年を迎えます。
この100年のご愛顧に感謝し、とっておきの100作品を続々リリースします。


6月は、夭折の天才・川島雄三監督の名作選。
『幕末太陽傳 デジタル修復版』夭折の天才・川島雄三が描く日本映画至宝の痛快エンターテインメントが、日活創立100周年記念に最新デジタル技術で甦る!!

時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ佐平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐には、一銭も持ち合わせていなかった…。居残りと称して、相模屋に居ついてしまった佐平次は、持ち前の機転で女郎や客たちのトラブルを次々と解決していく。遊郭に出入りする攘夷派の高杉晋作(石原裕次郎)らとも交友を紡ぎ、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。

★商品詳細は特設サイトをご覧下さい★
© 日活
お電話でのご注文はこちらへ:「日活ビデオお客様相談室」0120-970-932(フリーダイヤル)
受付時間 10:00~17:00 土/日/祝日/年末年始/当社規定休業日を除く(13:00~14:00は休憩時間とさせていただきます)
電話番号がフリーダイヤルになりました。「あの映画は商品化されてる?」「在庫は?」「どんな作品内容?」等、リリース作品につきましては全てこちらの窓口で情報をご案内。もちろん電話注文も承っております。通話料は「日活ビデオお客様相談室」が負担いたしますので、お気軽にご相談ください。

ピックアップサイト Pickup site

関連サイト Related link