花の特攻隊 あゝ戦友よ

花の特攻隊 あゝ戦友よイメージ

1970年

ドルビーデジタル・モノラル/カラー/スコープ・サイズ/本編約96分

価格:3,990円(税込)

杉良太郎他若手スター陣、勇壮感涙の「特攻隊」戦記篇!


日活戦争映画特選 ~War and Peace~

解説

川内康範の原作「花の特攻隊」をもとに「女の警察 国際線待合室」の中西隆三が脚本を書き、「夜の牝 花のいのち」の森永健次郎が監督した戦争と青春をみつめたドラマ。撮影は「女の警察 国際線待合室」の山崎善弘が担当。

ストーリー

昭和十八年。戦局はすでに日本の不利に展開し始めていた。学徒動員で、軍需工場で働く浜村真吉(杉良太郎)は、次々と志願していく友人達を見てじっとしてはいられなかった。父の戦死の報をうけた真吉は、母や恋人の三保(和泉雅子)を残し、学友の田川(三ツ木清隆)や内藤(藤竜也)とともに土浦の海軍航空隊に志願した。 土浦での規律と訓練は苛烈だった。田川や内藤と励ましあいながら頑張る真吉だが、中には脱走したり女と心中する落伍者もいた。戦局は敗戦の色濃く、各都市は空襲に晒されていく中、田川が練習機で墜落死した。友の遺体に、真吉は涙をこらえることが出来なかった。 やがて、同期の桜たちとともに、海軍飛行少尉を拝命した真吉は、戦闘機乗りとして鹿屋基地に配属された。基地でのでの特攻教育は、実戦部隊だけに更に厳しいものだった…。

特典

・ 解説書封入(予定)

・ フォトギャラリー(予定)


スタッフ

 監督:森永健次郎 原作:川内康範 脚本:中西隆三 撮影:山崎善弘

キャスト

 杉良太郎 藤竜也 浜田光夫 岡崎二朗 沖雅也 和泉雅子 梶芽衣子 丹波哲郎