野獣の青春 HDリマスター版

野獣の青春イメージ1場面写真1場面写真2

1963年

カラー/ドルビー・デジタル・モノラル/スコープ・サイズ/92分

価格:1,890円(税込)

現実を信じるな!リアリズムを打ちのめせ!

世界を驚愕させた宍戸錠×鬼才・鈴木清順のハードボイルドアクションの傑作!

解説

宍戸錠の持つ野獣のような魅力。鈴木清順のスタイリッシュな映像美と戯作精神。量産された日活アクションのなかで、燦然と輝く“異質”の魅力。和製ハードボイルドの雄・大藪春彦の「人間狩り」を原作に、清順監督が自由なまでにあの手この手を盛り込んだ快作。ユニークなキャラクターが続々と登場するが、なかでも川地民夫の殺し屋“すだれの秀”は秀逸!


佐藤利明(娯楽映画研究家)

ストーリー

連れ込み宿で男と女が死んでいた。男は竹下公一、現職の刑事だった。数日後、盛り場のチンピラたちをやっつけてまわるカッコいい風来坊が現われた。たちまちジョーというその男は野本組の用心棒におさまりのし歩いたから、野本組と睨み合っている三光組の小野寺や武智をひどく刺激した。野本組には麻薬につながるコールガールの大がかりな組織があり、それを操る謎の支配者がいるらしい。竹下の四十九日の法事の日ジョーが未亡人のくみ子に挨拶しているのを刑事の広川は見た。ジョーはもと刑事、ふとしたことから免官されグレてしまったのをなにくれとなくかばったのが同僚竹下だった。その夜、いつものように野本らと麻薬商柴田との取引きがあった。帰途柴田は武智に売上げの一千万円を強奪された。


スタッフ

監督:鈴木清順、原作:大藪春彦、脚色:池田一朗 山崎忠昭

キャスト

宍戸錠 木島一郎 渡辺美佐子 鈴木瑞穂 小林昭二