『ウィーアーリトルゾンビーズ』香港国際映画祭正式招待決定!サンダンス、ベルリンで"日本映画初"の受賞を果たした本作が、ついにアジア上陸! ニュースアーカイヴ

[映画]
『ウィーアーリトルゾンビーズ』香港国際映画祭正式招待決定!サンダンス、ベルリンで"日本映画初"の受賞を果たした本作が、ついにアジア上陸!
2019年02月21日(木曜日)

2017年に第33回サンダンス映画祭「ショートフィルム部門」で、日本映画初のグランプリを獲得した長久允監督の長編デビュー作『ウィーアーリトルゾンビーズ』が、2019/3/18~4/1に開催される第43回香港国際映画祭に正式招待されることが決定しました!

WALZ_P0.jpg
©2019"WE ARE LITTLE ZOMBIES"FILM PARTNERS


アジア最大級の映画祭である香港国際映画祭(HKIFF)は1976年に設立され、香港・中国語・アジア圏の映画やそのフィルムメーカーたちを世界に広める先駆けとして、アジアで初めて開催された国際映画祭です。

昨年は60の国と地域から237本の作品が出品され、13の会場で上映。本映画祭は「香港影視娯楽博覧(Entertainment Expo)」の中の一つで、併設する映画マーケット"香港フィルマート"とあわせ多くの来場者を誇る香港最大の文化イベントとして、インディーズからメジャー作品、実写・アニメ・ドキュメンタリーと多彩なラインナップの映画が上映されます。

この度、正式招待が決定したのは、Fantastic Beats部門。若い世代に向けてつくられ、その中でもオリジナリティが評価された作品を選ぶ本部門は、日本映画を多数招待。本年は5作品が同部門に招待され、そのうち本作を含む4作品が日本映画です。

本部門のプログラムマネージャーを務めるアルヴィン・ツェ氏は「目が覚めるようなすばらしいビジュアルと音楽で、新しい世代による、新しい世代のために作られた、人々を魅了してやまない特別なデビュー作品」(英語:With stunning visual and music, a spell-binding and unique debut which is created for (by) the new generation.)と、本作の選出理由について話しています。

本作は、本年度の第35回サンダンス映画祭では日本映画初となる《審査員特別賞オリジナリティ賞》を受賞。さらに先日行われた第69回ベルリン国際映画祭では「ジェネレーション14plus部門」のオープニング作品に選出され、準グランプリにあたる《スペシャル・メンション賞》を日本映画として初受賞しています。

世界中の映画祭を席巻している本作は日本公開前にも拘わらず、フランスの映画配給会社ARP Sélection、『万引き家族』『この世界の片隅に』など幅広いジャンルの日本作品を多数配給している香港最大手の映画配給会社 Edko Films Ltd.、『あん』『そこのみにて光輝く』などの作家性の高い日本映画や『婚約者の友人』『私はあなたのニグロではない』など世界各国の良質な作品を配給している台湾のJoint Entertainment International Inc.、そして中国の映画配給会社といった4カ国で既に配給が決定しています。

さらに今後は、3/8から行われるスウェーデン日本映画祭への招待も決定しているなど、海外映画祭からのオファーが後を絶たず、世界から熱視線を浴びる本作の快進撃が続いています。

WALZ_main.jpg
©2019"WE ARE LITTLE ZOMBIES"FILM PARTNERS


第43回 香港国際映画祭
----------
会期:2019/3/18~4/1 *現地時間
開催場所:中国 香港
----------

北米・サンダンス、ヨーロッパ・ベルリンで"日本映画初"の受賞を果たし、世界から注目を集める『ウィーアーリトルゾンビーズ』に、ご期待ください!!


映画『ウィーアリトルゾンビーズ』2019年6月全国公開!


両親が死んだ。悲しいはずなのに泣けなかった。
彼らはゴミ捨て場でとびきりのバンドを組むと決めた。こころをとりもどすために

物語の主人公であり、劇中バンド<リトルゾンビーズ>を演じるのは、『そして父になる』で福山雅治の息子役を演じた二宮慶多、テレビCMや『クソ野郎と美しき世界』での好演も記憶に新しい中島セナ、ドラマ『嘘の戦争』など多くの作品に出演するぽっちゃり俳優・水野哲志、天才似顔絵師として話題の奥村門土。4人の新しい才能の発掘により、瑞々しくもかつてない少年少女像が誕生。また、佐々木蔵之介、永瀬正敏、菊地凛子、池松壮亮、村上淳など日本を代表する豪華名優たちも、監督の才能に共感して大集結!「音楽を通じて成長する子どもたち」といった普遍的な物語を、まるで冒険RPGゲームを想起させるかのようなギミック満載の映像や、天性のリズム感で放たれ続ける台詞回しなどで表現。その独創的スタイルが、観る者の想像力を掻き立てる!

---------------
ウィーアリトルゾンビズ
脚本・監督:長久允
出演:二宮慶多 水野哲志 奥村門土 中島セナ
佐々木蔵之介 工藤夕貴 池松壮亮 初音映莉子 村上淳 西田尚美 佐野史郎 菊地凛子 永瀬正敏
製作幹事:電通
配給:日活
制作プロダクション:ROBOT
特別協賛:フェイスマスクルルルン/グライド・エンタープライズ
©2019"WE ARE LITTLE ZOMBIES"FILM PARTNERS


映画『ウィーアーリトルゾンビーズ』関連ニュース

ベルリン国際映画祭授賞式の模様
ベルリン国際映画祭オープニングセレモニーの模様
サンダンス映画祭授賞式の模様
サンダンス映画祭ワールドプレミア上映の模様
第69回ベルリン国際映画祭正式招待決定
公開決定&サンダンス映画祭正式招待決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg