直木賞作家・西加奈子氏原作、再生と感動の物語『まく子』2019年3月全国公開決定!第一弾チラシ&場面写真解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
直木賞作家・西加奈子氏原作、再生と感動の物語『まく子』2019年3月全国公開決定!第一弾チラシ&場面写真解禁!
2018年09月20日(木曜日)

第152回直木賞受賞後の第一作目として2016年に発表し、子どもと大人の狭間にいる思春期の成長物語として高い評価を受けた西加奈子氏原作の映画化『まく子』2019年3月テアトル新宿ほか全国公開決定です!

直木賞作家・西加奈子原作、現代を生きる大人たちへ贈る、再生と感動の物語。

小さな温泉街に住む小学5年生の男の子・慧(さとし)は、不思議な魅力をもつ美少女・転入生のコズエと出会い、彼女の大きな秘密を知ることで今まで見てきた世界-日常-が優しく塗りかえられ、ほんの少しだけ大人へと近づいていきます。本作は、思春期ならではの葛藤、親と子の確執と再生を、西氏ならではの独自の世界観はそのままに、誰しもに訪れる"奇跡"を描いた物語です。

原作は、テレビ朝日「アメトーーク!」読書芸人大賞2016で又吉直樹さん(ピース)のおすすめ作品として紹介されたことで更なる話題となり、子どもだけなく、"かつての子どもたち"に向けられた小説として幅広い世代に読まれています。

主人公・慧役を演じるのは、中学3年生の山﨑光さん。2010年『ちょんまげぷりん』(中村義洋監督)で映画デビューし、その後『ツナグ』(平川雄一朗監督)、『真夏の方程式』(西谷弘監督)などに出演。本作で、14歳にして初主演を務めます。

映画の重要な鍵を握る謎の転入生・コズエ役は、原作のイメージそのままに役を体現した新星美少女、13歳の新音(にのん)さん。雑誌「VERY」の人気専属モデル・クリス-ウェブ佳子さんの長女で、RADWIMPS「狭心症」のミュージックビデオや、第68回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門正式招待作品『Blue WindBlows』(富名哲也監督)に出演。映画出演は本作が2作目で、今後の活躍が期待される若手注目女優の一人です。

makuko_main.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


そして、女の人が大好きなダメな父親だけれど、息子の成長を陰ながら見つめ背中をそっと押す父・光一役は、2017年9月「新しい地図」として始動した草彅剛さん。主演作『光へ、航る』(太田光監督)を収めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が2週間限定公開ながら28万人以上を動員し大ヒット、さらに現在公演中の舞台「バリーターク」(演出:白井晃)では主演を務めるなど、役者として更に目覚ましい活躍をみせています。

さらに思春期の息子を温かく見守る慧の母・明美役は、1998年にNHK朝の連続テレビ小説「天うらら」でデビューしてから、数々の作品に出演を果たし、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」にて20年ぶりの朝ドラ出演として話題の女優・須藤理彩さんが務めます。

メガホンをとったのは、長編第一作目『くじらのまち』が第34回PFFアワード2012グランプリとジェムストーン賞をW受賞したほか、海外映画祭でも高い評価を受けるなど、国内外問わず注目を集める新進気鋭の若手・鶴岡慧子監督。

5月に映画化決定が発表されると、原作ファンより「これは観に行かなくちゃ!」「意表を突くキャスティング」と大きな反響が巻き起こり、早くも話題となっています。


原作者・西加奈子がインスピレーションで描いた原作本の表紙イラストが第一弾チラシに!場面写真とともに解禁!

映画『まく子』第一弾チラシが完成!チラシ表面には、著者・西加奈子氏によって描かれた、読者をじっと見つめる"猿"がデザインされています。

原作本の装幀を手がけた鈴木成一氏と西氏は、当初、美少女コズエを正面から描いた絵を表紙にする予定でいました。しかしある日「どうしても猿の絵が描きたくなった」という西氏の申し出に、鈴木氏も担当編集者も一瞬戸惑いつつも、完成した猿の絵をみた鈴木氏の「すごくいいね。これでいきましょう」という一言が、この印象的な表紙誕生の決め手になりました。

makuko-chirashi1_omote.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


西氏はこれまでも自著の装幀の多くを自身のイラストで飾り、「まく子」では段ボールにクレヨンで小説の独特の世界観を彩っています。

映画も西加奈子ワールドを引き継ぎつつ、子どもも大人も、そこで生きるすべてのものが愛おしくなる"再生と感動の物語"をスクリーンに映し出します。

またチラシの裏面は、主人公・慧と家族、そしてコズエの写真をメインに、慧が不思議な魅力をもつ美少女コズエに思春期ならではの戸惑いを見せるシーン、ダメな父ちゃんだけれど息子を思いやる優しさが垣間見られるシーンなど、鶴岡慧子監督が瑞々しく映し出す映画『まく子』の場面写真が入っています。

makuko-chirashi1_ura.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


第一弾チラシとともに解禁された場面写真は4点。

主人公・慧(山﨑光)と不思議な魅力を持つ転入生コズエ(新音)の距離が徐々に縮まっていく場面。

makuko_sub1.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


慧(山﨑光)のために握りたてのおにぎりを差し出す父(草彅剛)。不器用ながら息子を思いやる父の優しさに触れる場面。

makuko_sub2.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


慧の父親(草彅剛)と母親(須藤理彩)。草彅さんは、女に目がないけれど息子の成長をしっかり見つめ背中を押す父親を好演。

makuko_sub3.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


新星美少女・新音さんは、原作のイメージそのままに不思議な転入生コズエを体現。

makuko_sub4.jpg
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


9/14(金)より全国書店にて、「映画化」帯がついた原作本を展開中。「映画化」帯付き原作本をご購入いただいた方が応募できる《プレゼントキャンペーン》もスタートしますので、是非ご注目ください!


映画『まく子』2019年3月 テアトル新宿ほか全国公開!


現代を生きる大人たちへ贈る、再生と感動の物語『まく子』公開を、お楽しみに!

物語
小さな温泉街に住む小学生5年生の「ぼく」(慧)は、子どもと大人の狭間にいる。ぼくは、猛スピードで「大人」になっていく女子たちがおそろしかった。女の人とみれば、とたんにだらしなく笑う、父ちゃんみたいには絶対になりたくなかった。だから、否応なしに変わっていく自分の身体に抗おうとしていた。そんなとき、コズエがある日突然やってきた。コズエはとても変で、とてもきれいで、なんだって「まく」ことが大好きで、そして彼女には秘密があった...。

---------------
まく子
脚本・監督:鶴岡慧子
原作:西加奈子(「まく子」福音館書店刊) 
出演:山﨑光 新音 須藤理彩/草彅 剛       
配給・宣伝:日活
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)


映画『まく子』関連ニュース

映画化決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg