夏休みには野外で江戸の粋な世界を感じよう!映画『幕末太陽傳』&BS12 トゥエルビTV番組「ミッドナイト寄席」コラボイベント【東京江戸ウィーク2018】にて実施! ニュースアーカイヴ

[川島雄三監督生誕100周年プロジェクト]
夏休みには野外で江戸の粋な世界を感じよう!映画『幕末太陽傳』&BS12 トゥエルビTV番組「ミッドナイト寄席」コラボイベント【東京江戸ウィーク2018】にて実施!
2018年07月17日(火曜日)

巨匠・今村昌平監督の師として知られ、『幕末太陽傳』『洲崎パラダイス 赤信号』など数々の名作を遺す、日活クラシック映画を代表する監督の1人でもある川島雄三監督が<生誕100周年>を迎えた本年2018年、日活は映画の枠を超えた<川島雄三監督生誕100周年プロジェクト>を展開しています。

本プロジェクトの一環として、7/26~29の日程で行われる【東京江戸ウィーク2018】にて、7/28(土)映画『幕末太陽傳』&BS12 トゥエルビTV番組「ミッドナイト寄席」コラボイベントを実施します。夏休みの上野の夜、"江戸の風"を感じてみてはいかがでしょうか?

kawashimalogo-bakumatsutaiyoudenuchiwa.jpg
左)川島雄三監督生誕100周年プロジェクト公式ロゴマーク  右)野外上映会告知用うちわデザイン


映画『幕末太陽傳』× BS12 トゥエルビTV番組「ミッドナイト寄席」 コラボイベント概要

1.来場特典あり!川島雄三監督生誕100周年記念『幕末太陽傳』野外上映会

「江戸」をテーマに"日本文化"を世界中へ発信するイベント「東京江戸ウィーク2018」にて、幕末の江戸を舞台にした川島監督の代表作『幕末太陽傳 デジタル修復版』の野外上映を実施します。

野外上映会の前にはスライドを使った映画紹介で有名な、映画コメンテーターの赤ペン瀧川さんによる『幕末太陽傳』の映画添削も実施。夏の夜、笑って泣いて、新たな視点で作品を楽しめること間違いなし!

★来場特典あり★
川島雄三監督の故郷である青森県むつ市から現市長・宮下宗一郎さんが駆け付け、むつ市の名産を来場者に無料提供します。

bakumatsutaiyouden-Digital_P.jpg
© 日活


2.BS12 トゥエルビTV番組「ミッドナイト寄席」公開収録

BS12 トゥエルビで放送されている若手人気落語家によるTV番組「ミッドナイト寄席」の公開収録イベントを実施します。

出演:春風亭昇々、玉川太福、笑福亭茶光

イベントスケジュール

日程:2018年7月28日(土)
会場:上野恩賜公園噴水前広場 やぐらステージ
料金:入場無料

▼タイムスケジュール▼
17:30 映画コメンテーター赤ペン瀧川による『幕末太陽傳』映画添削VTR上映/むつ市市長ご挨拶
18:00 BS12 トゥエルビ「ミッドナイト寄席」公開収録
19:00 『幕末太陽傳 デジタル修復版』野外上映会開始
20:50 『幕末太陽傳 デジタル修復版』野外上映会終了

【東京江戸ウィーク2018】イベント公式ページは↓のロゴをクリック!

edotokyoweeklogo2.jpg


川島雄三監督生誕100周年プロジェクト

川島雄三監督<生誕100周年>を記念し、落語イベントや関連書籍出版など映画の枠組みを越えた新規コンテンツの製作と、既存の川島監督作品の世界配信や再上映など、川島監督関連事業を複合的に実施するプロジェクト。今後も様々な展開を行っていきます。

*<川島雄三監督生誕100周年プロジェクト 公式特設ページ>はコチラをご覧ください。


川島雄三監督について

巨匠・今村昌平を育て上げ、51本の映画を生み出した夭逝の天才
1918年(大正7年)2月14日、青森県むつ市に生まれる。明治大学文芸科へ進み、映画研究部所属。1938年、松竹大船撮影所助監督採用試験に合格。1943年、監督となり喜劇や風俗映画を多数製作。助監督だった今村昌平を育て、フランキー堺と名タッグを組んで『幕末太陽傳』など傑作を連発し、芦川いづみの才能を見出しデビューを助けた。松竹、日活、東宝、角川と映画会社を渡り歩き、数々の名作を日本映画界に残し、1963年6月 若くしてこの世を去る。享年45歳。
その生涯は、日本映画界を越え数々のクリエイターに影響を及ぼし、漫画「栄光なき天才たち」にも取り上げられ、『洲崎パラダイス 赤信号』は本作を愛する細野晴臣氏により「洲崎パラダイス」として楽曲化もされたほど。大傑作『幕末太陽傳』は川島監督の死後も再上映が繰り返され、舞台化、宝塚によるミュージカル化など、今も確たるファンを築き、時代を越え愛されている。

ginza24chou029.jpg
*川島雄三監督/『銀座二十四帖』撮影風景  ©日活  


映画『幕末太陽傳』について

「オールタイム・ベスト 映画遺産200 日本映画篇」第4位!
落語をモチーフにした、痛快エンターテイメント時代劇

時は、幕末、文久2(1862)年。東海道品川宿の相模屋という遊郭へわらじを脱いだ佐平次(フランキー堺)は、勘定を気にする仲間を尻目に、呑めや歌えの大尽騒ぎを始める。しかしこの男、なんと懐には、一銭も持ち合わせていなかった...。居残りと称して、相模屋に居ついてしまった佐平次は、持ち前の機転で遊女や客たちのトラブルを次々と解決していく。遊郭に出入りする攘夷派の高杉晋作(石原裕次郎)らとも交友を紡ぎ、乱世を軽やかに渡り歩くのだった。
----------
出演:フランキー堺 南田洋子 左幸子 石原裕次郎 芦川いづみ
監督:川島雄三
脚本:川島雄三 田中啓一 今村昌平
撮影:高村倉太郎 照明:大西美津男 美術:中村公彦 千葉一彦 録音:橋本文雄 音楽:黛敏郎 編集:中村正 助監督:今村昌平
(1957年/モノクロ/110分/スタンダード・サイズ/©日活)

bakumatsutaiyouden_27.jpg
©日活


TV番組「ミッドナイト寄席」について
BS12 トゥエルビで毎週土曜日16:00から放送している「夕やけミッドナイト寄席」と日本最大級の寄席動画配信サービス「ミッドナイトよせ太郎」の総称。二つ目を中心に粗削りで未完成な「芸の青春時代」をお楽しみいただけます。

BS12 トゥエルビについて
三井物産100%出資の24時間全国無料のBS放送局です。スポーツ中継や大人の趣味教養など、上質なエンタテインメント番組を総合編成でお送りしています。視聴方法は、BS+12ボタン、または3桁番号222チャンネルです。


<川島雄三監督生誕100周年プロジェクト>関連ニュース

プロジェクト始動&公式ロゴ発表


★現在公開中の日活映画ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg