映画『フジコ・ヘミングの時間』~パリ、NY、ブエノスアイレス、ベルリン、京都~世界をめぐる《特報映像》解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
映画『フジコ・ヘミングの時間』~パリ、NY、ブエノスアイレス、ベルリン、京都~世界をめぐる《特報映像》解禁!
2018年01月05日(金曜日)

コンサートを開けば即完売、"最もチケットが取りにくいピアニスト"と言われるフジコ・ヘミング"初"のドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』の世界をめぐる映像が《特報》として遂に解禁されました。

現在ヨーロッパはじめ北米、南米、ロシアなど世界中からリサイタルのオファーが絶えず、多くの人の心をとらえ、その情感あふれるダイナミックな演奏により"魂のピアニスト"と呼ばれるフジコ・ヘミング。

2018年初夏に公開される映画『フジコ・ヘミングの時間』は、スウェーデン人の父との別離、母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、聴力の喪失など苦難を乗り越え、どんな時も夢をあきらめなかった彼女の人間性と音楽、そして知られざるヒストリーにまで迫ります。

fujiko_bamen.jpg
©2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ


今回解禁された特報では"フジコの魂と音楽に触れる旅"というナレーションとともに、パリ、NY、ブエノスアイレス、ベルリン、京都と世界をめぐるフジコが映し出されます。

さらにワールドツアーで演奏する"ピアニスト"としての姿だけでなく、自宅や飼っている愛猫などプライベートに切り込んだ姿を見ることができます。


世界を魅了する魂のピアニストに迫ったドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』に、ご期待ください!


『フジコ・ヘミングの時間』2018年初夏シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!


フジコ・ヘミング プロフィール
日本人ピアニストの母と若きロシア系スウェーデン人デザイナーの父を両親としてベルリンに生まれる。父と別れ、東京で母の手ひとつで育ち、5歳から母の手ほどきでピアノを始める。東京芸術大学を経て、28歳でドイツへ留学。ベルリン音楽学校を優秀な成績で卒業。その後長年にわたりヨーロッパに在住し、演奏家としてのキャリアを積む中、レナード・バーンスタインほか世界的音楽家からの支持を獲るが、大事なリサイタル直前に聴力を失う。失意の中、ストックホルムに移住、ピアノ教師をしながら、欧州各地でコンサート活動を続ける。1999年リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD「奇蹟のカンパネラ」をリリース。クラシック界異例の大ヒットを記録した。日本ゴールドディスク大賞のクラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞。現在、世界各地からリサイタルのオファーが絶えず、年間70本近くの公演を行う。猫や犬をはじめ動物愛護への関心も深く、長年チャリティー活動も続けている。


60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング。 
いくつになっても夢を追い求める、彼女の今、そして未来を解き明かす――。

コンサートを開けば即完売、チケットがとれないと言われるピアニスト フジコ・ヘミング。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、"魂のピアニスト"と呼ばれている。本作では、聴力の喪失など苦難を乗り越え、どんな時も夢をあきらめなかった彼女の人間性と音楽を見つめる。数奇な人生を歩む彼女の"今"には、生きるヒントがたくさんつまっている。世界を巡るフジコに密着した初のドキュメンタリー映画となる。心震えるワールドツアーの演奏、自宅で愛する猫たちに囲まれて暮らす姿など、本作でしか見られないフジコ・ヘミングの素顔に迫る――。

fuzjko_P0.jpg
©2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ

---------------
映画『フジコ・ヘミングの時間
出演:フジコ・ヘミング
監督:小松莊一良
配給:日活
©2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ


映画『フジコ・ヘミングの時間』関連ニュース

クランクアップ
公開決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg