映画音楽デビュー70年記念!CD4枚組「伊福部昭 日活映画音楽大全」5/31発売! ニュースアーカイヴ

[音楽]
映画音楽デビュー70年記念!CD4枚組「伊福部昭 日活映画音楽大全」5/31発売!
2017年05月10日(水曜日)

伊福部昭先生が音楽を担当された日活映画で現存する全BGM180曲を収録したCD「伊福部昭 日活映画音楽大全」(4枚組)が、5/31(水)スリーシェルズより発売されます。

『ゴジラ』を初めとする映画音楽の作曲家として知られる伊福部昭先生は、1954年公開『泥だらけの青春』で初めて日活映画に関わり、1965年公開『日本列島』まで日活作品に音楽を提供されました。

この度発売されるCD4枚組「伊福部昭 日活映画音楽大全」には、総トラック数180、時間にすると4時間を超える音楽を収録。伊福部昭先生が11年間で担当された日活映画は全14作品ですが、残されたマスターテープは6作。OKテイクはすべて収録されています。

テープの残る6作品以外は、光学録音のBGMから特別に抽出。効果音やセリフなどのかぶらない部分を中心に出来る限り収録し、究極の大全が完成。解説は、伊福部研究の第一人者であり、理解者でもある小林淳氏が行っています。

いずれも半世紀以上前の録音ですが、重厚なオーケストラの迫力と心に染みる伊福部節の魅力に溢れ、激しくダイナミックな音楽から、社会派映画を重厚に支え、心をしめつけるメロディーまで幅広い作風が展開されます。

日活映画に残した仕事は、『ゴジラ』などの特撮映画との共通点だけでない"独自な世界"が展開されており魅力的。その仕事をまとめて、しかも体系的に聴くことのできる本作の価値は大きく、映画音楽ファン必聴の究極の「大全」です。

そうそうたる顔ぶれの監督たちの映画作品を音楽で多様に彩り、多くの弟子や作品、映画音楽を残した伊福部先生の映画音楽デビュー70年に思いを馳せながら、本作をご堪能ください。

ifukubeCD170531.jpg
©日活株式会社

----------
「伊福部昭 日活映画音楽大全」
【発売予定】2017/5/31
【発売レーベル】スリーシェルズ
【CD品番】3SCD0032
【価格】10,000円(税込)
【初回プレス枚数】200組
【解説】小林淳
【企画】西耕一(スリーシェルズ)
【マスタリング】仁木高史(スリーシェルズ)
【デザイン】田代亜弓
【協力】日活 宇都宮弘之 伊福部家 小林淳
【原盤】日活株式会社
©日活株式会社
----------

収録映画

■第1集(DISC1)
女中ッ子[監督:田坂具隆/1955年6月26日公開]【1~22】
海の野郎ども[監督:新藤兼人/1957年8月20日公開]【23~35】

■第2集(DISC2)
その壁を砕け[監督:中平康/1959年6月23日公開]【1~19】
帝銀事件 死刑囚[監督:熊井啓/1964年4月12日公開]【20~51】

■第3集(DISC3)
日本列島[監督:熊井啓/1965年5月26日公開]【1~26】
ビルマの竪琴 総集篇[監督:市川崑/1956年2月12日公開]【27~52】

■第4集(DISC4)
泥だらけの青春[監督:菅井一郎/1954年9月21日公開]【1~8】
銀座の女[監督:吉村公三郎/1955年4月1日公開]【9~12】
三つの顔[監督:井上梅次/1955年8月9日公開]【13~18】
続 警察日記[監督:久松静児/1955年11月16日公開]【19~23】
銀心中[監督:新藤兼人/1956年2月5日公開]【24~27】
神阪四郎の犯罪[監督:久松静児/1956年2月25日公開]【28~33】
流離の岸[監督:新藤兼人/1956年6月21日公開]【34~38】
殺したのは誰だ[監督/中平康/1957年7月3日公開]【39~42】

※収録音源はマスターテープ由来のノイズがございます。


CD4枚組「伊福部昭 日活映画音楽大全」2017/5/31(水)発売!


*ご購入につきましてはコチラをご覧ください。


伊福部 昭(作曲)
1914年5月31日、釧路町幣舞にて誕生、音更にて育つ。アイヌとともに育った幼少時が音楽的原体験となる。伊福部家の家学は『老子』、幼い頃から父に教え込まれる。北海道帝国大学農学部林学科に進みつつ音楽を独学、ヴァイオリンを弾く。二人の兄や、早坂文雄、三浦淳史らと、ストラヴィンスキー、ラヴェル、サティなどに触れ、熱き音楽的青春を過ごす。21歳の時「日本狂詩曲」がチェレブニン賞を受賞するが、大学卒業後は林務官として北海道に留まる。戦後、1946年に作曲家として生きる決意を胸に32歳で上京。東京芸大講師として芥川也寸志、村松禎三、黛敏郎等を育てる傍ら、多くの映画音楽を生み出した。1954年40歳、映画『ゴジラ』の音楽を担当、日本の映画音楽において奇跡的出会いであった。同年、初の交響曲「シンフォニア・タプカーラ」を発表。多くの作品、弟子、映画音楽を残して、2006年2月8日に91歳でこの世を去った。


スリーシェルズ公式サイト
https://www.3s-cd.net/

スリーシェルズ公式Twitter
https://twitter.com/johakyu_


その他のスリーシェルズ関連CD情報

4/19発売「黛敏郎 日活ジャズセレクション」
4/17発売「渡辺宙明 日活映画音楽大全」


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg