スクリーンに炸裂する青春のビートリズム!黛敏郎初のジャズCD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」4/19発売! ニュースアーカイヴ

[音楽]
スクリーンに炸裂する青春のビートリズム!黛敏郎初のジャズCD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」4/19発売!
2017年04月03日(月曜日)

黛敏郎先生初のジャズCD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」が、4/19(水)スリーシェルズより発売されます。

黛敏郎先生は、1954年公開『女人の館』から1969年公開『私が棄てた女』まで、日活映画61作品の音楽を担当されました。

このCDは、クラシック、現代音楽、電子音楽など様々なジャンルに精通する黛敏郎先生が作曲した日活映画音楽で現存する1502トラックの音源より"ジャズ的なフィーリングがきわだつトラック"をセレクション。

ブルーコーツのピアニストとして活躍し、ジャズイディオムを活用した現代音楽を発表した黛先生らしい輝かしくもクールなジャズから、ユーモアあふれるダンスホール系ジャズまで幅広く収録されています。

これまで知られにくかったジャズメンとしての才能が、本CDで明らかに!和ジャズファン、シネジャズファンのマストアイテムが、完成です!

時折、ジャズを逸脱する"黛センス"にも注目してお楽しみください!

mayuzumiJAZZ_170419CD.jpg


----------
「黛敏郎 日活ジャズセレクション」
【発売予定】2017/4/19
【発売レーベル】スリーシェルズ
【CD品番】3SCD0030
【価格】2,778円/税抜(税込:3,000円)
【作曲】黛敏郎
【収録曲数】52曲(映画27作品から)
【企画構成解説】】西耕一(スリーシェルズ)
【マスタリング】仁木高史(スリーシェルズ)
【デザイン】橘川琢
【協力】日活 宇都宮弘之
【原盤】日活株式会社
©日活株式会社
----------

*曲目など詳細はコチラをご覧ください。

※収録曲はマスターテープ劣化に起因するノイズがございます。

収録映画情報

幕末太陽傳[監督:川島雄三/1957年7月14日公開]
四季の愛欲[監督:中平康/1958年6月10日公開]
続夫婦百景[監督:井上梅次/1958年11月4日公開]
果しなき欲望[監督:今村昌平/1958年11月18日公開]
不道徳教育講座[監督:西河克己/1959年1月9日公開]
才女気質[監督:中平康/1959年4月15日公開]
密会[監督:中平康/1959年11月11日公開]
学生野郎と娘たち[監督:中平康/1960年2月21日公開]
青年の樹[監督:舛田利雄/1960年4月29日公開]
狂熱の季節[監督:蔵原惟繕/1960年9月3日公開]
あした晴れるか[監督:中平康/1960年10月26日公開]
豚と軍艦[監督:今村昌平/1961年1月21日公開]
あいつと私[監督:中平康/1961年9月10日公開]
憎いあンちくしょう[監督:蔵原惟繕/1962年7月8日公開]
当たり屋大将[監督:中平康/1962年8月26日公開]
若くて悪くて凄いこいつら[監督:中平康/1962年9月9日公開]
泥だらけの純情[監督:中平康/1963年2月10日公開]
何か面白いことないか[監督:蔵原惟繕/1963年3月3日公開]
月曜日のユカ[監督:中平康/1964年3月4日公開]
黒い太陽[監督:蔵原惟繕/1964年4月24日公開]
私、違っているかしら[監督:松尾昭典/1966年7月29日公開]
愛と死の記録[監督:蔵原惟繕/1966年9月17日公開]
アジア秘密警察[監督:松尾昭典/1966年12月10日公開]
非行少年 陽の出の叫び[監督:藤田繁夫/1967年6月3日公開]
経営学入門 ネオン太平記[監督:磯見忠彦/1968年4月13日公開]
私が棄てた女[監督:浦山桐郎/1969年9月3日公開]
アラブの嵐[監督:中平康/1961年12月24日公開]


CD「黛敏郎 日活ジャズセレクション」2017/4/19(水)発売!


黛敏郎とジャズ

黛敏郎(1929-1997)はジャズだけでなく、電子音楽、ミュージカル、バレエ、シンフォニー、オペラ、歌謡曲など様々なジャンルへ作曲をしている。司会と企画構成を担当したテレビ番組『題名のない音楽会』は「ベートーヴェンから浪速節まで」とキャッチコピーがついていたほどに幅広い内容で毎週放送されていた。

幅広い創作・活動ジャンルのなかでも「ジャズ」は特に重要な部分を担っている。東京藝大の前身である東京音楽学校の学生のころから進駐軍のクラブでピアノを演奏していた経験は、その後の黛のさまざまな作品にも反映されている。1945年の終戦から解禁され、進駐軍と共に圧倒的に広がっていった「ジャズ」。それは新鮮かつ、若いエネルギーの象徴であったろう。黛自身も、その魅力に取りつかれ、ダンスホールに仲間と遊びに繰り出し、ジャズをエンジョイしていたし、ミュージシャンとしてもジャズオーケストラ「ブルーコーツ」にピアニストとして一年ほど在籍し、演奏・編曲などを担当して身体にジャズをなじませていた。その経験は実作にも反映されており、ジャズを取り入れた現代音楽を発表して、学生時代から注目された。たとえば18歳の黛が作曲したピアノとドラムスのための『オール・デウーヴル』(1947)はブギウギ、ルンバ、ラグタイムなどを斬新にとりいれたアヴァンギャルドなサウンドが知られる。これは、いまでも古びることない強烈な音楽である。同級生の矢代秋雄は「飛んでもない!」と驚きの感想を残している。いくら戦後の自由な時代とはいえ、日本のクラシック音楽界の牙城としてアカデミックの頂点を極めて、それを学び、普及させるはずの東京音楽学校の生徒が、それをぶち壊そうという音楽を作曲したわけだから、驚きだけでなく周囲の反応も予想されよう。黛が自分で演奏したという初演では、会場から失笑も聴かれたという。

しかし、黛はさらに奮起して、アヴァンギャルドの歩みを進める。その後の音楽学校卒業作品『10楽器のためのディヴェルティメント』(1948)でもジャズ要素をちりばめつつ、クラシック的な構成感ももって仕上げており、当時の日本クラシック界に鳴り物入りのデビューを果たした。この曲は、その後すぐにSPレコードにもなっており、若手作曲家としては異例の注目と活躍。「アプレゲール(戦後世代)の反逆児」と呼ばれたこともあった。東京音楽学校を卒業するとすぐに、フランスへ留学して、最新の現代音楽を学び、それと同時にシャンソンなどのポピュラー音楽も吸収して、本格的な活動を開始する。

帰国後には、現代音楽とジャズを融合させたオーケストラ作品としてラテン打楽器やサックスを大胆に取り入れ、ビッグバンドジャズの爆発的なエネルギーを管弦楽へ異化させた《饗宴》(1954)が知られている。アメリカで指揮者のバーンスタインが紹介して世界で話題を呼んだ。ちなみに「ウェストサイドストーリー」は1957年初演であり、黛敏郎からインスパイヤされたのではという話もある。《饗宴》と同じく、ジャズ語法を特化させた《トーンプレロマス55》(1955)では、オーケストラから弦楽器を排除して、それこそ完全にビッグバンドのホーンセクションを増強したようなマッチョかつ、ブリリアントなサウンドで聴き手を圧倒した。この《トーンプレロマス55》では、途中で当時流行した「マンボ」が引用される部分もあり、斬新なユーモアセンスにも驚かされる。


スリーシェルズ公式サイト
https://www.3s-cd.net/

スリーシェルズ公式Twitter
https://twitter.com/johakyu_

黛敏郎メモリアル情報
https://www.3s-cd.net/concert/mm/

黛敏郎サイト
http://www003.upp.so-net.ne.jp/johakyu/

黛敏郎Facebook
https://www.facebook.com/mayuzumitoshiro/


★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg