映画監督・鈴木清順氏 逝去のお知らせ ニュースアーカイヴ

[訃報]
映画監督・鈴木清順氏 逝去のお知らせ
2017年02月22日(水曜日)

日活株式会社OBの映画監督である鈴木清順氏が、2017年2月13日 午後7時32分、慢性閉塞性肺疾患のため亡くなられました。享年93歳。

鈴木清順監督は、1956年『港の乾杯 勝利をわが手に』で映画デビュー。以後『東京流れ者』『殺しの烙印』『ツィゴイネルワイゼン』などの映画で知られ、その作品は世界中の映画ファン、映画製作者に多大な影響を与えました。遺作は2005年公開『オペレッタ狸御殿』。

生前の偉大なご功績に深い感謝の意と尊敬の念をもって、謹んで哀悼の意を表します。

seijun_suzuki.jpg
撮影:本多晃子