白石和彌監督の初ロマンポルノ作品『牝猫たち』本予告解禁!注目のロックバンド「ミオヤマザキ」の楽曲が挿入歌に! ニュースアーカイヴ

[映画]
白石和彌監督の初ロマンポルノ作品『牝猫たち』本予告解禁!注目のロックバンド「ミオヤマザキ」の楽曲が挿入歌に!
2016年11月29日(火曜日)

*45th ROMAN PORNO REBOOT*

『凶悪』(13)、『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督が、28年ぶりに復活するロマンポルノに初めて挑んだ最新作『牝猫たち』が、ロマンポルノリブートプロジェクト【第3弾】として2017/1/14(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。その予告篇が解禁されました。
             
本作は、今年2016年で製作開始から45周年を迎えた、日活ロマンポルノ・リブート・プロジェクトの一環で製作された作品。白石和彌監督のほか、塩田明彦監督、園子温監督、中田秀夫監督、行定勲監督ら第一線で活躍する監督陣が、28年ぶりのロマンポルノ新作となる《完全オリジナル作品》を撮りおろしたことも話題となっています。

白石監督は本作で、現代社会を逞しく生きる女性のいまをジャーナリスティックな視点で捉え、名匠・田中登監督の『牝猫たちの夜』(72)にオマージュを捧げています。

RPR_shiraishi_1129_01.jpg
©2016日活


新生ロマンポルノと、リアルな女性の心情を歌い話題のロックバンド「ミオヤマザキ」のコラボが実現!

予告篇では、池袋の夜街を舞台に、ワーキングプア、シングルマザー、不妊症...それぞれの悩みを抱えながら颯爽と現代を生き抜く女たちと、それを取り巻く男たちの群像劇が描かれています。

さらに今回の予告篇で、本作のために書き下ろされた挿入歌「Dawn of the Felines」が解禁!楽曲を担当したのは、恋愛の影を描いた鮮烈な楽曲が若い女性からの支持を得て、1stアルバム「anti-these」(11/2発売)がオリコンアルバム・デイリーチャート初登場9位と大きな注目を集める4人組ロックバンド「ミオヤマザキ」。

女性のリアルな心情を歌うことで熱狂的に支持される「ミオヤマザキ」の持つ世界観と、本作で描かれる登場人物たちの心情がリンクすることから、白石監督も「街を彷徨う女たちの刹那と孤独をしっかりと表現してくれました」と太鼓判。

書き下ろしていただいた新曲(インストルメンタル)は、『牝猫たち』の英語タイトルとなる「Dawn of the Felines」と同様のタイトルで、新しい表現に挑戦する"新生・ロマンポルノ"と、恋愛のタブーを表現してきた「ミオヤマザキ」による、まさに新時代の到来を予感させるコラボレーションが実現しました。

『牝猫たち』予告篇は【ロマンポルノリブートプロジェクト公式サイト】で、ご覧いただけます。

【ロマンポルノリブートプロジェクト公式サイト】には、ロマンポルノ公式サイト経由で《年齢認証後》にお入りください。※18歳未満閲覧禁止


白石和彌監督 コメント
ミオヤマザキさんの楽曲が街を彷徨う女たちの刹那と孤独を、そして秘密の緊縛パーティーの猥雑さをしっかりと表現してくれました。

ミオヤマザキ Vo.ミオ コメント
正直"ロマンポルノ"と初めて聞いた時、私は知らなかったし、話を聞いてもただのエロ映画だと思っていました。ごめんなさい。でも今は違います。芸術か?ワイセツか?どっちでもないです。答えなんかないです。でもそれでよくて、たぶんそれが"ロマンポルノ"なんだなって思いました。SEXって、大人が思っているほど悪影響なんかないし、すごく性というものに興味をそそられる年代に"見るな" "ヤるな" といくら大騒ぎしたところで効果はないと思います。私の個人的な感情ですが、年齢制限なんか取るべきだと思っています。そして、できるだけ多くの女性に見ていただきたい作品です。(ミオヤマザキ Vo.ミオ)


『牝猫たち』2017/1/14(土)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!


白石和彌監督初ロマンポルノ作品と、注目の4人組ロックバンド「ミオヤマザキ」のコラボに、ご期待ください!


『牝猫たち』作品概要

池袋の風俗店「極楽若奥様」で働く3人の"牝猫たち"。呼び出された男たちと体を重ね、そして、また夜が明ける―ワーキングプア、シングルマザー、不妊症...それぞれの悩みを抱えながら、颯爽と現代を生き抜く女たちと、それを取り巻く男たちの物語。

RPR_shiraishi_P.jpg
©2016日活


2016/11/20に45周年を迎えた<日活ロマンポルノ>とは?
「日活ロマンポルノ」は、日活が1971年に打ち出した「10分に1回の濡れ場」が代名詞の映画レーベル。1971/11/20に『団地妻 昼下りの情事』(西村昭五郎監督/白川和子主演)と、『色暦大奥秘話』(林功監督/小川節子主演)の2作品が初めて公開。「10分に1回絡みのシーンを作る、上映時間は70分程度」などの一定のルールと、製作条件を守れば比較的自由に映画を作ることができたため、チャンスを与えられた若手監督たちは限られた条件の中で新しい映画作りを模索し、さまざまな表現に挑戦できました。製作終了した1988年までの17年間に、約1,100本もの作品を継続して公開し続けた結果、映画史において、最もセンセーショナルな作品レーベルとして、現在も国内外で高く評価されています。

BSスカパー!では新作公開の同日深夜0時 【R15+版】を放送!
豪華監督陣による完全オリジナルの新作ロマンポルノを、「新作製作 powered by BSスカパー!」として製作開始。新作公開に併せ、BSスカパー! (BS241/プレミアムサービスCS585) にて、各作品の劇場公開同日の深夜0時より【R15+版】の放映を行います。

RPR_P.jpg
©2016日活


【ロマンポルノリブートプロジェクト公式サイト】には、ロマンポルノ公式サイト経由で《年齢認証後》にお入りください。※18歳未満閲覧禁止


ロマンポルノリブートプロジェクト関連ニュース

『ANTIPORNO』ポスター&キャスト解禁
『牝猫たち』ポスター&キャスト解禁
第2弾『風に濡れた女』本予告&ポスター解禁
第1弾『ジムノペディに乱れる』本予告&ポスター解禁
劇場公開日にR15+版をBSスカパー!で放送
劇場予告解禁&公開日決定
完成報告記者会見の模様
監督陣一挙発表
日活ロマンポルノ再始動


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg