超仮想現実〔バーチャルなリアル〕をサバイブせよ。『VR ミッション:25』予告篇解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
超仮想現実〔バーチャルなリアル〕をサバイブせよ。『VR ミッション:25』予告篇解禁!
2016年08月11日(木曜日)

近未来のニューヨークを舞台に、仮想空間でのスリリングな戦闘を描くSF作品『VR ミッション:25』が、11/19(土)より池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開されます。その予告篇映像が、解禁されました!

本作は、ミステリアスな最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」の体験版をいち早くプレイできるという、夢のような招待状を受け取ったオンラインゲームのエリート8人が、命がけのリアルな戦闘に巻き込まれるSFアクション・スリラー。

近未来のオンラインゲームで生身の人間(犯罪者)たちが遠隔操作されて戦うジェラルド・バトラー主演の『GAMER ゲーマー』(09)や、人気YA(ヤングアダルト)小説を基に謎の巨大迷路に囚われの身になった記憶を消された若者たちの脱出劇を描いた『メイズ・ランナー』(14)といったSFアクションを彷彿とさせる、ゲーム感覚満載のソリッドな本作。

公開された予告篇は、ある「ゲーム」のベータ版テストに集められた参加者たちが、ビルの一室で顔を合わせるシーンから始まります。指示されるがまま次々と装備を身に着け、ゲームを開始するためヘルメットのシールドを下ろすと、目に見える光景は超高精細の仮想空間へと一変!

プレイヤー自身がゲームのキャラクターになり、銃やナイフを持ってテロリストと死闘を繰り広げる、迫力のアクションが満載。しかし、ミッションを遂行させていくにつれ、プレイヤーが感じる「痛み」が、「現実」の肉体にもダメージを与えている事実に気付き、参加者たちは恐怖にうろたえ始めます。

今、見えている世界は、本当にVR<仮想現実>なのか?プレイヤーを翻弄する首謀者は、一体何者なのか?

スリリングかつ骨太なアクションに加え、逃げ場のない閉鎖空間で追い詰められていくサスペンスフルな予告映像を、ご覧ください!


VR元年とも言われる、2016年。そんなVRの近未来に対する警告でもある本作に、ご期待ください!


2016年11月19日(土)池袋HUMAXシネマズ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開!


STORY
近未来のニューヨーク。閑散とした高層ビルにある「ザイバツ・コープ」社のオフィスに、8人の男女が集められた。彼らはオンラインゲームの名手で、最新テクノロジーを総動員して作られた最新型バーチャル・リアリティ・ゲーム「ザ・コール・アップ」をいち早く体験できるという、夢のようなチャンスを得たのだ。彼らは高分子マトリックス製のスーツとヘルメットを着用し、完全没入型のバーチャル・リアリティ・ゲームのプレイを始める。リアルな戦場さながらのゲームの世界に興奮するのも束の間、彼らはすぐにこのゲームが罠であることに気づく......。

VR_mission25.jpg
©The Call Up Limited 2015


映画『VR ミッション:25』
監督:チャールズ・バーカー
製作:マシュー・L・ウィルキンソン ジョン・ジワ=アムー
出演:マックス・ディーコン モーフィッド・クラーク アリ・クック
原題:THE CALL UP
2016年/カラー/DCP/90分/英語/イギリス
提供:日活
配給:REGENTS 日活
宣伝:ポイント・セット
協力:松竹
©The Call Up Limited 2015


映画『VR ミッション:25』関連ニュース

公開決定


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg