初主演映画『ヒメアノ~ル』で、森田剛さんが世界へ!ウディネ・ファーイースト映画祭にてワールドプレミア決定! ニュースアーカイヴ

[映画]
初主演映画『ヒメアノ~ル』で、森田剛さんが世界へ!ウディネ・ファーイースト映画祭にてワールドプレミア決定!
2016年04月12日(火曜日)

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実氏による衝撃の問題作を、森田剛さん初主演で完全映画化した映画『ヒメアノ~ル』が、5/28(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開されます!

その衝撃描写ゆえ【R15+】指定となった本作ですが、イタリアで行われる【第18回ウディネ・ファーイースト映画祭】コンペティション部門に正式出品され、現地時間4/25(月)にワールドプレミアが行われることが決定しました!

ウディネ・ファーイースト映画祭は、イタリアの都市・ウーディネで開催される映画祭で、東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを旨とし、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの良作を選出。今年は、現地時間4/22(金)~30(土)の日程で開催されます。

本作が選出されたコンペティション部門の対象となる賞は《観客賞》《ブラック・ドラゴン観客賞》《マイ・ムービーズ観客賞》の3つで、毎年日本映画にも多くの注目が集まり、2014年に『永遠の0』が観客賞を受賞した他、過去にも多くの作品が賞を受賞しています。

今回の正式出品を受け、映画祭には森田剛さんと吉田恵輔監督が参加予定。初主演にして、海外映画祭に選出されるという快挙で、森田剛さんが世界へ!

本作は、いち早く映画を鑑賞した全国の映画館スタッフの間で、早くも話題沸騰!

「誰も観たことのない森田剛が、ここにいます。必見です」
「ユーモアと恐怖が交じり切なくも悲しく、生気を抜かれる様でした」
「フィクションとは思えない怖さ!」
「これほど引き摺る作品には出会った事が無い!」
「劇場で上映してはいけないと思うほど衝撃的だった!」

と、続々コメントが到着。さらに、原作者・古谷実氏からも、「客観的にとても楽しく観られました。すべてのスタッフの方々に感謝しています」と太鼓判を押され、海外映画祭での受賞にも期待がかかります!

森田剛さんがタブー打破へ挑んだ[R15+]指定映画『ヒメアノ~ル』に、ご期待ください!

himeanol2770.jpg
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


----------------------------------------
めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯するーーー。
日常と狂気が交錯する、緊迫の99分。あなたの心は耐えられるか?
※【タイトル:ヒメアノ~ルの意味】 ヒメ・トカゲ=強いものの餌になる弱者
----------------------------------------

映画 『ヒメアノ~ル』 2016/5/28(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開!

----------------------------------------
映画『ヒメアノ~ル』
出演:森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ 駒木根隆介 山田真歩 大竹まこと
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載) 
監督・脚本:吉田恵輔
音楽:野村卓史
製作:日活 ハピネット ジェイ・ストーム
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg