森田剛さんが最狂の殺人鬼を怪演!『ヒメアノ~ル』日常と狂気が交錯する、緊張感漂う予告編ついに解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
森田剛さんが最狂の殺人鬼を怪演!『ヒメアノ~ル』日常と狂気が交錯する、緊張感漂う予告編ついに解禁!
2016年03月22日(火曜日)

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の人気漫画家・古谷実による衝撃の問題作を、森田剛さん主演で完全映画化し5/28(土)より全国公開される映画『ヒメアノ~ル』の予告編が、ついに公開されました!

その衝撃描写ゆえ[R15+]指定となった映画『ヒメアノ~ル』の原作は、世の不条理、屈折した感情、恋愛、友情、ポップなギャグなど、古谷実作品が持つ独特な要素を含みつつも、過激な内容がファンのあいだで物議を醸し、写化不可能とも言われた問題作かつ伝説的コミック。

解禁された予告編は、さえない人生を送るお人好しの岡田(濱田岳)とバイト先のキモい先輩・安藤(ムロツヨシ)、超カワイ人気者のカフェ店員・ユカ(佐津川愛美)との三角関係の恋愛など、若者のありふれた微笑ましい日常をコミカルに描いた前半から一転、後半は人生に絶望した森田正一(森田剛)の連続殺人鬼たる狂気に満ちた姿が映し出されます。

森田正一の無機質、無表情で迫る暴力描写はリアルで生々しく、名だたる演出家の舞台作品で演技の幅を広げ絶賛されてきた森田剛さんの表現力へ期待が高まる映像となっています。

◎予告編は、映画『ヒメアノ~ル』公式HPからご覧ください!

今回のように、二重構造で構成される予告編は極めて異例。これは本編に基づくもので、本作は前半と後半でまったく違った世界感のアプローチをしています。

吉田恵輔監督が「現場も編集も、まるで2本の作品を撮っているような感覚」と語っているように、やや大きめの芝居、フィックス重視の撮影、ポップで色味がある衣装や背景で描かれる前半から一転、後半はダークな色調でリアリティ重視の芝居、手持ちカメラワークに切り替えられています。その振れ幅大きさが作品に緊張感をもたらし、日常と狂気が交錯するスリリングなストーリーが紡がれています。

森田剛さんがタブー打破へ挑んだ[R15+]指定映画『ヒメアノ~ル』に、ご期待ください!

himeanol2770.jpg
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


----------------------------------------
めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯するーーー。
日常と狂気が交錯する、緊迫の99分。あなたの心は耐えられるか?
※【タイトル:ヒメアノ~ルの意味】 ヒメ・トカゲ=強いものの餌になる弱者
----------------------------------------

映画 『ヒメアノ~ル』 2016/5/28(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開!

----------------------------------------
映画『ヒメアノ~ル』
出演:森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ 駒木根隆介 山田真歩 大竹まこと
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載) 
監督・脚本:吉田恵輔
音楽:野村卓史
製作:日活 ハピネット ジェイ・ストーム
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg