最強のコメディテンヌ・多部未華子さんが凄すぎる!『あやしい彼女』キュートでコミカルな衝撃の七変化画像解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
最強のコメディテンヌ・多部未華子さんが凄すぎる!『あやしい彼女』キュートでコミカルな衝撃の七変化画像解禁!
2016年03月15日(火曜日)

多部未華子さん主演映画『あやしい彼女』が、4/1(土)エイプリルフールに全国公開されます!

本作は、毒舌・皮肉屋・頑固と三拍子の揃った73歳おばあちゃんが、ある日突然20歳の姿に若返ってしまったことから巻き起こる爆笑と感動の物語。

見た目20歳のキュートな容貌とは裏腹に、中味は毒舌キャラの73歳というかつてない強烈なキャラクターに挑んだ多部未華子さんの七変化画像が、この度解禁されました!

10代から女優としての道を歩む多部さんは、本格的な連ドラ出演となった「山田太郎ものがたり」(07/TBS)でテンションの高いヒロインを熱演し、コメディエンヌとしての才能を発揮。昨年放送された「ドS刑事」(15/NTV)では、悪人を好きなだけいたぶることができるという理由から刑事になった"史上最強のドS刑事"と異名を取る主人公を熱演し、異性からはもちろん同性からの支持も高い、愛され実力派女優として活躍しています。

そんな多部さんが、さらなるコメディエンヌぶりを開花させたのが本作。スカーフを被り、あやしくも可愛い表情を見せたかと思うと、クルクルパーマ&おばあちゃんファッションで腰をグルグル回しながら満面の笑みでフラフープをしたり、多部さん演じる節子が加入する前の「怪しい彼女」バンドの演奏に顔を歪ませたり、はたまた爪楊枝をくわえながら睨みをきかせたり、さらにビックリ顔やくしゃくしゃ顔、なぜかフライ返しを持って怯え顔...とキュートでコミカルな表情を披露しています。

ayakano_tabe_nanahennge.jpg
©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION


多部さん自身は本番が始まる前は至って物静か。しかし、カメラが回り始めるとスイッチが入り、まるで別人に!

『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』をはじめコメディ映画でヒットを連発してきた"コメディ映画のプロ"=水田伸生監督は、「笑いの間が完璧。何度テストを繰り返しても狂わないのは、天才」と、卓越した多部さんのコメディセンスを絶賛しています。

最強のコメディエンヌ・多部未華子さんの魅力たっぷりの本作にぜひご期待ください!


映画『あやしい彼女』2016/4/1(金)全国ロードショー!


ストーリー
可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大鳥節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな"超絶あやしい20歳"の正体は、73歳のおばあちゃんだった!戦中生まれの下町育ち、早くに夫を無くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、こうなったらとことん好きなように生きてやる!と髪型も服装もチェンジ、家族も名前も捨て去って、新たな人生をスタート。そんな彼女の天声の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。
実の娘の心配をよそに、イケメン音楽プロデューサーにスカウトされ、しがないバンドマンの孫とまさかのバンドデビュー!?長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子___そんな彼女が最後に気づく大切なものとは?

ayakano_main.jpg 
©2016「あやカノ」製作委員会 ©2014 CJ E&M CORPORATION


映画『あやしい彼女
出演:多部未華子、倍賞美津子、要潤、北村匠海、金井克子、志賀廣太郎、小林聡美
監督:水田伸生
脚本:吉澤智子
音楽:三宅一徳
劇中歌プロデュース:小林武史
製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:C&Iエンタテインメント
配給:松竹
製作:「あやカノ」製作委員会


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg