これが[R15+]指定映画!?森田剛さん主演『ヒメアノ~ル』場面写真解禁! ニュースアーカイヴ

[映画]
これが[R15+]指定映画!?森田剛さん主演『ヒメアノ~ル』場面写真解禁!
2016年02月20日(土曜日)

森田剛さんが凶悪な連続殺人犯役に挑んだ初主演映画『ヒメアノ~ル』。日常と狂気が交錯する本作は、その衝撃描写ゆえ[R15+]指定映画となりましたが、[R15+]とは思えない、ほのぼのとした日常シーンの場面写真が公開されました!

himeanol0553.jpg
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


原作「ヒメアノ~ル」は、世の不条理・屈折した感情・恋愛・友情・ポップなギャグなど、古谷実作品が持つ独特な要素を含みながら、過激な内容がファンのあいだで物議を醸し、実写化不可能ともいわれた問題作かつ伝説的コミック。恋の悩みや将来への不安を抱えた、若者のありふれた日常をコミカルに描いた前半から一転、後半は無機質な連続殺人事件が日常へ浸食するサスペンスに突入。日常と狂気が交錯する、目が離せない緊迫の展開となっています。

人間をターゲット(餌)としか思わない狂気の連続殺人鬼・森田を演じるのは、森田剛さん。錚々たる演出家の舞台作品で座長を務めてきた森田さんが、世間のイメージを大きく裏切る難役で、観る者を圧倒させます。

森田との再会によって事件に巻き込まれる岡田を演じるのは、濱田岳さん。お茶の間でも親しまれる存在の濱田さんが、本作でもブレない良い人キャラを好演。また、森田の新たな標的となるユカを佐津川愛美さん、コメディリリーフとなる安藤をムロツヨシさんが演じるなど、演技力に定評のある役者達の対決にも注目が集まります。

物語は、ビルの清掃会社でパートタイマーとして働く岡田と同僚の安藤の恋愛に悩むありふれた日常を描きつつ、のちに岡田の恋人となるユカをつけ狙う、森田剛さん演じる連続殺人犯の止まらない凶行と、その心の闇が同時進行で描かれます。

解禁された場面写真は、岡田と安藤との友情(?)カットと、岡田とユカのラブシーンの日常カット。どこにでもあるようなほのぼのとした日常は、ある日突然に終わりを告げます。場面写真からは想像もつかない"狂気"が、本編ではどう展開されるのか―?

[R15+]指定映画となった本作に、ご期待ください!

himeanol2770.jpg
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


----------------------------------------
めんどくさいから殺していい?
捕食者と被食者。この世界には、2通りの人間しか存在しない。

「なにも起こらない日々」に焦りを感じながら、ビル清掃会社のパートタイマーとして働く岡田。同僚の安藤に、想いを寄せるユカとの恋のキューピッド役を頼まれて、ユカが働くカフェに向かうと、そこで高校時代の同級生・森田正一と出会う。ユカから、森田にストーキングされていると知らされた岡田は、高校時代、過酷ないじめを受けていた森田に対して、不穏な気持ちを抱くが・・・。岡田とユカ、そして友人の安藤らの恋や性に悩む平凡な日常。ユカをつけ狙い、次々と殺人を重ねるサイコキラー森田正一の絶望。今、2つの物語が危険に交錯するーーー。
日常と狂気が交錯する、緊迫の99分。あなたの心は耐えられるか?
※【タイトル:ヒメアノ~ルの意味】 ヒメ・トカゲ=強いものの餌になる弱者
----------------------------------------

映画 『ヒメアノ~ル』 2016/5/28(土)TOHOシネマズ新宿ほか全国公開!

----------------------------------------
映画『ヒメアノ~ル』
出演:森田剛 濱田岳 佐津川愛美 ムロツヨシ 駒木根隆介 山田真歩 大竹まこと
原作:古谷 実「ヒメアノ~ル」(ヤングマガジンKC所載) 
監督・脚本:吉田恵輔
音楽:野村卓史
製作:日活 ハピネット ジェイ・ストーム
制作プロダクション:ジャンゴフィルム
配給:日活
©2016「ヒメアノ~ル」製作委員会


★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg