あの人気DVDシリーズが遂に映画に!廃道冒険家の姿をとらえたドキュメンタリー『The Obroaders ~オブローダー 廃道冒険家~』劇場公開決定!! ニュースアーカイヴ

[映画]
あの人気DVDシリーズが遂に映画に!廃道冒険家の姿をとらえたドキュメンタリー『The Obroaders ~オブローダー 廃道冒険家~』劇場公開決定!!
2014年10月10日(金曜日)

人のために造られながら、やがて使われなくなり放棄された道―廃道(はいどう)を探索する人気の「廃墟賛歌 廃道」DVDシリーズが、ついにドキュメンタリー映画として完成。

テアトル新宿にて、11/22(土)より 《1週間限定》 劇場公開が決定しました!

「廃墟賛歌 廃道」シリーズとは、失われた道の記憶を探す冒険DVDとして2013年~2014年にかけて制作・発売された、廃道ファンのみならず多くの方にご好評いただいている『廃道クエスト』 『廃道ビヨンド』『廃道レガシイ』の大人気三部作。

そのシリーズすべてに出演されているのが、廃道の探索に人生をかけて挑戦する二人のオブローダー(廃道冒険家)、平沼義之さんと石井あつこさん。11/22(土)より劇場公開される映画『The Obroaders ~オブローダー 廃道冒険家~』は、このおふたりに焦点をあてたドキュメンタリー作品です。

これまでのDVDシリーズから珠玉の物件をチョイス(神津島砂糠山の廃道/戸倉峠の未成隧道/若郷新島港線)し、新規撮影と未公開映像を交えて、廃道シリーズの集大成ともいえる、人間の生き様を映し出す究極のオブローディング・フィルムとして完成。

世界初の "廃道の探索をテーマにしたドキュメンタリー・フィルム" に、ぜひご期待ください!

THE_OBROADERS_hiranuma.jpg THE_OBROADERS_ishii.jpg
▲左から平沼義之さん、石井あつこさん

出演者・スタッフの紹介

出演:平沼義之さん
オブローディング(廃道探検)の第一人者として、これまで2,500万PVを超える自身のWEBサイト「山さ行がねが」で廃道を紹介し、「廃道本」(実業之日本社 )や「廃道をゆく」シリーズ(イカロス出版)といった本の執筆により、廃道カルチャーのカリスマとして、たびたびメディアにも登場する人物。

出演:石井あつこさん
普段は会社員で、休日となると愛する廃道を求めてアクロバティックに野山に突撃する女性オブローダー。NHK(BS)「熱中スタジアム」などメディアにとりあげられるだけでなく、旅行会社の企画した廃道ツアーガイドや、お台場のイベントスペースTOKYO CULTURE CULTUREで開催された「廃道ナイト」などで語る廃道界のアイドル。

制作:オープロジェクト
これまで「軍艦島」や「廃道」シリーズのDVDを生み出してきた、クリエイティブユニット。ユニットの一人、大西悟氏が本作で劇場監督デビュー。大西氏を支えるのは、クリエイティブデザインや音楽制作そしてナビゲーターとして活躍する黒沢永紀氏、フィールドレコーダーとしてサウンドデザインを手掛ける山内悟氏という最強の三人。オフィシャルサイトはコチラ

STORY
かつてそこに、道があった。
そして建物が建ち、人が住み、集落が生まれ、人の息吹があった。時に命がけで道を造ることで、家族や愛する人を支えた。男たちそして女たちは、その道を行きかい一生を生きた。時が経ち、その道から人の足音は消えていった。人々は次なる道へ歩みはじめ、かつての道は自然へと帰っていった。
そして、現在、この道に立つ二人の人物がいる。
彼らは、そこに確かにあった何かを求めて、今日もまた失われた道を突き進む。オブローダーとは、そうしたかつて存在した道を探し求めて歩き、記録にとどめていく人々のことを言う。彼らはなぜ、時代においていかれ、忘れ去られた道を追い求め、そこを歩くのか? 時に危険な思いをし、精神的にも体力的にも過酷な過程を経た彼らだけが体験できる道の先の未知とは?

11/22(土)よりテアトル新宿にて《1週間限定》レイトショー!

テアトル新宿にて初日イベント決定!平沼義之さん、石井あつこさん、大西悟監督が登壇予定です!!

THE_OBROADERS_P.jpg
©2014 O-­PROJECT ALL RIGHTS RESERVED.

★現在公開中のその他の日活ラインナップもご期待下さい★

★現在発売中の日活DVDラインナップもご期待下さい★

★★日活公式TwitterとFacebookもやってます★★

twitter-bird-light-bgs.jpg asset_f_logo_lg.jpg