軍艦島ナイト!!  ニュースアーカイヴ

[DVD・ブルーレイ]
軍艦島ナイト!! 
2008年12月15日(月曜日)

’12月14日(日)、青海の東京カルチャーカルチャーにおきまして、DVD「軍艦島オデッセイ~廿世紀未来島を歩く~」の発売を記念して「軍艦島ナイト! ~廃墟の聖地・軍艦島を歩く~」トークイベントが行われました。(日活&ワンダーJAPAN&HMVオンライン共済)

gunkan_night489.jpg gunkan_night455.jpg



gunkan_night466.jpg

登壇者は左からO-projectの皆さん、ドイテフさん (記憶屋「廃墟」管理人)、関口勇さん(ワンダーJAPAN編集長)。会場にはたくさんの廃墟好きの方々が集結され、心地よい音楽と幻想的な映像の数々に酔いしれていました。

(O-project プロフィール)
軍艦島をはじめ日本各地の産業廃墟を「RuinsAnthem-廃墟讃歌-」シリー
ズとして映像、音楽、写真、デザイン、Web等様々なメディアで作品化する集団。

■作品■
2004.9.10 DVD「軍艦島 FOREST OF RUINS」 日活
2004.11.25 DVD「萌の季節 RUINS IN GREEN」 
2008.11月下旬 写真集「軍艦島オデッセイ」 三才ブックス
2008.12.12 DVD「軍艦島オデッセイ 廿世紀の未来島を歩く」日活



今イベントでは、島内の現状を撮影した貴重な映像をメインに、過去の写真や文献などから島の歴史を紐解き、その全貌を探ってみました。廃墟はもちろん、近代建築、団地、炭鉱、昭和文化史etc...あらゆる要素が詰まったワンダーアイランドの姿が次々と紹介されました。

Gunkan2.jpg Gunkan1.jpg Gunkan4.jpg

Gunkan7.jpg Gunkan8.jpg Gunkan3.jpg




gunkan_main.jpg

外界から隔絶された孤高の廃墟・軍艦島。1974年の炭鉱閉山を期に無人となった島内には、30年以上の時を経た今も、かつて人々が生活していた痕跡が残されています。朽ち果てながらも静かに佇み続ける鉄筋コンクリート建築群や炭鉱関連施設など、その非日常的な空間は、まさに20世紀のタイムカプセルです。


DVD「軍艦島オデッセイ~廿世紀未来島を歩く~」

Gunkan_jk.jpg

本商品では、現在から過去にさかのぼり、「人が住んでいた時代の軍艦島」を紹介します!さらに、①旧島民のインタビュー ②軍艦島の墓所「中ノ島」の全貌 が特典映像として楽しめます。

◆商品内容こちらからどうぞ!



<関連サイト>
軍艦島オデッセイ(O-project)
ワンダーJAPAN