『ブタがいた教室』W賞受賞! @第21回東京国際映画祭 ニュースアーカイヴ

[映画]
『ブタがいた教室』W賞受賞! @第21回東京国際映画祭
2008年10月27日(月曜日)

’11月1日(土)より公開『ブタがいた教室』が第21回東京国際映画祭コンペティション部門にて観客賞を、また主要部門新作を対象にした本年度新設のTOYOTA Earth Grand Prix 審査員賞をW受賞いたしました!


コンペティション部門 観客賞受賞式 @渋谷オーチャードホール

TIFF_jushou617.jpg

TIFF_jushou594.jpg


TOYOTA Earth Grand Prix 審査員賞授賞式 @六本木アリーナ

TIFF_toyota_jushou.jpg


◆前田哲監督、妻夫木聡さんの受賞コメント◆

前田哲監督 映画は観客の皆さまに観ていただいて初めて映画になると思っています。今日は一人で男泣きしたいと思います。観客賞を今日いただいて、大ヒット間違いなしと思います。

妻夫木聡 少しでも多くの方にこの“命の授業”が伝わればという想いでこの作品に関わってきました。コンペティションに選んで頂けただけでなく、観客賞まで頂けるなんて本当に嬉しい限りです。子どもたちの嘘のない心の言葉が届いたのだと実感しております。ありがとうございました。子どもたちに拍手!



本作は16年前に大阪の小学校で賛否両論を巻き起こした授業を基に作られました。自分たちで育てたブタを食べるか、食べないか。初の教師役に挑んだ妻夫木聡と、自分たちの言葉で議論をたたかわせる26人の子どもたちが真剣に“いのち”と向き合った意欲作です。

『ブタがいた教室』

buta_main.jpg

11月1日(土) シネ・リーブル池袋、新宿武蔵野館ほか全国公開
原案:「豚のPちゃんと32人の小学生」黒田恭史著(ミネルヴァ書房刊)
監督:前田哲 脚本:小林弘利
出演:妻夫木聡 26人の子どもたち 大杉漣 田畑智子 池田成志 原田美枝子
主題歌:「花のように 星のように」/トータス松本(ワーナーミュージック・ジャパン)
製作:「ブタがいた教室」製作委員会
©2008「ブタがいた教室」製作委員会