「うた魂♪」 日活芸術学院出演者インタビュー 野﨑孝司さん ニュースアーカイヴ

[日活芸術学院]
「うた魂♪」 日活芸術学院出演者インタビュー 野﨑孝司さん
2008年03月20日(木曜日)

4月5日(土)より公開になる「うた魂」


この作品には、スタッフ・キャストあわせて10人の日活芸術学院卒業生、在校生が参加しています。

その参加者に「うた魂♪」の話を聞く、「うた魂」インタビュー。

今回登場するのは、ゴリさん率いる“湯の川学院”の合唱部員、田中博役を演じた

日活芸術学院第30期演技科卒の野﨑孝司さんです。

P1030135.jpg


オーディションでは、どういう風にアピールしたんですか?

「自分は口下手なんで、とにかく学園ものに出たいということを必死でアピールしました。自己PRはそれだけでした。オーディションの時に初めて、田中監督に会ったんですが、はじめこの人が監督だとはぜんぜん気づかなかったでうす。言われて初めてこの人が・・・と思いました。監督の第一印象は、井筒監督に似ているなぁと思いましたね」

オーディションに合格してからは・・・。

「オーディションに合格して、合唱の稽古があったんですけど、合唱団の出演者がすごい人ばかりでシンガーソングライターがいたり、ボイストレーナーがいたり、みんな独特のオーラを発していたので、飲み込まれないようにと思いましたし、慣れるまでが大変でした。でも、話すと面白い方ばかりでしたね。合唱の稽古のボイストレーナーの人が、とにかくユニークでエネルギッシュで、ピアノを弾きながら踊ってるような感じで盛り上げてくれるんで、みんな恥ずかしがらずに稽古できたと思います。上は35歳から下は18歳くらいまで広い年齢層でしたけど、最後は仲良くなって、一緒にご飯に行ったりしました。
 ベテランの人からはいろいろと学ぶ点が多かったです。たとえば自分のコンディションに気を使うということとか。低い声で歌うことが多い人はのどを痛めやすかったんですけど、すぐに飴をなめたりチョコレートを食べたりしていました。特にチョコレートは、のどのイガイガがすぐに取れるので参考にしたいと思いました。あと、やはり、挨拶とか礼儀は皆さんしっかりしていましたね」


最後に「うた魂♪」のPRをお願いします。

「気を張らずに、単純に面白く観られる作品だと思いました。やはり、合唱のシーンが見所だと思います。観ていて鳥肌が立ちました」


もっと詳しいインタビューは、「日活芸術学院スタッフブログ」に掲載しています。

ブログにはコチラから
↓↓↓↓↓↓↓↓
staff_blog_bunner.gif

banner_300x250.jpg

野﨑孝司さんが出演した「うた魂♪」は、

4月5日(土)より全国ロードショーです。

迫力と感動の合唱シーンをぜひ劇場でご覧ください!!

日活芸術学院 企画の授業から生まれたショートストーリー
drama_factry_bunner.gif


日活芸術学院の資料をご希望の方はコチラから。
↓↓↓↓↓↓↓

9891f476.gif