NEWS

5月11日

公開劇場が追加になりました!

■北海道 札幌ディノスシネマ    2006/5/13(土)〜26(金)
       TEL:011-860-1255

■京都   京都みなみ会館      2006/5/18(木)〜22(月)
       TEL:075-661-3993

■福岡   シネ・リーブル博多駅  2006年5/20(土)〜6/2(金)
       TEL:092-434-3691

■広島   広島サロンシネマ    2006年5/27(土)〜6/3(金)
       TEL:082-241-1781

■東京   キネカ大森        2006年5/27(土)〜6/9(金)
       TEL:03-3762-6000

■愛媛   シネマルナティック   2006年6/3(土)〜10(金)
       TEL:089-933-9240

■岐阜   シネマジャングル    2006年6/17(土)〜30(金)
       TEL:058-247-0225

■大阪   トビタシネマ       2006年6/17(土)〜23(金)
       TEL:06-6641-5801

2月28日

新宿オスカーにて前夜祭を開催!

3/3(金)に『SPL/狼よ静かに死ね』の前夜祭上映が決定いたしました。
上映時間  22:00/0:00/2:00
皆様劇場でお待ちしております!

2月22日

『SPL/狼よ静かに死ね』公開館が追加になりました!

近日公開 /京都:みなみ会館 沖縄:桜坂劇場 の公開が決定いたしました!
劇場情報はNEWSの一番下となっております。要チェック!

2月17日

『SPL』オフィシャルバナー!

『SPL』オフィシャルサイトとリンクしてくださる方は、ぜひこちらのバナーをダウンロードして使ってください!


2月17日

DOWNLOAD追加しました!


DOWNLOADにオリジナル壁紙を追加しました!要チェック!!

1月30日

2月3日、ドニー・イェン出演作『セブンソード』DVD発売開始!


巨匠ツイ・ハーク監督のもと、香港・中国・韓国・台湾を代表するアジアン・スターが集結。中国で2005年No.1大ヒットとなった武侠アクション大作! ドニーは由龍剣の使い手、チュウ・チャオナン役として登場!
詳しくはワーナー・ホーム・ビデオ・オフィシャルHP

1月30日

ドニー・イェン、幻の高速バトルムービー、ついに3/24DVDにて解禁!

邪神拳ドラゴン・バーニング ドニー・イェンが生身で悪の超自然フォースと ガチンコ勝負する怪作アクション(「邪神拳」)&伝説の仏像を巡って白人ギャングどもと繰り広げる高速バトルアクション(「ドラゴン・バーニング」)がついに日本初上陸。


詳しくは下記のHPまで
竹書房HP

1月27日

『ドニー・イェン アクション・ブック』発売中
『SPL/狼よ静かに死ね』が1000倍面白くなる本!

『SPL/狼よ静かに死ね』『セブンソード』『HERO』『ワンス・アポン・ア ・タイム・イン・チャイナ 天地大乱』の出演、『ドラゴン危機一発'97』『ド ニー・イェン COOL』の監督・主演、また『ツインズ・エフェクト』(香港金像 奨最優秀武術指導賞受賞)など、多数の映画で輝く“アクション映画の神様” ドニー・イェンが、香港アクションの秘密を解禁した聖なる書、ここに発行! これで……あなたのパンチは……きっと変わる……。

ドニー・イェン アクション・ブック

ドニー・イェン アクション・ブック
※オリジナルDVD「ドニーズ・スタイル」付


著者:ドニー・イェン
監修:谷垣健治 翻訳:浦川とめ


キネマ旬報社発行 定価 3,150円(税込)

(本文より) 最初、自分にとってパンチは単なるパンチだった。進歩するにつれてパンチは千 差万別のパンチとなり、見栄えが良く、スピーディで、爆発的な、不可抗力とし てのパンチに変わった。やがて一定のレベルに達したとき、そこにおいて技は純 粋に型であった。そして再び一つのパンチに帰した。ただしそれは無数の智恵と 知識を背後にたたえたパンチなのだ。

1月26日 ■来日記者会見速報!

『SPL/狼よ静かに死ね』 ドニー・イェン、サモ・ハン、ウー・ジン来日!

ドニー・イェン、サモ・ハン、ウー・ジン来日!

3/4全国順次公開となる『SPL/狼よ静かに死ね』のキャンペーンで ドニー、サモハン、ウー・ジンの3人が揃って来日。記者会見を行いました。

特にサモハンの来日は久しぶりということで、たくさんの記者がつめかけ、会見場は満席。前日の雪の影響で飛行機が遅れ、サモハンは途中からの登場というハプニングもありましたが、会場には釈由美子さんも駆けつけ(初主演作『修羅雪姫』でドニーがアクション監督)、ドニーと久しぶりの再会を果たすなど、会見場は常に熱気に溢れていました!

ドニー:
(本作でアクション監督を務めたことに関して)
「サモハンの作品を見て彼のイメージを生かしながらアクション監督を務めました。
私は常に新しいものに挑戦していきたいと思っています。だから2人の新しい一面を出していけたらと思ってこの作品に参加しました。」

サモハン:
(初の悪役だが?)
「長年ファンに支えられてきたことに感謝しています。そろそろ悪役をやってみたいと思い、今回挑戦しました。この映画のなかでは思いっきり悪いことをしています(笑)」

ウー・ジン:
「私はドニー、サモハンの映画を観ながら育ちました。彼らのマネをして鼻の骨を折ったこともありますよ。大先輩であるドニーが若い私を信頼してくれてチャンスを与えてくれたことが嬉しかったです。」

釈由美子:
「ドニーさんとは来日したときにお食事したりデートをしたり(笑)、いつも楽しくご一緒させていただいてます。でも、『修羅雪姫』の撮影の時は『こんな鬼のような人はいない』と思うくらい厳しい人でした。私は撮影中に骨折もしてしまったんですよ。でも大変魅力のあるアクターで、心から尊敬しています。サモ・ハンさんは香港のマフィアのドンというイメージだったので、お隣にいらっしゃる今も、
ちょっと怖いです(笑)。ウー・ジンさんは劇中でナイフの使い方が素晴らしくて、若き日の哀川翔さんを彷彿とさせる切れの良さを感じました」

来日の詳細レポートはオフィシャルHPにてまたアップしていきます! お楽しみに!
1月23日 ■公式サイトリニューアルオープン!
1月5日 ■前売り情報
特別鑑賞券¥1,500(税込)絶賛発売中!
(当日:一般¥1,800のところ)

劇場窓口で鑑賞券お買い求めの方に、"ドニー&サモ・ハン、ダブルで燃えるドラゴンライター"をプレゼント・数量限定!ゴールド、シルバーどちらかをプレゼント。 題字の製作はアンディ・ラウ!
劇場情報 2006年3月4日より新宿オスカーほかにて"男泣き"全国順次ロードショー

2006年3月11日より下記劇場にて公開決定
■大阪 :天六有楽座   TEL:06-6351-2833
■名古屋:シネマスコーレ TEL:052-452-6036

近日公開
■福岡:シネ・リーブル博多駅 TEL:092-434-3691
■京都:みなみ会館  TEL 075-661-3993
■沖縄:桜坂劇場   TEL 098-863-1933